ビジネスの現場で活用!実践的なノウハウ集

自社に合うのはどれ?オフィスレイアウトの基本パターンを紹介

自社に合うのはどれ?オフィスレイアウトの基本パターンを紹介

社員が過ごすオフィスのレイアウトは、働きやすさや業務の生産性に関わる重要なポイント。集中して業務に取り組めることはもちろん、まるで自宅のリビングやカフェのようにリラックスできる空間づくりを行う企業もあります。

特にオフィスの要となるデスクエリアのレイアウトパターンや、計画の立て方について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

オフィスレイアウトのパターン例とメリット・デメリット

デスク配置の6つのパターンについて、メリットとデメリットを解説します。

1.同向型レイアウト

1.同向型レイアウト

学校の教室のように、デスクが全て同じ方向を向いているレイアウトです。席に座る全社員の視線が同じ方向を向いているため、業務に集中できることが最大のメリット。社員教育などの場面でも、背後から作業状況を把握しやすいでしょう。

同向型レイアウトは、社員の視線を一箇所に集めやすいため、プロジェクターとの相性が抜群です。視線の先にスクリーンを設置できれば、わざわざ会議室に移動することなく自席のままプロジェクターを使った会議ができます。

一方で、同じ方向を向いているため、コミュニケーションが取りづらいデメリットがあります。横の席以外の人との会話が難しく、社員同士の連携が重要な職場にはあまり向いていないでしょう。

2.対向型レイアウト

2.対向型レイアウト

デスク同士を向かい合わせに配置するレイアウト。チームごとにデスクを向かい合わせにすると一つ一つが島のようになるため、島型レイアウトとも呼ばれています。

向かい合っていることで、作業しながらコミュニケーションを取りやすいメリットがあります。少ないスペースでもデスクを配置しやすいので、オフィスの広さが限られている場合でも、取り入れやすいレイアウトだといえるでしょう。

島の端にホワイトボードを配置してプロジェクターから資料を投写すれば、会議室に移動せずにチーム内の打ち合わせが可能です。ホワイトボード一体型のインタラクティブ機能搭載モデルなら、投写した資料に直接書き込み、データを保存・共有できるため、さらに便利です。

コミュニケーションが取りやすい分、プライバシーが損なわれる、集中力が落ちるといった懸念点もあります。他のチームとは島が離れてしまうので、チーム間でのコミュニケーションは難しくなります。

3.背面型レイアウト

3.背面型レイアウト

デスク同士を背中合わせに配置するレイアウトです。社員同士は背を向けて作業をするため、個々の高い集中力が必要な業務に向いています。一見コミュニケーションが取りづらいように思えますが、背中合わせの社員同士は、後ろを振り返って進捗確認や相談ができます。

対向型レイアウトと同じように、チームごとにひとつの島となるため、他のチームとの連携が取りづらい点がデメリットとして挙げられますが、空いたスペースにホワイトボードや壁があればプロジェクターから資料を投写でき、気軽にチーム同士の打ち合わせがしやすくなります。

4.ブース型レイアウト

4.ブース型レイアウト

一人一人のデスクにパネルやパーテーションを設置して、それぞれの作業ブースを確保するレイアウトです。周囲の視線や音を排除して、自分の作業に没頭できるため、デザイナーやプログラマーなど、集中力が必要とされるクリエイティブな作業に向いています。

ただし、ブースを作るためには、他のレイアウトよりも費用や労力がかかるだけでなく、スペースの確保も必要です。また、個々人が集中できるレイアウトのため、その分社員同士のコミュニケーションが取りづらいこともデメリットとして挙げられます。

例えばデザイナーチームの場合、プロジェクターを活用して大画面でデザイン確認をする、連携が必要な場合はそれぞれの作業ブースで打ち合わせを行うなど、コミュニケーションを取るための工夫が必要です。プロジェクターのスクリーンは、パネルやパーテーションで代用できます。

5.クラスター型レイアウト

5.クラスター型レイアウト

隣の列との間にはパーテーションを設置し、一列ごとに逆向きにデスクを配置するレイアウトです。クラスターは本来「ぶどうの房」を意味しています。レイアウトを上から見た時に、まるで房についたぶどうのようにデスクが配置されていることから、クラスター型レイアウトと呼ばれています。

デスクが隣り合っていないので、一人一人の作業スペースをしっかり確保できます。

個々のプライバシーはきちんと確保できる一方で、コミュニケーションも取りやすいのがメリット。プロジェクターを使えば、前後・斜めの人だけでなく、チーム全体の打ち合わせにも対応できます。ワイヤレス投写ができるプロジェクターなら、配線問題を気にせずに使えます。

ただし、広いオフィスでなければクラスター型レイアウトの実現は難しいでしょう。デスクがそれぞれ独立して配置されるため、配線の難易度も上がります。

6.フリーアドレス型レイアウト

6.フリーアドレス型レイアウト

座席を固定せず、業務内容や職種に合わせて席を選べるレイアウトです。固定席よりも自由に動けるので、頻繁な打ち合わせが必要な業務や、コミュニケーションが重要な職種に適しています。

社員全員にデスクと椅子を用意しなくて済むため、オフィスの省スペース化や費用の削減にもなるでしょう。チームで集まって打ち合わせが必要な時には、空いたスペースでプロジェクターを活用すれば、会議室を使わずに済みます。

