加速度センサーの評価方法・使い方

加速度センサーの評価方法

センサー製品を評価できる評価用オプションツール・評価用ソフトウェアを提供しています。お持ちのPCで簡単に製品の初期評価ができ、テストデータの取得や可視化ができるため、お客様の開発期間を大幅に短縮できます。

評価用オプションツール

評価ボード: M-G32EV041 (770KB)

PCからUSB経由で弊社センサーをコントロールするためのオプションツールです。本品を使用することにより、センサーの初期評価を容易にします。電源はUSBから供給されるため外部電源は不要です。

中継ボード: M-G32EV051 (735KB)

マイコンボードなどから弊社センサーをコントロールするためのオプションツールです。
また、評価ボード(M-G32EV041)と組み合わせることで、PC接続時のUSBケーブルの振動影響を抑えることができます。

マグネットベース: M-A52EV161 (350KB)

センサーを磁石で測定対象機械へ簡易的に固定するためのオプションツールです。


マグネットオプション

評価用システム構成例(1)(PC接続による評価)※USBケーブルの振動影響を抑えたい場合

評価用システム構成例(2)(PC接続による評価)

評価用システム構成例(3)(組込評価)

評価用オプションツール組み合わせ表

用途 評価ボード 評価ケーブル 商品 対象製品
PCによるロガーソフトウェア評価 M-G32EV041 USB Type A to C IMU M-G370PDS
M-G370PDG
M-G370PDF
M-G366PDG
M-G330PDG
M-G32EV041
+M-G32EV051

※M-G32EV051は、
USBケーブルの振動影響を
抑えたい場合に使用する

USB Type A to C 加速度センサー
振動センサー
M-A352AD
M-A342VD
組込評価 M-G32EV031 - IMU M-G370PDS
M-G370PDG
M-G370PDF
M-G366PDG
M-G330PDG
M-G32EV051 加速度センサー
振動センサー
M-A352AD
M-A342VD
センサー設置(磁石固定) M-A52EV161 - 加速度センサー
振動センサー
M-A552AC1
M-A552AR1
M-A542VR10

評価用ソフトウェア

Vibration Logger 1.0

概要

「Vibration Logger」は、エプソン製の加速度センサー、及び振動センサーの計測値の収集と波形確認をWindowsパソコン上で行える評価ソフトウェアです。主な機能は、以下のとおりです。

  • 計測値のグラフ表示
  • 計測値のファイル保存(csv形式)
  • 2種類の計測方式(通常計測、スケジュール計測)
  • センサーの各種設定(FIRフィルター、サンプリングレート、出力タイプ/物理量)
  • 複数台センサーの同時計測
  • ステータス表示(通信エラー表示、A342エラーフラグ表示)

ダウンロード

仕様

  • バージョン

    1.0.1 ※公開日 2023年10月2日

  • 対応OS

    Windows 10 (64 bit)

  • 対象センサー

    加速度センサー:M-A352AD1/M-A552AR1、振動センサー:M-A342VD1/ M-A542VR1

Vibration Data Viewer 1.0

概要

「Vibration Data Viewer」は、エプソン製の「Vibration Logger」で計測した加速度センサー、及び振動センサーの波形確認をWindowsパソコン上で行える評価ソフトウェアです。波形グラフ・RMS・フーリエ変換結果を確認することで、ピーク周波数を容易に把握できるため、振動源の特定に役⽴ちます。主な機能は、以下のとおりです。

  • 生波形データ(CSV ファイル)のインポート
  • 波形グラフとフーリエ変換されたグラフの表示、CSV ファイルのエクスポート

ダウンロード

仕様

  • バージョン

    1.0 ※公開日 2023年10月2日

  • 対応OS

    Windows 10 (64 bit)

  • 対象センサー

    加速度センサー:M-A352AD1/M-A552AR1、振動センサー:M-A342VD1/ M-A542VR1

加速度センサーとは

加速度センサーとは

加速度センサーは加速度を捉えるセンサーで、検出できる現象は振動、傾き、直線運動などです。

加速度センサーの特長

エプソン加速度センサーの特長
  • 水晶を用いた双音さ構造の加速度検出素子
  • デジタルI/Fにより、デジタルデータ出力とPCからのセンサー制御が可能
  • 低ノイズ/高分解能/ワイドダイナミックレンジ(低ノイズ/高分解能/広検出範囲)/高安定