店舗や施設などでの使用に配慮。人の動きに応じた投写が可能に

人の動きに応じた投写が可能。センサー入力可能なGPI In

GPI In端子は、外部センサーと接続できます。ドアの開閉や人の動きに応じてメッセージや映像を投写するなどの映像演出が可能となります。ディスタンスツールとしても活用できます。

人の動きに応じた投写が可能。センサー入力可能な GPI In

来場者へのアナウンス以外にも、サプライズとしても使用可能です。通常はスポットライト照明で投写し、お客様の有無を複数個所でセンシングし、お客様が近付いた際にコンテンツを投写することで(注1)、印象に残る効果的な演出が提供できます。

人の動きに応じた投写が可能。センサー入力可能な GPI In

(注1)日本特許第6225532号

スタンドアロンで設置・運用が可能

ソフトウェア「Epson Projector Content Manager」を使えば、コンテンツのスタンドアロン投写が可能になります。
リモコンの数字ボタンを押せば、数字ボタンに対応したプレイリストに一瞬にして切り替わります。

スタンドアロンで設置・運用が可能

イベント時の切り替え、AM/PM、季節の切り替え等、事前に多くのコンテンツを登録すれば効率的な運用が可能となります。
Epson Projector Content Managerのスケジュール機能を使えば、お好みの時間に投写する内容を自動で切り替えることも可能です。

スタンドアロンで設置・運用が可能

「Epson Projector Content Manager」のダウンロードはこちら

シンプルなインターフェース

有線LAN・無線LAN、音声出力(端子/Bluetooth®)、HDMI®、SDカードに対応しています。

シンプルなインターフェース

配線ダウトのスイッチや集中電源でパワーオン/オフが可能

プロジェクター本体の電源操作をせず、配線ダクトのスイッチや集中電源でのオン/オフが可能です。

配線ダウトのスイッチや集中電源でパワーオン/オフが可能

購入をご検討の方

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日・弊社指定休日を除く)
050-3155-7010042-503-1969

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。