慣性計測ユニット(IMU)とは?

慣性計測ユニット (Inertial Measurement Unit)は、角速度(ジャイロ)センサー3軸、加速度センサー3軸と温度センサーが搭載されており、3次元の慣性運動(直交3軸方向の並進運動及び回転運動)を検出するユニットで、加速度センサー(m/s2)により並進運動を、ジャイロセンサー(°/s)により回転運動を検出します。加速度と角速度を高精度に計測し、計測結果を利用することで運動体の挙動 (姿勢・軌跡)把握・推測、制御を目的として使用されます。

IMUの種類(ジャイロセンサーの種類)

IMUに搭載されているジャイロセンサーは、一般的に精度の高い順に、
・リングレーザー(Ring laser gyroscope)方式
・ファイバーオプティカル(Fiber Optical Gyroscope)方式
・MEMS(Micro Electro Mechanical)方式
が採用されています。

エプソンIMUは、水晶を素材にした独自のダブルT型構造の素子と、精密加工技術を組み合わせたQuartz-MEMS方式のジャイロセンサーを搭載しており、高精度、高安定な出力を実現しています。


エプソンのダブルT型ジャイロセンサー素子

IMUとセンサーデバイスの違い

IMU:各センサー間の各種補正や演算により、センサー出力を高安定、高精度にすることができます。
センサーデバイス:各センサー間の補正が取れていないので、センサー出力の性能に限界があります。

IMUの製品一覧と主な利用用途

IMUの製品一覧・特長

エプソンIMUの特長
  • 高安定な温度特性、アライメントの高精度
  • ダブルT型ジャイロセンサー素子による高精度・高安定な出力
  • 小型・軽量な1インチサイズプラットフォーム

IMUの主な利用用途

利用用途例
  • 精密農業機械の位置(GNSS)/姿勢制御
  • ドローン/小型無人機/小型の潜水艇の姿勢制御
  • 建設機械/鉱山機械の位置/姿勢制御
  • アンテナ/カメラの制振制御
  • 機械予知保全