SC-R5050/SC-R5050L

  • お問い合わせ・サポート

搬入・設置メニュー

搬入作業では、製品の開梱と指定場所への配置および組み立て、梱包材回収までの作業を行います。

搬入作業料金表

2021年1月26日現在

搬入作業料金 個別見積もり(注1)
(注1) お申し込みいただき、弊社契約の業者がお客様先に事前にお伺いさせていただき、搬入経路の確認をさせていただいた上で料金のご提示となります。

設置

配送・搬入後、ご指定の場所にサービスエンジニアを派遣し、お客様の代わりに製品の設置作業を行います。設置作業を実施するには、搬入作業が終了している必要があります。

2021年1月26日現在

設置内容 設置料金(税別)
●本体組上げ、消耗品・オプション品の取付け
●プリンター本体の調整及び動作確認
●ソフトウェアインストール(PCの設定変更含む)
●基本設定(用紙設定、ハードウェアキーのセット等)
●お客様環境での印刷確認
●取扱説明(消耗品セット方法・紙詰まり等の処理・メンテナンス方法・標準添付ソフトウェアRIPの基本操作説明)
100,000円
●本体組上げ、消耗品・オプション品の取付け
●プリンター本体の調整及び動作確認
●取扱説明(消耗品セット方法・紙詰まり等の処理・メンテナンス方法の説明)
60,000円
(注) 設置にはクリーニング液によるヘッド洗浄作業が含まれます。お客様ご自身で設置作業を実施する場合には別途クリーニング液が必要となります。設置時作業時に廃液が多量排出されますので適正に処理をお願いいたします。詳しくは取扱販売店またはインフォメーションセンターへお問い合わせください。

【ご使用にあたっての注意事項】

インクジェットプリンターは非常に精密なドットサイズのインクをコントロールして印刷を行うため、プリントヘッドの交換後に色が微妙に変化する場合があります。同時に、複数台お使いなられる場合、機体毎に色が微妙に違う場合がありますので、ご了承ください。
本製品を運用いただくためには定期的なプリントヘッド交換が必要です。保守サービスに加入されていない場合、ヘッド交換が有償となりますので、予めご了承ください。
本製品の使用時、廃インクボトル内に廃液が排出されます。廃液は各自治体の法令に基づき、産業廃棄物として処理業者に廃液処理をご依頼ください。
本製品を用いて作成された印刷物を以下のような環境で掲示する場合、印刷物や掲示環境を良好に保つため予めラミネート加工処理を行ってから掲示していただく事をおすすめいたします。
・防水掲示板等の密閉された環境に掲示する場合
・ガラスやポリカーボネイト等を印刷面に密着させた状態で掲示する場合

セルフリペア教育

製品の設置作業後、プリンター、ソフトウェアRIPの取扱い説明を行います。

2021年1月26日現在

料金(税別)
SC-R5050/SC-R5050L 40,000円

導入教育について

取扱い説明(消耗品セット方法・紙詰まりなどの処理・メンテナンス方法・標準添付ソフトウェアRIPの操作説明)
(注) 設置と同時のセルフリペア教育を実施する場合は、設置時の導入教育に含みます。

無償保証期間および修理・保守のご案内

無償保証期間

本製品に無償保証期間の設定はございません。

保守サービス

万一の故障時も、優先してサービスエンジニアを派遣します。お客様の稼働状況やご予算によりご選択いただけるよう、保守サービスオプションも多数ご用意しました。

ユーザーセルフリペア保守

セルフリペア対象パーツをお客様ご自身で交換いただける保守サービスです。
パーツ交換は、本体に搭載された故障診断機能により行います。
あらかじめ対象パーツをご購入の上お手元に保管をいただくことで、万一の場合もセルフリペアによりダウンタイムの低減が可能です。(対象パーツ以外の故障は、サービスエンジニアが訪問し、修理対応致します。その際の出張料、技術料、セルフリペア対象パーツ以外の部品代は保守料金に含まれます。)

