ビジネスプロジェクター

ビジネスの現場で活用!実践的なノウハウ集

セミナーアンケートの例を知りたい!次回につなげるための作り方は?

セミナーアンケート

セミナー開催を今後も継続していくことを検討している場合は、セミナーの後でアンケートに回答してもらうと良いでしょう。アンケート結果を参考にして、セミナーで取り上げるテーマの選定やセミナーの実施方法の見直しを行うことができます。そこで今回は、有益な回答が得られるセミナーアンケートの作り方やアンケートの例をご紹介します。

セミナーアンケートを実施する目的は?

セミナーアンケートを実施する目的

アンケート作成時に「いつも深く考えず、漫然とアンケートを配布してしまっている」という状況になってはいませんか。ここでは、セミナー参加者にアンケートをとる目的についてご紹介します。

・5つの目的

セミナーアンケートの主な目的として、以下の5つが挙げられます。これらを意識してアンケートを作成することで参加者の本音を引き出し、次回のセミナー内容の充実につなげることが可能です。

1)見込み客の情報を収集する

アンケートをとるからには、セミナー参加者の情報を可能な限り取得できるようにしましょう。「氏名」と「連絡先(メールアドレスなど)」だけであれば、参加者の方もそれほど抵抗なく書き込んでくれるでしょう。この2点さえ多く集められれば、今後の案内などを連絡する手段が生まれます。

2)「お客様の声」として活用できる回答を収集する

どんなにセミナー運営者が「弊社のセミナーはこんなに効果的」とアピールしても、実際に体験した方の感想に勝るものはありません。アンケートを通じて「セミナー体験者の声」として使える回答を集め、マーケティングに役立てるようにしましょう。

3)第三者視点で(自社)の強みを見出す

セミナー主催者に魅力を感じてセミナーに参加するという方もいます。そのため、具体的にどのような点に魅力を感じるのかを把握することによって、セミナーの企画や集客がしやすくなります。アンケートでセミナー参加理由やセミナーに参加して良かった点を尋ねることで、自社の強みを見つけることが可能です。

4)顧客の潜在的なニーズを探る

セミナーの大きな目的には、「参加者の方にお悩み・困難の解決に導くヒントを得てもらう」ということがあります。そのためにも、アンケートで「参加者の方がどのようなお悩みを抱えているか」を知ることは重要です。アンケートの情報を新たな企画の参考資料とし、より役立つサービスの実現につなげられるでしょう。

5)セミナー参加者が都合の良い日時や時期を把握する

「セミナーには行きたいけれど、都合がつかないから参加を見合わせよう」と思われてしまっては、多くの人に足を運んでもらえません。そこで、「参加者が都合の良い日時や時期」などの情報をアンケートで得ておくと良いでしょう。

セミナーアンケートで聞くべき項目は?

セミナーアンケートで聞くべき項目

アンケートを実施する際、どのような質問項目を設定すれば良いのでしょうか。ここでは、実際のアンケートにおける設問についてご紹介します。

・一般的な項目

どのようなアンケートにも必ず設定する「参加者の氏名」「メールアドレス」「どのような経緯でセミナーを知ったか」「今後のセミナー受講に都合の良い日時」などは、必須項目として押さえておきましょう。

・アンケートの要となる項目

ここからは、参加者ご自身の感想ともいうべき重要な項目です。「セミナーからどのようなベネフィットを得たのか」を知る大切なポイントとなるでしょう。

・参加前に抱えていた悩みや課題

どんなことを解決したくてセミナーを受講したかを、必ず尋ねておきましょう。

・セミナーを知ってすぐに申し込んだかどうか

迷ったなどですぐに申し込まなかった方へは、その理由も聞くようにすると良いでしょう。

・セミナー参加を決めた理由

この問いで、なぜセミナーが役に立つと感じたのかを知ることができます。

・参加した感想

受講前と受講後で参加者にどのような変化があったかも聞いておきます。

・セミナーで他に取り上げてほしいテーマ

セミナーを企画する際、セミナーのテーマ選びに悩むという方も多いのではないでしょうか。参加者に取り上げてほしいテーマを聞いてしまうことも1つの方法です。

セミナーアンケートの例文

それでは、実際に使えるセミナーアンケートの例文をご紹介します。セミナーの主旨や収集したい意見などに合わせ、適宜内容を変更してご活用ください。

・アンケート例文

(日付)○○○○年○月○日

○○セミナーに関するアンケート

本日は、セミナーにご参加いただきありがとうございます。ご多忙の折恐縮ですが、以下のアンケートへのご協力をお願いいたします。

【お名前】(       )

【ご職業】(       )

【性別】男性・女性

【年齢】~10代・20代・30代・40代・50代・60代~

【メールアドレス】(               )

【今回のセミナーを知ったきっかけ】口コミ・会社ホームページ・電子メール・DM

【セミナーに参加した理由】
(                                  )

【今回のセミナーについて、あてはまるものを選択し○を付けてください】
・非常に良かった ・良かった ・普通 ・あまり良くなかった ・良くなかった

【セミナー受講後、ご自身に変化した点があればお書きください】
(                                  )

【現在ビジネス上でお悩みの点や、困りごとがあればお書きください】
(                                  )

【セミナーで他に取り上げてほしいテーマがあればお書きください】
(                                  )

【今後セミナーを開催する場合、参加しやすい日程や時間帯があればお書きください】
(                 )

【その他、今回のセミナーのご感想などがあればご自由にお書きください】
(                                  )

アンケートへのご回答は、今後のセミナー開催の参考とさせていただきます。
ご協力いただき、ありがとうございました。

セミナーアンケートを回収しやすくするコツ

セミナーアンケートを回収しやすくするコツ

せっかく内容を吟味したアンケートを作成しても、回収率が良くなければ参加者の声を拾うことはできません。ここでは、セミナーアンケートの回収をしやすくするためのポイントについてご紹介します。

・A4サイズ1枚に内容をまとめる

アンケートを実施する側としては、できるだけ多くの情報を得たいものですが、アンケートに回答する側はなるべくアンケートに時間をかけたくないという気持ちがあります。読み書きに時間を要するアンケートは、回答を敬遠されてしまいがちです。A4サイズ1枚で完結できる内容にまとめ、短時間で回答できる工夫をしましょう。

・優先度の高い項目から先に聞いていく

アンケートでは1番目の質問項目から順に回答し、後の項目に進むにつれて回答率が低くなります。したがって、優先して回答してほしい項目を先に持ってくるようにすると良いでしょう。質問項目が多い場合、回答を面倒と感じる方も増えるため、質問項目を絞り込むことも重要です。

・「アンケート」ではなく別のタイトルへ変更する

先の例文では、タイトルに「アンケート」と明記していますが、アンケートに時間をとられたくないという理由で積極的に回答しない方もいるでしょう。その場合は「アンケート」という文言を避け、別の言い回しを使用することも有効です。例えば、「今後のセミナー内容充実のため、ぜひご意見をお寄せください」などとすると良いでしょう。

おわりに

今回は、セミナーアンケートの作り方や盛り込みたい内容、実際に使える例文についてご紹介しました。アンケートを作るときには、アンケートの答えやすさに十分配慮することが大切です。どうすれば回収率を高められるかを意識し、自分がアンケートに回答する立場になったつもりで構成を組み立てていきましょう。