ビジネスプロジェクター

導入事例 オリエント時計株式会社

ビジネス向けプロジェクター導入事例:オリエント時計株式会社 機械式時計の魅力を伝える世界観の空間演出に貢献。

導入モデル

EB-L1300U

大ホールや講堂で、明るさと迫力の高画質を。
信頼性や静音性にも優れたレーザー光源の4K対応モデル(注1)。

EB-L1300U


製品の詳細はこちら

(注1)4K信号を入力し、4Kエンハンスメントテクノロジーによる4K相当の高画質で表示することです。

導入会社様のご紹介

外観写真

オリエント時計株式会社

使用機種:EB-L1300U
用途:プライベートイベントでのサイン用途
オリエント時計株式会社 販売推進部 販売推進グループ 課長 男谷倫子 様

1901年設立の吉田時計店を発祥とし、115年以上の歴史を持つ。中でも「オリエントスター」は同社の代表モデルであり、2016年9月登場の「スケルトン」は機械式ならではの美しさで人気を博している。

images
images

発表会場入り口の床面に、「オリエントスター スケルトン」のムーブメントが作動する様子を真上から投写。

Before 導入課題

  • 床面への垂直投写
  • 世界観を表現するための大型映示
  • 狭い空間での設置性
  • 効果的な空間演出

After 導入効果

  • レーザー光源プロジェクター採用による垂直投写の表現
  • ブランドイメージの訴求
  • 小型軽量ボディによるスムーズな設置
  • 高輝度・高コントラスト投写により、精細にコンセプトを表現

導入背景

2016年の秋・冬モデルとして、機械式腕時計のスケルトンという機械の美しさを体現した「オリエントスター スケルトン」の新製品発表会を控え、その世界観を表現する方法を試行する中で、映像で機械の動きを見せるというアイデアが浮上。とはいえ、大型液晶モニターで表示したのでは映像演出としては弱く、これまでにない演出方法として、プロジェクターで床面に大きく投写することが可能かを検討した。課題としては、垂直設置が可能で十分な輝度と解像度、コントラスト比があるか、天井高2500mm程度で映示可能かなどがあった。

検討の結果、エプソン EB-L1300Uの導入を決定。レーザー光源モデルで360°設置可能で、8000lmの高輝度、25万:1の高コントラスト比で美しく、明るく投写可能であり、床面投写でもブランドイメージ訴求が可能と判断した。狭い空間でも設置がスムーズにできる小型ボディで、投写距離が短くても対応可能な超短焦点レンズ「ELPLU04」が用意されている点などが導入のポイントとなった。

導入後の運用・評価

機械式腕時計は精密機械であり、そのイメージを伝えるには十分な画質や見やすさなどが必要と考えていたが、時計の動きもしっかりと確認できる解像感と輝度、コントラスト比が得られた。色再現にも優れ、反射光による温かみと高級感を感じられる映像で、1本1本職人の手作業で作られる時計の世界観を伝えるのに最適であった。

展示会場では、スケルトンの時計が動くさまをコンセプト映像として、展示会場の入り口の床面に投写。お客様の反応も良く、会場に入ってすぐに今回のコンセプトや世界観をご理解いただけたよう。立ち止まって床面の映像に見入る方や時計店の店頭でプロジェクターを使ってみたいという声も聞かれた。今後も製品ごとのコンセプト映像を映し出すなど、時計の世界観を演出するツールとしてプロジェクターをより積極的に活用していきたいと考えている。

images

「日本のスケルトン」をコンセプトにフルスケルトン化された「オリエントスター スケルトン」。
50時間パワーリザーブ機能を備え、日差+25秒、-15秒の精度を誇る。ベルトにも高品質な手縫い本ワニ皮革を採用。

導入後のポイント・機能

LASER LIGHT SOURCE

レーザー光源がもたらす明るさと高コントラスト

短焦点レンズ

にじみのないクリアな映像を映し出す高性能レンズを搭載

3年充実保証(注1)

安心して使用できる充実の保証

小型化

小型化と高効率化を実現

全方位360°設置

天井や床などへの投写、延長での投写が可能

レンズ交換

幅広い設置環境に対応する多彩なオプションレンズ

(注1)3年または20000時間のどちらか早い方となります。なお、本体ご購入時に装着しているランプの保証期間については、「本体購入後6ヶ月」または「ランプ交換時期までの半分」のどちらか早い方となります。

会社概要

オリエント時計株式会社

販売推進部 販売推進グループ 課長 男谷倫子 様

所在地:東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー29階

最寄駅:JR新宿駅

URL:http://www.orient-watch.jp/

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約1.15MB)
2017年2月9日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

プロジェクターインフォメーションセンター

TEL050-3155-7010

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日・弊社指定休日を除く)

(注) 上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-503-1969までおかけ直しください。