保守サービス名 内容 年間保守料金
ユーザーセルフリペア保守 セルフリペア対象部品(プリントヘッド及び乾燥防止キャップ)をご購入いただき、お客様ご自身で部品を交換いただく保守サービスです。対象部品以外の部品交換につきましては、サービスエンジニアにて対応いたします。
(注)定期点検は含まれておりません。
SC-R5050 SC-R5050L
110,000円 133,000円
(注) ユーザーセルフリぺ保守にご加入いただく場合、「Epson Cloud Solution PORT」へのご登録が必須となります。
(注) ユーザーセルフリペア保守へのご加入にあたっては、事前に導入教育の受講が必要となります。
(注) セルフリペア対象パーツは、別途購入いただく必要があります(有償)。
(注) エプソン純正または推奨以外のトナー・インク等の消耗品を使用が起因の故障につきましては保守対象外となります。
(注) 離島、山間部に関しましては、別途交通費がかかります。
(注) SC-R5050につきましては、無償保証期間の設定はありません。購入時にユーザーセルフリペア保守にご加入いただくことをお勧めいたします。
(注) 購入日から5年経過時又は一定量稼働すると、交換が必要な部品があります。
(注) 初回購入時は、最大5年間の契約となります。6年目以降の保守契約締結を希望する場合は、本体を事前に点検させていただき、個別見積の上パーツ交換(有償)を行う場合がございます。
(注) 年間保守契約の加入可能期間は購入日から最大7年間となります。
(注) その他保守契約の条件につきましては、保守契約条項に基づきます。

稼働状況確認

「Epson Cloud Solution PORT」へご加入いただくことにより、プリンターの稼働状況(エラー状況や寿命部品の情報)をリアルタイムに把握。
正確な情報をリモートで確認する事で、修理のご依頼時にもスムーズな状況把握が可能です。

稼働状況確認

保守サービスオプション

「ユーザーセルフリペア保守」と組み合わせてお申し込みいただける保守サービスオプションをご用意しました。

  内容 標準価格(税別)
定期点検 お客様先に訪問し、プリンター内部の点検をいたします。 46,000円/回
プリントヘッド交換サービス ご購入いただいたプリントヘッドを、サービスエンジニアが訪問し、交換いたします。 46,000円/回
メンテナンス代行サービス 日常的なメンテナンスを、お客様に代わって実施いたします。都度のお申し込みまたは年間契約を選択いただけます。(年間でのご契約の場合、メンテナンスの上限は6回までとなります。) 24,000円/回
129,600円/年
リモートサポートサービス 遠隔操作によりRIP等のソフトウェアサポートを実施いたします。
(注)保守サービスと同時にお申し込みいただく必要があります。
60,000円/年
特別対応保守 24時間365日対応など、対応時間、対応日の拡張サービスです。
(注)エリアにより対応できかねる場合もあります。詳しくはお問い合わせください。
(注)保守サービスと同時にお申し込みいただく必要があります。
個別見積
(注) 保守サービスオプションのみでのお申し込みはできません。

スポット出張修理料金

生産機としてのプリンターは一時も止められません。
導入後のダウンタイムを最小限に留めるため、万一の故障時にご指定の場所へサービスエンジニアを派遣し、その場で修理するサービスです。

2021年1月26日現在

サービス内容 価格(税別)
出張基本料(1ヶ所1名あたり) 11,000円
技術料 35,000円
交通費 所定料金による
部品代 所定料金による
(注) 弊社サービス拠点(拠点がない場合は県庁所在地)よりお客様までの片道距離が20km以上離れている場合、別途交通費がかかります。
(注) 上記料金は、月~金曜日(祝日・弊社指定休日を除く)の日中内(9:00~17:30)の料金です。
(注) 離島・山間部につきましては、別途交通費が必要となります。

購入をご検討の方

レジンインク

050-3155-8100
(042-585-8444)
月曜日~金曜日(祝日、弊社指定休日を除く)

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。

保守サービス

●エプソンサービスパックサービス詳細はこちら料金表へ