一方で、座席を固定しないことで、チームメンバーの業務の進捗や状況が把握しづらいデメリットも。居場所がわからず、緊急時の対応などが遅れてしまう可能性もあります。

フリーアドレス型レイアウトは需要が増えていますが、業務内容によっては仕事がしづらくなってしまう恐れがあるため、導入前には時間をかけて検討してみてください。

働きやすさだけじゃない!オフィスレイアウトが重要な理由

社員が業務に励むデスクエリアはもちろん、オフィス全体のレイアウトにもこだわりたいものです。費用やスペースの問題もありますが、レイアウトをおざなりにしてしまうと、機会損失や生産性の低下につながってしまう恐れもあります。

どんなレイアウトなら来客に良い印象を与えられるか、社員のモチベーションアップにつながるかなど、叶えたいイメージにあわせて考えてみましょう。

オフィスは会社の顔になる

企業活動において、コンセプトを確立し、伝えていくことは大きな課題。自社のコンセプトを伝える方法はいろいろありますが、中でもエントランスやロビーのレイアウトは、来訪者に視覚的にコンセプトを伝える有効な手段です。

イメージに合わせて、装飾やインテリアなどを決めていくと、その企業ならではのオフィスづくりができます。

コーポレートカラーやロゴマークを取り入れる、自社製品やカタログを展示するなど、企業の魅力をアピールするための工夫も、ぜひ取り入れてみてください。

社員のモチベーションが上がる

オフィスレイアウトは、モチベーションを大きく左右します。作業環境によって持っているパフォーマンスが最大限発揮できないと、仕事へのモチベーションは下がってしまうでしょう。

業務を遂行しやすいデスクスペースや、チーム間での連携がスムーズにできる打ち合わせスペース、息抜きができる休憩スペースなど、社員が働きやすい環境を整えることが重要です。

誰でも利用できるコーヒーサーバーやマッサージチェア、映像投影ができるプロジェクターなど、気分が上がる設備の導入は、社員の満足度や生産性の向上につながるでしょう。

最適なオフィスレイアウトにするために知っておきたいこと

最適なオフィスレイアウトにするために知っておきたいこと

オフィスレイアウトを考えるには、ゾーニング・動線・寸法に配慮して計画を進めましょう。

ゾーニング計画

オフィス内に必要なエリアを挙げ、それぞれを配置していきます。まずは、デスクエリア・会議室・応接室・休憩室など、必要なものを全て書き出してみましょう。

休憩室は来客から見えない位置に、応接室はエントランスから近い位置に配置するなどの工夫が必要です。

動線計画

業務中、社員が動く経路を考えます。動きを制限されることなく、効率的に行動できるように、デスクや必要な設備を配置しましょう。

例えば、社員全員が使うコピー機を部屋の一番端に配置してしまうと、人によっては使いづらく、業務効率が下がってしまうため、全員が使いやすい位置に配置するのが動線計画で考えるべきことです。

寸法計画

オフィスに置くデスクや椅子のサイズ、デスク間の通路幅など、快適に過ごすためには寸法を踏まえたレイアウトが重要です。

人が通る通路にどれくらいの幅が必要かを考えると、自ずとデスクのレイアウトや家具のサイズが決まってきます。

投写距離が短くても使いやすいプロジェクター

投写距離が短くても使いやすいプロジェクター

オフィスレイアウトのパターンや計画の立て方などについて解説してきましたが、中にはオフィスが狭くてレイアウトに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

スペースが限られていると、デスクの配置はもちろん、会議室やミーティングスペースの確保などにも工夫が必要ですよね。狭いオフィスを有効活用する方法としてぜひおすすめしたいのが、プロジェクターの導入です。

プロジェクターは、社内の打ち合わせで活躍するツール。会議室を使わなくても、デスクエリアでプロジェクターを使用すれば、その場で大画面の資料などを見ながら打ち合わせができます。

テレワークの導入によって、オフィスを縮小し会議室が確保しづらい場合でも、プロジェクターを導入すればオフィスの空きスペースを有効活用できるでしょう。

広いスペースを確保できない時におすすめなのが、短焦点モデルの「EB-L200SW」。わずか83cmの距離からワイド80型の大画面に投写できるため、狭い場所でも使いやすいプロジェクターです。

無線LANに標準対応しており、エプソンの無料アプリを使ったワイヤレス投写が可能です。デスクのレイアウトによっては配線が難しい場合がありますが、ワイヤレス投写ならストレスなく使えます。

おわりに

オフィスのレイアウトについて、デスク配置の6つのパターンのメリットとデメリットや、オフィスレイアウトの重要な役割、計画の立て方について解説しました。

レイアウトは、一度決めてしまうと、後から変更するのが難しいもの。大掛かりな作業や追加の費用が必要になってしまうこともあるため、よく考えて決定しましょう。

狭いオフィスのレイアウトでお悩みの方は、限られたスペースを有効活用できるプロジェクターの導入を検討してみてください。

デスクエリアにおすすめのプロジェクター

デスクエリアにおすすめのプロジェクター

投写面近くからピッタリ映せる短焦点モデル。EB-L200SW

明るさ:全白・カラー3,800lm
解像度:WXGA
重さ:約4.5㎏

製品詳細はこちら
記事一覧

会議・打ち合わせ

プレゼン術

セミナー

展示会

採用活動

ウェビナー・Web会議

ICT教育

業務改善

オフィスレイアウト

働き方