会計ソフトWeplat 財務応援 R4 工事台帳

会計ソフト Weplat 財務応援 R4 工事台帳

MENU

記帳などの日次業務で簡単に工事台帳作成が可能

工事台帳作成に必要な各種設定画面をご用意

原価管理の項目マスターを標準搭載

未完成工事支出金の内訳項目は通常の科目と区別がつきやすいように緑色で表示されます。

科目マスター設定画面
科目マスター設定画面

工事別残高設定

工事別に5期前までの残高設定が可能です。

工事別残高設定 工事別残高設定

帳票や伝票イメージから入力可能。入力時の支援機能も充実

仕訳入力

仕訳入力時に工事コードを入力するだけで工事台帳等の作成が可能です。

手書き感覚ですぐに入力業務を始められる帳簿入力画面とコクヨ社製の伝票画面を用意しました。

勘定科目、補助科目、工事コードなどはウィンドウから選択。コードやカナ検索による絞込みが可能です。コードを把握していなくてもスムーズな入力を実現します。

リース料のような毎月発生する伝票を事前に作成し、期日が到来すると本伝票に反映できる先行伝票機能をご用意。毎月の定型仕訳の入力の手間を軽減できます。

摘要表示は、「連想摘要」と「固定語句」が選択可能です。連想摘要は、科目の貸借で設定できるので効率的な摘要入力をサポートします。さらに摘要残管理も可能。

仕訳入力画面

試算表・元帳ダイレクトチェック

入力画面から、試算表確認(当期・前期比較・予算比較)→元帳訂正→資産表確認→元帳訂正→仕訳入力まで画面を閉じずに連携して行え、残高チェックから明細確認・修正が簡単に行えます。

財務応援 R4の基本操作についてはこちら

試算表・元帳

充実した管理機能で効率的な会計処理を実現

原価計算基準は、進行基準と会計処理を実現

工事ごとに収益の計上基準を「進行基準」(注1)と「完成基準」(注2)から選択いただけます。

  • (注1)工事の進捗度合いに応じて、分散して売り上げを計上していく方法。
  • (注2)工事引渡しの段階で、売り上げや経費をまとめて計上する方法。

完成振替仕訳、未成振替仕訳の自動作成処理に対応

自動振替機能により、期をまたがる工事についても効率的に処理を行うことが可能です。

自動作成した仕訳例

予算管理希望で消化状況もいつでも確認が可能

工事別の予算も設定でき、工事一覧表からは工事ごとの予算の消化状況や4要素別の構成比率を確認できます。担当者別の出力も可能です。

工事一覧表

多彩な原価管理資料の作成が可能

工事ごとの利益や請求・入金の状況を把握できる「現場別工事台帳」や原価や利益の状況を反映した「工事別原価経費内訳表」など多彩な管理帳票に対応しています。各帳票のExcel®への出力、PDF出力機能を標準搭載。顧問先への資料提供も簡単に行えます。

工事台帳 工事台帳

決算処理

法人決算書

決算書形式は「勘定式」と「報告式」から選択可能。
科目の集約設定やタイトル編集など企業に適した決算書作成が可能です。

消費税

消費税申告書の作成が可能です。申告をする前に売上・仕入科目明細表より科目単位で課税や非課税残高を確認することができます。
また、明細表から元帳へのジャンプ機能をご用意。消費税区分の修正を簡単に行うことが可能です。また中間申告第26号様式にも対応しています。