LM-C6000/LM-C5000/LM-C4000

プリント

ビジネスに求められる高速プリントを実現

ファーストプリントでも大量プリントでも高速印刷を実現。高い生産性でオフィス作業をさらに快適にします。

ファーストプリントが速い

LM-C6000の場合ファーストプリントは6.1秒。プリントスピードだけでなく、立ち上がりも速い。 ウォームアップ時間が短いので、会議の合間などにも快適にプリントできます。少量のプリントから大量プリントまで、高速性が求められるオフィスで活躍します。

ファーストプリントも速い

1枚目の印刷時間算出条件(レディー時からのFPOT算出条件)
●測定基準:ISO/IEC17629 ●印刷用紙:A4普通紙 ●印刷品質:標準 ●ISO/IEC24734"Office Category Test"のMicrosoft® Word、Microsoft® Excel®、PDFファイル(各4ページ)の第1ページを指定して片面印刷した時の、印刷開始ボタンを押してから用紙排出までの時間を算出、各ファイルの印刷時間を平均換算した値。

  • (注)お客様がお使いのパソコン/アプリケーション/印刷データなどによって印刷スピードが変わることがございます。

内製へのニーズに応える、多彩な用紙対応力

普通紙だけでなく、ラベル紙、窓付き封筒さらに長尺用紙など様々な用紙に対応。さらに300g/m²)までの用紙であれば、給紙ができるので、POP用途の厚手用紙の大量印刷も大容量給紙でサポート。インクジェットならではの多彩な用紙対応力でビジネスに必要なさまざまな印刷に威力を発揮します。

内製へのニーズに応える、多彩な用紙対応力

封筒印刷

ハガキ印刷

長尺用紙印刷

水やマーカーでもにじみにくい、全色顔料インク採用

強い耐水性で水性マーカーにもにじみにくいので、ビジネス文書はもちろん、幅広い用途のカラープリントを実現します。

水やマーカーでもにじみにくい、全色顔料インク採用
  • (注1)印刷した用紙を水に濡らした環境は、エプソンが保証するものではありません。
  • (注2)マーカーによってはにじむ場合があります。また、用紙との組み合わせによってはにじむ場合があります。
    マーカーを使用する場合は、印刷後5分程度経ってからご使用することをおすすめします。

用紙の裏側へのインク抜けを軽減、両面印刷もキレイ

エプソンの顔料インクは用紙の表面に色材がとどまるため、普通紙でもインクの裏抜けを軽減。両面印刷でも美しく読みやすい資料を作成できます。

用紙の裏側へのインク抜けを軽減、両面印刷もキレイ

文字の輪郭がシャープに。小さな文字も精緻に再現

インクを正確に着弾させるエプソン独創のPrecisionCoreラインヘッドにより、600×2400dpiの高解像度を実現。しかも、MSDT(マルチ・サイズ・ドット・テクノロジー)により、プリントデータに応じてインクのドットサイズを制御し、文字の輪郭も細線もよりシャープに鮮明にプリントします。

文字の輪郭がシャープに。小さな文字も精緻に再現

優れた色再現性を実現

コーポレートカラーに多用されるシアン、マゼンタをより鮮やかに再現。グラフなどの色の判別性が向上し、さらに、背景にシアンを使った原稿の黒文字もくっきりと判別できます。

優れた色再現性を実現

ビジネス文書を発色高く、高品位にプリント

発色の良さとコストパフォーマンスを両立させたエプソンの『ビジネス普通紙IJ』用紙の白色度が89%と高く、インク滲みも少ないため、細線や文字の再現性をより一層高めることができます。
また、両面印刷時のインクの裏抜けも抑えられているため、お客様向け文書や提案書、チラシへのご使用もおすすめです。

ビジネス文書を発色高く、高品位にプリント
白色度 89%
坪量 73g/m²
紙厚 98μm

バーコードのにじみを抑えて印刷が可能

プリンタードライバーにて設定可能な「バーコードモード」を搭載。料金代理収納で使われるGS1-128等の1次元バーコードを印刷できます。また、バーコードのエッジ部分を小さなドットサイズで表現するなど新しい画像処理技術を搭載したことで、2次元コードも印刷できます。

バーコードのにじみを抑えて印刷が可能
  • (注)お客様の使われる環境や用紙、バーコードの種類やサイズ、読み取りスキャナーなどによって、バーコードの読み取り精度が異なりますので、事前検証したうえでのご利用をおすすめします。
  • (注)Windows® ドライバー、一次元バーコードのみ。

ノズル自己診断システムを搭載。印刷のムダを軽減

プリントヘッドのドット抜けを1枚印刷するごとに自動的に検知し、画質を調整します。高画質プリントを維持するだけでなく、プリントミスによる大量印刷時のムダを抑えます。

ノズル自己診断システムを搭載。印刷のムダを軽減
  • (注)イメージです。

ボックス機能でデータを素早く、さまざまな用途で活用

スキャンデータや印刷データを本体に保存し、必要な時に印刷やメール送信、ファクス送信などで活用することができます。保存データは文書名をつけて管理可能なので、パネルでサムネイルを確認して操作できます。

ボックス機能でデータを素早く、さまざまな用途で活用
  • (注)イメージです。

複数文書の印刷一括設定

複数文書を選択し、部数やページ設定を一括で設定可能となりました。ボックスからの印刷設定の効率化に貢献します。

複数文書の印刷一括設定

リモート環境からでもアクセス可能

EPSON WebConfigを使えば、リモート環境からでもボックスにアクセス可能です。
ボックス機能で本体に保存したファイルを、印刷やダウンロードができます。

リモート環境からでもアクセス可能

ハードディスクのミラーリング

ミラーリング対応のハードディスクドライブにより、データの冗長性を向上できます。ハードディスクドライブが破損した場合に、本体画面での表示や管理者へのメール通知も可能です。

  • (注)ハードディスクドライブ・P1装着時のみ。
ハードディスクのミラーリング

必要な部数をグループで登録しておけば、コピーや印刷時に設定を呼び出すことで、グループ毎に印刷や仕分けすることができます。印刷後の仕分け作業に時間を取られることがなくなります。
ボックス保存したデータでも設定を呼び出せるので、急な出力シーンでも活躍します。部数は9,999部、組数は99組まで登録でき、60グループまで設定可能です。

部数印刷を効率化する、グループ印刷機能(有償オプション)
  • (注)イメージです。

USBメモリーからダイレクトプリント

市販のUSBメモリーを接続し、スキャンしたデータをダイレクトに保存することができます。
また、USBメモリーに保存されたJPEG,TIFF,PDFのドキュメントデータを直接出力できます。パソコンを介さずに、データ保存・プリントができるので仕事の効率がアップします。


購入をご検討の方

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE