Epson Scan 2 機能紹介

ドキュメントを効率的にデータ化

原稿待ち受けモード/原稿待ち受けモード(連続)

【原稿待ち受けモード】

原稿を1枚ずつ手差しでスキャンするモードです。原稿の内容を一つ一つ確認しながらスキャンしたい時、まとめて読み取ると原稿詰まりが発生しやすい時に便利です。

【原稿待ち受けモード(連続)】

従来の「原稿待ち受けモード」を進化させ、連続で手差し給紙ができるモードです。

原稿待ち受けモード
原稿待ち受けモード(連続)
前のページへ戻る

読み取りサイズの指定が不要 原稿サイズ自動検知機能(原稿台)

フラットベッドタイプスキャナーの原稿台にセットした原稿のサイズ(定型サイズのみ)を自動的に判別します。

前のページへ戻る

読み取りサイズの指定が不要 原稿サイズ自動検知機能(オートドキュメントフィーダー)

ADF(オートドキュメントフィーダー)からスキャンする場合、原稿のサイズを自動的に検知し、データとして切り出します。

前のページへ戻る

原稿を判別し最適カラーでスキャン イメージタイプ自動判別機能(イメージタイプ:自動)

原稿の色を自動的に判別して画像を生成。カラー/白黒が混在している原稿のスキャンも、カラー原稿はカラーでスキャン、モノクロ原稿はモノクロまたはグレースケールでスキャン、と自動的に適した条件でスキャンが可能です。 (注)自動判別の内容は、「24bitカラーまたはモノクロ」、「24bitカラーまたはグレースケール」のいずれかの組み合わせを選択してください。

イメージタイプの設定
前のページへ戻る

e-文章法の要件を満たしたスキャンが可能 e-文書モード(イメージタイプ:e-文書)

「お気に入り設定」に「e-文書(カラー)」モードと「e-文書(モノクロ)」モードを用意。
それを選択してスキャンすることで、右記のe-文書法および電子帳簿保存法の要件を満たした設定でスキャンできます。

解像度 200dpi以上
階調 重要書類 24bit(RGB各色8bit)
一般書類 24bit(RGB各色8bit)
または8bitグレースケール
保存形式 PDF、JPEG、TIFF、BMP
画質 ・改ざん痕を検出できる階調
・4ポイントの文字を認識できる

(注)保存形式などを変更するときは、e-文書法または電子帳簿保存法の要件を満たしていることを確認してください。 (注)電子化文書作成時には、以下の点を必ずご確認ください。

  • ◎ 本製品は、e-文書法および電子帳簿保存法に適合した設定でスキャンできますが、スキャンしただけでは適正な電子化文書として認められません。必ず各法令およびガイドラインに従ってスキャンしたデータを管理、運用してください。
  • ◎ スキャンした画像を必ず目視で確認してください。
    • ・ 文字や画像などが欠けたりぼやけたりしていないこと
    • ・ ページ抜けが無いこと
    • ・ スキャンした画像データの加工・修正は行わないでください。
  • ◎ 国税関係書類を電子化文書として保存して紙原本を廃棄するためには、法令に従い、対応するシステム、業務規程作成、運用管理などの法的要件を満たした上で、事前に所轄税務署の承認を得る必要があります。
  • ◎ 法令などは予告なく変更される場合がありますので、必ず事前にご確認ください。
前のページへ戻る

補正の精度をさらにアップ 貼り合わせ

2枚の原稿をスキャンして1枚に貼り合わせる機能です。A4サイズ2枚の原稿であればA3サイズ1枚に貼り合わせることができます。 (注)原稿台のスキャンでは対応していません。

前のページへ戻る

補正の精度をさらにアップ 傾き補正機能

原稿自体が斜めに給紙された時に傾きを補正する機能です。原稿内の文字データを利用して傾きを補正する「原稿内容の傾き」モードと、原稿のエッジを基準に補正する「給紙時の傾き」モードの2種類あります。 (注)ES-50、ES-60WB/60WWおよび原稿台のスキャンでは「原稿内容の傾き」のみ対応です。

前のページへ戻る

片面原稿などの白紙頁を除去 白紙ページ除去機能

白紙原稿や片面/両面原稿が混在したスキャン時に、白紙面を自動的に消去する「白紙ページ除去」機能を搭載。無駄な白紙ページの確認作業を軽減できます。 (注)ES-50、ES-60WB/60WWおよび原稿台のスキャンでは対応していません。

前のページへ戻る

給紙時の重送を検知 重送検知

給紙時の原稿の重送を検知し、給紙を止めます。超音波センサーで検知する仕組みと通紙した用紙の長さから検知する仕組みの2つがあります。

前のページへ戻る

両面原稿の裏写りを軽減 背景色(黒/白)

読み取り時の背景板を「黒」、「白」の2つ用意し、選択可能にしました。両面印刷された原稿をスキャンする際に「黒」の背景板を使用することで、裏写りを低減します。 (注)背景色「黒」「白」それぞれ設定時の制限事項については、Epson Scan 2のヘルプを参照ください。

前のページへ戻る

余計な背景を除去し、読みやすく 背景除去

再生紙にプリントされた原稿でも、紙地の色をすっきり除去。紙地の色を除去しても色の薄い網掛けなどはしっかり再現します。(8bitグレー/24bitカラースキャン時) (注)「文字くっきり」、「画像はっきり」、「ドロップアウトカラー」、「色強調」機能とは同時に使用できません。

