LX-10000Fシリーズ/LX-7000Fシリーズ/
LX-10010MFシリーズ(モノクロ専用)

    

    環境負荷とコストを強く意識するオフィスへ

    エネルギー効率を大幅に改善

    一般的なレーザー方式からLX-10000Fシリーズに置換えると、プリント1枚あたりの平均消費電力量を約1/8(注1)まで低減できます。

    エネルギー効率を大幅に改善
    (注1) LX-10000Fシリーズ。
    (注) 1枚あたりの電力量及び1kWhあたりの印刷可能枚数の比較シミュレーション。一般的なA3カラーレーザー複合機/プリンターはA3カラー複合機45-55枚/分クラス 10機種を販売台数上位より選択(2016年の出荷台数出典:IDC’s Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker 2017Q3)し、各機種における印刷1枚あたりの消費電力量の平均値との比較。TEC値は energystar.jp/に登録されている値(2017年11月現在)を採用し、TEC算出条件を用いてエプソンにて算出。

    国際エネルギースタープログラムVer.2.0に対応した省エネ仕様

    世界基準である国際エネルギースタープログラムVer.2.0 に適合した低消費電力設計。またグリーン購入法にも対応しています。

    国際エネルギースタープログラムVer.2.0に対応した省エネ仕様

    環境負荷の低減

    LX-10000Fシリーズは、大容量インクカートリッジと少ない定期交換部品により、省資源を実現。その結果、部品交換回数と必要な消耗品使用量をレーザーの約1/2(注1)に低減でき、SDGs12.2天然資源の効率的利用、12.5廃棄物発生の大幅削減に貢献できます。

    環境負荷の低減
    (注1) エプソンの委託を受けて、調査を行ったKeypoint Intelligence-Buyers Labによる同等クラスのカラーレーザー複合機(65-70ppm)2機種との比較評価結果。100万枚印刷時に必要な消耗品および定期交換部品の交換頻度及び質量。印刷パターンはISO/IEC24712を使用。算出条件について。
    
    
    • エプソンのスマートチャージ対応モデル
    • A3複合機
    • A4複合機
    • A3プリンター
    • A4プリンター
    • モバイルプリンター