オフィスこそインクジェットプリンター

あなたのビジネスを、インクジェットが変える。低環境で高性能。エプソンのインクジェットは次のステージへ。「低環境負荷」「低コスト」「手間軽減」「高生産」「高画質」ビジネスインクジェットプリンター/エコタンク搭載モデル

よくあるオフィスプリンターの不満・・・

  • カラー印刷の単価が
    高すぎる。
  • 急いでる時に限って
    消耗品切れで腹がたつ。
  • 思いの外トナーの消耗が
    激しいので驚かされる。
  • とにかく
    手間がかかり過ぎる。
  • トナーを置くスペースが
    もったいなく感じる。

(注)エプソン独自調査(レーザープリンターに何らかの不満を感じたことがある200人を対象に調査。)

そんなオフィスのプリントストレスをインクジェットが解決。レーザープリンターを超える5つの進化で、オフィスを、働き方を、新しくする。

進化1 低環境負荷

レーザープリンターに比べ、圧倒的な低消費電力量で高生産。

1kWhあたりの印刷可能枚数
印刷枚数約15倍

ページプリンターに比べ、印刷時に熱を使わないインクジェットプリンターは、消費電力量が少ないことが特徴です。PX-M884FのTEC値はわずか0.2kWhであり、例えば、1kWhあたりの印刷可能枚数で、ページプリンターと比較すると約15倍(注1)も多く印刷が可能です。圧倒的に消費電力量が少なく、環境負荷の低減に寄与します。

  • (注1)インクジェットプリンターPX-M884Fと当社ページプリンターLP-M720FのTEC値を元に算出。
  • (注2)国際エネルギースタープログラム測定方法のTEC基準に基づき、エプソン独自で算出。1日あたりの印刷枚数は288枚の条件により測定。消費電力量はお客様のプリンター使用状況によって異なります。
  • (注3)オフィスでの使用を想定した1週間の平均消費電力量。国際エネルギースタープログラムで定められたVer.2.0測定法による値。
低消費電力量を支えるインクジェットプリンターの技術

エプソンのインクジェットプリンターは、微小な電圧を加えることで収縮するピエゾ素子の動きによってインク滴を吐出します。トナーを紙に定着させる際、高温での加熱処理が必要なレーザープリンターに比べ、消費電力量を抑えることができます。

インクジェットプリンター ピエゾ素子の制御で、インクを正確に紙に噴き付ける ページプリンター 熱と圧力でトナーを定着させる
BUSINESS INKJET PRINTER TECHNOLOGY 進化したインクジェット技術が、オフィスのプリンターを革新する。

進化2 低コスト

インクジェットプリンターは、レーザープリンターに比べ、低コスト。
オフィスのコスト削減に貢献!

ビジネスインクジェットプリンター

導入コストから負担を軽減。

ビジネスインクジェットプリンターは、多機能でありながら導入コストの負担を軽減。スキャン、コピー、ファクスまでサポートする高性能モデルでも、導入コストも抑えられるので、ビジネスの現場で求められるコスト削減に役立ちます。

本体価格 エプソンダイレクトショップ販売価格(税込)22,980円 PX-M780F 1枚あたりの印刷コスト
エコタンク搭載モデル

ケタ違いの低印刷コストを実現。

エコタンク搭載モデルなら、ケタ違いの大容量インクで、ケタ違いの低印刷コストを実現。ページプリンターに比べて、印刷コストを抑えることができます。大量にプリントするオフィスほど、コスト削減を実現します。

本体価格 エプソンダイレクトショップ販売価格(税込)54,980円 EW-M670FT 1枚あたりの印刷コスト
  • (注3)従来品。(2011年10月発売。)
  • (注4)エコタンク搭載モデルの印刷コストはこちら。
  • (注5)LPC4T8CV、LPC4T8MV、LPC4T8YV、LPC4T8KVを使用した場合の数値。ランニングコストの印刷ページ数はJIS X 6932
    (ISO/IEC19798)に基づき、A4普通紙に片面連続印刷した場合のトナーカートリッジの印刷可能ページ数から算出。

(注)エプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)の販売価格(税別)は、2018年2月1日のものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。

進化3 手間軽減

インクジェットプリンターは、構造が極めてシンプル。
管理する消耗品を最低限に抑え、手間を軽減!

インクジェットプリンターPX-M884Fの消耗品 インクパック・メンテナンスボックスだけでOK!当社カラーページ複合機LP-M720Fの消耗品

レーザープリンターに匹敵するインク容量も搭載。

ビジネスインクジェットプリンター

モノクロインク約10,000ページ(注1)印刷可能。

ビジネスインクジェットプリンターPX-M884Fは、大容量インクパックを搭載。モノクロで約10,000ページ、カラーで約5,000ページを出力可能に。

インク印刷可能枚数 モノクロインク約10,000ページ(注1) カラーインク約5,000ページ(注2)

プリンターの下部にインクパックを設置することで、インク大容量を実現。

プリンターの下部にインクパックを設置することで、インク大容量を実現。
エコタンク搭載モデル

大容量インクタンク搭載、インク満タン1年分(注1)。

エコタンク搭載モデルは、大容量インクタンクで約1年間(注1)(A4カラー文書約6,000ページ分(注2))インクの補充が不要。インク切れ回数を減らし、業務の効率を向上します。

インク満タン1年分(注1)インクボトル1セット約6,000ページ(注2)

「挿すだけ満タン」インク方式で簡単注入。
インク交換の手間を軽減。

「挿すだけ満タン」インク方式で簡単注入。インク交換の手間を軽減。

進化4 高生産

インクジェットプリンターなら、ファーストプリントも速く、
業務スピードをさらに加速!

