• EB-PU2120W
  • EB-PU2220B
  • EB-PU2120W
  • EB-PU2220B
  • EB-PU22/PU21リーズ
  • EB-PU2120W
  • EB-PU2220B
  • EB-PU2120W
  • EB-PU2220B
  • EB-PU22/PU21リーズ
(注) レンズは別売りです。
3LCD LASER LIGHT SOURCE 3年充実保証 4k Enhancement

(注2)

世界最小

(注3)

  • レーザー光源

  • スクリーン解像度 4K(注1)

  • 360°設置

高輝度モデル

EB-PU22/PU21シリーズ

NEW EB-PU2220B/EB-PU2216B/EB-PU2213B/EB-PU2120W/EB-PU2116W/EB-PU2113W

オープンプライス

明るさ

全白・カラー

13,000~20,000lm

スクリーン解像度

4K(注1)

重さ(レンズ含まず)

約23.7~約24.4kg

おすすめ
オプション
外付けカメラ

外付けカメラ

天吊金具 ELPMB67

天吊金具
ELPMB67

映像空間演出向けプロジェクター

高輝度プロジェクター

大会議室・講堂・イベント会場など、大空間での利用に適した高輝度モデルをご紹介します。

EB-PU22/
PU21シリーズの主な仕様

すべての機能対応一覧はこちら

明るさ
20,000lm 16,000lm 13,000lm 20,000lm 16,000lm 13,000lm
スクリーン解像度
4K(注1)
ゼロオフセット
超短焦点レンズ
ELPLX02WS ELPLX02S
3G-SDI
対応
メカニカルシャッター
対応
フィルターレス
対応
本体カラー
電源
200V 100V 200V 100V
本体サイズ
W×D×H(mm)
突起部含まず。
586 x 492 x 185 mm
質量(kg:約)
レンズ含まず。
24.4 24.3 23.8 24.4 24.2 23.7
価格
オープンプライス
(注1) シフト技術を採用した4K相当の解像度となります。
(注2) 4K信号を入力し、4Kエンハンスメントテクノロジーによる4K相当の高画質で表示することです。
(注3) 発売済み20,000lmの3LCD方式プロジェクター製品の本体(突起部、レンズ含まず)において。エプソン調べ。(2022年5月17日現在)

EB-PU22/PU21シリーズの主な3つの特長

世界最小(注1)。20,000lmの明るさを驚愕のサイズ、環境重視で実現

20,000lmの明るさを従来製品に比べ、サイズ約64%、質量約50%以上減(注2)で実現。イベント・大講堂・体育館などへの搬入負担を軽減。環境にも重視しCO₂排出量は38%削減(注3)

詳しくはこちら

世界最小(注1)。20,000lmの明るさを驚愕のサイズ、環境重視で実現

無通電セッティング、外付けカメラで設置工数削減に貢献

複数台によるひとつなぎの大きな映像、1つに重ねた明るい映像を素早く設置可能とするオプションの外付けカメラ。無通電時でもネットワーク設定等が可能なNFCタグ機能で工数削減に貢献。

詳しくはこちら

無通電セッティング、外付けカメラで設置工数削減に貢献

IP5X認証(注4)の防塵性能、フィルターレス等による高メンテナンス性を実現

IP5X認証(注4)の優れた防塵性能を実現。フィルターレスによりオプションフィルターの買い置き、高所での交換が不要となる等、メンテナンス負荷を軽減。

詳しくはこちら

IP5X認証(注4)の防塵性能、フィルターレス等による高メンテナンス性を実現
(注1) 発売済み20,000lmの3LCD方式プロジェクター製品の本体(突起部、レンズ含まず)において。エプソン調べ。(2022年5月17日現在)
(注2) EB-L20000UとEB-PU2220Bとの比較(突起部含む、レンズ含まず)
(注3) EB-L20000Uとの比較。エプソンは、ライフサイクルアセスメントを実施し商品のライフサイクルにおける環境負荷(温暖化負荷)を定量化しています。使用段階における製品の使用条件は、1日あたり3.5時間、年間100日で、5年間の使用としています。年間のCO₂排出量は、EPSON LCA 単位指標(0.416kg CO₂ / kWh)で計算しています。
(注4) IEC規格60529に準拠したIP5X認証の光学エンジンとレーザー光源モジュール

その他特長はこちら

おすすめリンク

EB-PU22/PU21シリーズの概要を動画で見る

商標について

(注) 本媒体上の他者商標の帰属先は、商標についてをご確認ください。

レーザー光源機器使用上の注意事項

本機は、レーザー国際規格 IEC60825-1に適合したクラス1レーザー製品です。誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性があります。次のことに注意してください。
本機に異常が発生した場合は、すぐに電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いて、お買い上げの販売店、またはエプソンサービスコールセンターにご相談ください。そのまま使用を続けると、感電や火災の原因だけでなく、視力障害の原因にもなります。

・本機の分解・改造は絶対にしないでください。プロジェクター内部には高出力レーザー製品が組み込まれています。重大なけがの原因となります。

・投写中にビームをのぞき込まないでください。また、光学機器(ルーペや望遠鏡など)を使用してレンズをのぞかないでください。視力障害の原因となります。

・本機から離れた場所からリモコンで電源を入れる場合、レンズをのぞいている人がいないことを確認してください。

・小さなお子様には操作させないでください。操作する可能性がある場合は、必ず保護者が同伴してください。

・投写映像に対して、ルーペや反射鏡などの光学機器を当てないでください。そのまま使用し続けると、人体に悪影響を与える可能性があります。また、火災・事故の原因となることがあります。

・投写映像を反射するものが周囲にないことを、投写前に確認してください。

・本機を廃棄する場合は分解しないでください。国や地域の法律や条例に従って廃棄してください。

購入をご検討の方

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日・弊社指定休日を除く)
050-3155-7010042-503-1969

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。