ビジネスプロジェクター

導入事例 富士市立高等学校 様

ビジネス向けプロジェクター導入事例:富士市立高等学校様  プロジェクターにより、工夫を凝らした授業を手軽に実践

導入モデル

EB-455WT

(注)販売終了製品

短焦点化を実現。
電子黒板機能が使いやすい壁掛け対応・超短焦点モデル

EB-455WT

現行製品:EB-590WT

製品の詳細はこちら製品の詳細はこちら

導入学校様のご紹介

富士市立高等学校様

外観写真

富士市立高校は、名称とカリキュラムの変更に合わせて、よりよい授業を生徒に提供するため、1年生の全教室にエプソンの壁掛け専用・超短焦点プロジェクター「EB-455WT」を導入しました。壁に設置することですぐに使え、優れた操作性により、授業のスムーズな進行を強力にサポートしています。

学校側のニーズ・問題

  • よりよい授業のため、マルチメディア教材をより活用しやすくしたい。
  • 持ち運び可能なプロジェクターはあったが、設置が面倒で、十分に活用されていなかった。

導入後

  • 教室の壁に据え付けることで、いつでも簡単にプロジェクターを利用できるようになった。
  • 壁掛けなので生徒の頭上になく、安全。
  • 黒板にも投写できるので、板書と組み合わせて授業が進められる。

導入の背景

工夫を凝らした授業を手軽に行うため、常設型プロジェクターを検討

主事:長谷川隆之氏

主事:長谷川隆之氏

--今回「EB-455WT」を導入いただいた背景から教えてください。

長谷川氏:当校は、本年度から富士市立高校と校名が変わり、学科やカリキュラムも一新して、新たに生まれ変わりました。そこで、授業も生徒の学習意欲を高めるために、より一層工夫を加えて、映像などを従来以上に活用しようと考えました。

--今までプロジェクターは使われていなかったのですか?

長谷川氏:従来から持ち運び可能なプロジェクターはありました。しかし、いちいち設置するのが面倒で時間がかかることもあって、それほど使われてはいませんでした。そこで、新カリキュラムで学ぶ1年生のすべての教室に新たに壁掛けのプロジェクターを導入することにしました。

選定理由

黒板上の壁に設置でき、高品質なスピーカーを内蔵している点を評価

--選定にあたって比較検討はされましたか?

長谷川氏:はい。持ち運び式や天吊り式含め、各メーカーのいろいろな機種を比較しました。

--「EB-455WT」を選択された決め手を教えてください。

長谷川氏:超短焦点で、黒板の上に設置できるところですね。卓上ですと、授業前に机を移動させたりと、準備に時間がかかりました。また、動画などの音声が教室の後ろの席でもしっかりと聞き取れるスピーカーを内蔵している点も重視しました。

黒板の上に設置したEB-455WT

黒板の上に設置したEB-455WT

導入の効果

板書を書き写す手間を省き、問題の解答に集中可能

総合探求科:平井延佳先生

総合探求科:平井延佳先生

--授業ではどのように利用されていますか?

平井先生: 私は理科の担当なので、たとえば物理では、パワーポイントなどで作った教材で概要を紹介し、その後で黒板に数式などを書いて授業を進めていきます。そのため、教室の幅一杯に黒板を設置しており、黒板と映像を両方見せながら授業を行うことができるようになっています。黒板にもきれいに映るので、黒板にグラフの枠だけを投影しておき、そこに記入していくこともあります。生徒にも同じ枠だけのプリントを配布しておけば、手元と黒板が同じになります。グラフを書く必要がなく、問題を解くことに集中できます。

--操作性はいかがですか?

平井先生:黒板横のインターフェースボックスですぐに利用を開始できるので、使いたいときに簡単に使えるのがいいですね。付属の電子ペンは右クリックができ、パソコンを操作している感じで使えるので便利です。リモコンもついているので、教壇を離れて、生徒の様子を見ながら操作できるのもいいですね。

--画面の見やすさはどうでしょう。

平井先生:使う前に毎回一番後ろの生徒に見えるかどうか確認して、必要ならカーテンを引くようにしていますが、夏の暑いときも、カーテンを引いて窓を閉めなければならないということがなかったので、よかったです。

EB-455WTとパソコンはインターフェイスボックス(ELPCB01)で接続

EB-455WTとパソコンは
インターフェイスボックス(ELPCB01)で接続

黒板の上に設置したEB-455WTを使った授業風景

黒板の上に設置したEB-455WTを使った授業風景

プロジェクター接続構成図

今後の展望

順次設置教室を増やし、2年後には全教室に設置予定

--今後どのように使っていきたいとお考えですか?

長谷川氏:カメラを接続して、全員が同時に行うことができない実験の映像を見せたり、生徒が書いた回答を映して他の生徒に見せるといった使い方を考えています。

--設備面での拡張計画などはありますか?

長谷川氏:現在1年生の教室しか入っていないので、今後1年生が学年を上がるのに合わせて、順次整備を進め、最終的には全教室に設置する予定です。

学校概要

富士市立高等学校

所在地:〒417-0847 静岡県富士市比奈1654番地
最寄駅:岳南鉄道 富士岡駅
御担当者:長谷川様、平井様
ご利用開始:2011年4月

URL:http://www.fuji-ichiritsu.jp/

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約895KB)
2012年3月30日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

プロジェクターインフォメーションセンター

TEL050-3155-7010

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日・弊社指定休日を除く)

(注) 上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-503-1969までおかけ直しください。