PX-M884Fのファーストプリント

PX-M884F カラー5.3秒(注1) モノクロ4.8秒(注1)

(注1)測定データおよび条件については、1枚目の印刷時間算出条件をご確認ください。

インクジェットプリンターは、ファーストプリントが速いのが特徴。レーザープリンターと違い、機器を温める必要がないので、スリープ状態から素早くプリントスタート。少量印刷を頻繁に行うビジネスシーンに貢献します。

多彩な給紙能力で、ビジネスをバックアップ。

最大給紙1,985枚(注1)

(注1)PX-M7110Fシリーズ/PX-S7110シリーズにオプション装着時。

ビジネスインクジェットプリンターPX-M7110Fシリーズ/PX-S7110シリーズは、カセットの増設で最大1,985枚の給紙容量を実現。しかも、異なる用紙サイズや用紙種類を同時セット可能なので、プリント時の手間も削減。ビジネススピードを緩めません。

進化5 高画質

PrecisionCoreプリントヘッドでノズル解像度が高く、
微細なインク滴を正確に着弾可能。

エプソンのインクジェットプリンターには、PrecisionCore プリントヘッドテクノロジー搭載。微細なインク滴を正確に着弾させるので、普通紙で全色600dpiを実現。細かな文字も細線も精緻に印刷します。 PrecisionCore

PX-1700F(注1) 360dpi → PX-M7110F 600dpi
  • (注1)従来品。(2011年10月発売)
  • (注)一部製品を除く。詳細は各製品ページにてご確認ください。
ビジネスインクジェットプリンター

にじみにくく、マーカーにも強い、
全色顔料インク

ビジネスインクジェットプリンターは、全色顔料インク採用。耐水性が高く、濡れてもにじみにくいので、ビジネス文書を安心してプリントできます。マーカーを引いてもにじみにくく、書き込み機会の多い企画書や会議資料にも最適です。

水に濡れてもにじみにくい(注1)
  • 染料インク染料インク
  • 顔料インク顔料インク
マーカーもにじみにくい(注2)
  • 染料インク染料インク
  • 顔料インク顔料インク
  • (注1)印刷した用紙を水にぬらした環境は、エプソンが保証するものではありません。
  • (注2)マーカーによってはにじむ場合があります。また用紙との組み合わせによってはにじむ場合があります。マーカーを使用する場合は印刷後、5分程度経ってからご使用することをお勧めします。
エコタンク搭載モデル

高画質なビジネス文書が印刷可能

エコタンク搭載モデルは、「くっきりブラック」の顔料のブラックで文字や細線を精緻にプリントすることが可能。発色の鮮やかな染料カラーも搭載で、普通紙でもクリアで鮮やかなカラー印刷が可能です。

くっきりブラック

選べるモデル、選べるスペック。インクジェットプリンター おすすめモデルのご紹介。

ビジネスインクジェットプリンター

導入しやすい本体価格と、低印刷コストの両立。
幅広いラインアップですべてのオフィスのニーズに応える。

  • A3ノビインクジェット複合機PX-M7110FT 高速、高生産性に加えて、高いレベルで複合機の便利さを実現するフラグシップモデル。オフィスのターミナル機として活躍します。
  • NEW A4インクジェット複合機PX-M884F インクカートリッジより大容量化が可能なインクパックシステムを搭載。省スペースと大容量インクで、あらゆるビジネスをサポートします。
  • A4インクジェット複合機PX-M780F 省スペース&オフィスになじむ高いデザイン性。SOHOなどの小さなオフィス、病院のカウンターや店舗のバックヤードなどにもすっきりと収まります。

エコタンク搭載モデル

インク満タン1年分(注1)、ケタ違いの低印刷コストで
レーザープリンターのストレスを解消。

  • NEW A3ノビインクジェット複合機EW-M5071FT A3ノビまで対応で、デザインや図面印刷用途におすすめ。圧倒的な低印刷コストを実現で、カラーも気兼ねなく印刷が可能。
  • NEW A4インクジェット複合機EW-M670FT スタイリッシュなコンパクトボディーで、デスクサイドや店舗のカウンター、バックヤードなど、スペースが限られた場所にも設置が可能。
  • NEW A4モノクロインクジェット複合機PX-M160T SOHOや個人商店の書類や伝票印刷に。モノクロ多機能モデル。
  • (注1)EW-M670FTにおいてA4カラー文書をひと月当たり300ページプリントした場合を想定して算出。
レーザープリンターのストレスの原因を大容量インク&低印刷コストプリンターで解決!詳しくはこちら
ビジネスインクジェットプリンター、エコタンク搭載モデルの他ラインアップ