e-文書対応スキャナー

法令要件を満たしたイメージデータ作成が可能 エプソンのe-文章対応スキャナー

エプソンのドキュメントスキャナーは、e-文書法および
電子帳簿保存法の要件を満たした設定でスキャンできる「e-文書モード」を用意しています。
e-文書モードを選択すると、複雑な操作をすることなく、
自動的に法的要件を満たすスキャン設定に切り替えてスキャン、保存できますので、安心してお使いいただけます。

e-文書法に対応する要件
解像度 200dpi以上
階調 重要書類 24bit(RGB各色8bit)
一般書類 24bit(RGB各色8bit)または
8bitグレースケール
保存形式 PDF、JPEG、TIFF、BMP
画質 ・改ざん痕を検出できる階調
・4ポイントの文字を認識できる

「e-文書モード」の設定方法

スキャナードライバーEpson Scan 2の「お気に入り設定」に『e-文書(カラー)』『e-文書(モノクロ)』モードを用意しています。

設定1Epson Scan 2

「お気に入り設定」から「e-文書(カラー)」または「e-文書(モノクロ)」を選択。

自動的にe-文書法の要件を満たした設定に変更されます。

設定2Document
Caputure Pro

「スキャン設定」画面で「詳細設定」をクリック。

詳細設定画面の「お気に入り設定」から「e-文書(カラー)」または「e-文書(モノクロ)」を選択。

スキャン画像例

e-文書モードでスキャンした画像では、改ざん跡がはっきり認識できます。

初期設定でスキャンした画像

修正テープで消した跡(改ざん)が分からない

e-文書モード(カラー)でスキャンした画像

修正テープで消した跡(改ざん)が分かる

電子化文書作成時の注意事項

紙文書を電子化する時には、以下の点を必ずご確認ください。

  • 本製品は、e-文書法および電子帳簿保存法に適合した設定でスキャンできますが、スキャンしただけでは適正な電子化文書として認められません。必ず各法令およびガイドラインに 従ってスキャンしたデータを管理、運用してください。
  • スキャンした画像を必ず目視で確認してください。
    • 文字や画像などが欠けたりぼやけたりしていないこと
    • ページ抜けが無いこと
    • スキャンした画像データの加工・修正は行わないでください。
  • 国税関係書類を電子化文書として保存して紙原本を廃棄するためには、法令に従い、対応するシステム、業務規程作成、運用管理などの法的要件を満たした上で、事前に所轄税務署の 承認を得る必要があります。
  • 法令などは予告なく変更される場合がありますので、必ず事前にご確認ください。

e-文書法対応スキャナー

各機種のスキャナードライバーEpson Scan 2をダウンロードください。
型番をクリックすると製品ページをご確認いただけます。

購入をご検討の方

月曜日~金曜日(祝日・弊社指定休日を除く)
050-3155-8100042-585-8444

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。