株式会社プロトコーポレーション様

会計ソフト 導入事例
株式会社プロトコーポレーション様

株式会社プロトコーポレーション様
導入製品:Weplat クラウドサーバー
財務応援 R4 Premium
法人税顧問 R4
減価償却応援 R4
電子申告顧問 R4

東証1部、名証1部上場で成長にアクセル!!
「Weplat クラウドサーバー」導入で経理財務部門の強化を図る!!

導入事例TOPへ

導入製品

Weplat クラウドサーバー

Weplat クラウドサーバー
詳細はこちら

財務応援 R4 Premium

財務応援 R4 Premium
詳細はこちら

法人税顧問 R4

法人税顧問 R4
詳細はこちら

減価償却応援 R4

減価償却応援 R4
詳細はこちら

電子申告顧問 R4

電子申告顧問 R4
詳細はこちら

導入会社様のご紹介

株式会社プロトコーポレーション様

株式会社プロトコーポレーション様

会社プロフィール

名古屋にて1977年創業。創業当初から続くクルマ情報誌 「グー」 の発行やインターネットによるクルマ情報サービス 「グーネット」 をはじめ、個人・法人向けの豊富なコンテンツを提供している。全国へ事業拡大の動きが目覚ましく、2001年9月にはジャスダック市場に上場、2019年3月東京証券取引所市場第一部へ市場変更、同年9月には名古屋証券取引所市場第一部へ上場した。

設立:1979年6月
代表者:代表取締役社長 神谷 健司
事業内容:新車・中古車、パーツ・用品等をはじめとした自動車関連情報ならびに生活関連情報サービスの提供
従業員数:589名(連結ベース:1,455名)(2019年3月末現在)
URL:https://www.proto-g.co.jp/

導入事例のご紹介

サーバー運用でもエプソンに安心感を持っています

株式会社プロトコーポレーション本社ビル

株式会社プロトコーポレーション
本社ビル

北海道から九州まで全国に営業展開していますが、名古屋本社にある経理財務部でエプソンの会計ソフト「財務応援 R4 Premium」、「法人税顧問 R4」、「減価償却応援 R4」、「電子申告顧問 R4」を使用しています。
「Weplat クラウドサーバー」の導入前は、ホストサーバー機のパソコン1台を常に起動した状態で他の個人パソコンを接続していましたが、大量のデータを処理するうえでホストサーバー機のスペックも限界がきていて、アップデートやバックアップなどで時間を取られることも多かったです。四半期ごとの決算時にアップデートが必要で、手作業でホストサーバー機の中身を精査して容量を空けていました。それでも処理する量に追いつかずパソコンがフリーズしてしまうことも度々発生し、限られたマンパワーでは厳しい状況が続いていましたね。
弊社では社内システムのセキュリティー強化やパソコン関係はIT部門が一括して管理しており、以前から利便性・安全性ともに高いクラウドサーバーの利用を検討していました。

Weplatクラウドサーバーの導入を担当した岩瀬文香主任

Weplat クラウドサーバーの
導入を担当した
岩瀬文香主任

もともと財務ソフトなどは名古屋の経理財務部のみで使っており東京や大阪の社員が使う機会はなかったのでクラウドサーバーの導入の必要性をあまり感じていなかったのですが、会社の体制が変わり東京でも本社の仕事を一部行うようになり、他拠点ともデータをスムーズに連携する必要が出てきたため、クラウドサーバーを導入することになりました。
ただ、長年使い慣れたエプソンの財務ソフトを変えたくないという想いがありましたので、ソフトと同じメーカーであるエプソンの「Weplat クラウドサーバー」を導入することにしました。導入前に「Weplat クラウドサーバー」の体験版を利用したのですが、使い勝手が良かったですし、これまで会計ソフトを利用して得ていたエプソンへの安心感もありましたので、体験版の段階でIT部門と連携してセキュリティ部分のチェックをしたので不安なく導入することができました。

見えない作業時間のストレスをクラウドサービスでクリアに

クラウドサーバー導入でIR資料の作成もスピーディーに

クラウドサーバー導入でIR資料の作成もスピーディーに

早速2019年7月の第1四半期決算で主にファイルサーバーとして活用したのですが、膨大な量のデータ処理が非常にスピードアップしました!導入前のホストサーバー機に依存していた環境では考えられないくらいです。ファイルサーバーとしての容量は十分すぎるほどありますし、以前は使っている個人パソコンのバージョンに差があり、アプリケーションのアップデート作業が上手くいかないことも多く、作業が難航するたびに「また?!」とため息が出ていました。「Weplat クラウドサーバー」だと自動でWindows OSとアプリケーションのアップデートをしてもらえるので、その作業時間がなくなるのは大変助かりますね。また、法人税の電子申告時に東京とリモートでつないで2人態勢で内訳概況書などの不備チェックをすることもできました。離れた場所に居てもリアルタイムにチェックできたのでとても安心でした。
今後は東京の担当者も電子申告をしていくので共有やサポートもしやすいと思います。個人的に出張の機会も増えるので、出先でもエプソンの財務ソフトを使って快適に仕事ができるのが楽しみです。料金面に関しても、サーバー運用状況を大幅に改善できたことを考えると、とても満足しています

進化するツール活用で会社とともに成長を目指す

経理・財務部門の鈴木毅人執行役員(左)と岩瀬主任(右)

経理・財務部門の
鈴木毅人執行役員(左)と岩瀬主任(右)

以前からテレワーク・在宅勤務など職場に縛られない自由な働き方を進めていこうと視野に入れているのですが、クラウドサーバーを利用することで可能性が広がり、ぐっと現実的になってきました。出先や出張先などで今までと同じ作業ができるのは魅力的ですね。実際、弊社の営業社員は、営業効率アップのために会社にはほとんど出社せず直行直帰でお客様先へ伺っています。会社への報告やお客様への提案資料作成など外出先で行うことができています。
また、現状は全国にあるグループ会社各社に経理担当者がいてそれぞれ独立した状態なのですが、クラウドサーバーを利用すれば、経理管理等を本社で行うこともできますし、作業を分担して東京でも経理処理をするなども実現できます。クラウドサーバーの利点をフルに活用し私たちバックオフィス業務も成長していきたいですね。

商標について

(注): 本媒体上の他者商標の帰属先は、 商標について をご確認ください。

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約1.60MB)
2020年1月21日現在
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

会計ソフトインフォメーションセンター

TEL050-3155-8170

<受付>月~金曜日(祝日・弊社指定休日を除く)

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記電話番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本・西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-511-0855までおかけ直しください。