背景除去
前のページへ戻る

文字の視認性を高める。文字くっきり機能 文字くっきり機能

裏写りなどで文字が読みにくい原稿や、背景に色が敷かれている原稿でも、文字を鮮明にして可読性を向上させます。単純2値読み取りでは難しい細い文字(線)と太い文字(線)の同時スキャンも可能です。(モノクロ/8bitグレー/24bitカラースキャン時) (注)「背景除去」、「画像はっきり」、「ドロップアウトカラー」、「色強調」機能とは同時に使用できません。

文字くっきり機能
前のページへ戻る

モノクロ写真も文字も美しく 画像はっきり機能

モノクロスキャン時、画像部分と文字部分に領域を分離し、それぞれに適した2値化を適用することにより文字も写真も美しく取り込みます。 (注)「背景除去」、「文字くっきり」、「ドロップアウトカラー」、「色強調」機能とは同時に使用できません。

画像はっきり機能
前のページへ戻る

赤字などを消すことができる ドロップアウトカラー機能

赤・青・緑の中から、指定した色を除去できます。たとえば、欄外に書き込んだ赤字の注釈や帳票・伝票などの色つき罫線をモノクロスキャン時にスキャンしないようにできます。(モノクロ/8bitグレースキャン時のみ) (注)「文字くっきり」、「画像はっきり」、「色強調」機能とは同時に使用できません。

ドロップアウトカラー機能
前のページへ戻る

OCRの読み取り精度を向上させる マルチドロップアウトカラー機能

読み取ったカラードキュメントをデータ化するOCRの精度を高めるために、色や罫線、赤字の書き込みなどを削除できます。黒以外を削除、指定した色以外を削除など、ドキュメントに合わせて選択できます。(モノクロ/8bitグレースキャン時のみ) (注)Windows®のみ対応。

マルチドロップアウトカラー機能
前のページへ戻る

薄い捺印などの可読性を上げる 色強調機能

赤・青・緑の中から、選択した色を強調して読み取りを行います。たとえば、モノクロスキャン時に、薄い捺印などの可読性を向上します。(モノクロ/8bitグレースキャン時のみ) (注)「背景除去」、「文字くっきり」、「画像はっきり」、「ドロップアウトカラー」機能と同時に使用できません。

色強調機能
前のページへ戻る

複数の色を指定して読みやすいように強調する マルチ色強調機能

複数の色を指定して、読みやすいように強調します。同時に5色まで指定できます。(モノクロ/8bitグレースキャン時のみ) (注)Windows®のみ対応

前のページへ戻る

印刷物も美しくスキャン モアレ除去機能

雑誌など網点での表現を使った印刷物を取り込む際に発生しやすいモアレパターンを低減します。
一部の機種では、レベルを<弱・中・強>から選択可能です。

前のページへ戻る

データに残る枠を消してスッキリ フチ消し(境界補正)機能

読み取った画像の境界線を消して白色、または黒色の領域で埋める機能です。スキャン原稿の見栄えの悪い枠を消し、スッキリさせてデータ化できます。

前のページへ戻る

ファイル書類も見栄え良くスキャン パンチ穴除去機能

ファイリング用のパンチ穴が開いた原稿をスキャンすると、パンチ穴が黒く残ってしまいます。この機能を使えば、パンチ穴と認識された箇所に、周辺の色を用いてパンチ穴を消すことが可能です。 (注)原稿台のスキャンでは対応していません。

前のページへ戻る

同時に2つのイメージを出力 ダブルイメージ出力機能

一度のスキャンで2つのイメージデータの出力が可能。マルチドロップアウトカラーと併用して、モノクロ2値とカラーで出力し、モノクロはOCR処理用に、カラーはモニターからの閲覧用に利用できます。 (注)Windows®のみ対応。

ダブルイメージ出力機能
前のページへ戻る

スキャンしたデータに、文字を入れる スタンプマーク

スキャンしたデータに「社内秘」「至急」などのスタンプマークをいれて保存できます。 (注)Windows®のみ対応。

スタンプマーク
前のページへ戻る

写真・グラフィックなどを美しく取り込む

書類の向きをワンタッチで補正 プレビュー画面回転機能

プレビュー画面をワンタッチで回転させ、上下逆にセットされたドキュメントも、正しい向きに補正できます。 (注)本機能は、全自動モードまたはサムネイルプレビュー時では非対応。

前のページへ戻る

原稿台で読み取る写真・フィルムを、自動で切り出す 写真サムネイル自動切り出し

フラットベッドスキャナーの原稿台で読み取った複数枚の写真を、自動的に切り出して個別のファイルに保存します。写真の天地も、人物・風景問わず自動的に判別し、最適に回転して切り出します。 (注)全自動モードまたはサムネイルプレビュー時では原稿や条件によっては最適なスキャン画像が得られない場合や、対応していない原稿の種類、サイズがあります。その場合は通常プレビューでの読み取りをおすすめします。また、取り込む原稿の種類、サイズによっては適切に判別しない場合があります。

写真サムネイル自動切り出し
前のページへ戻る

より美しく、鮮明にフィルム・紙焼き写真をスキャン フィルム・紙焼き写真自動補正機能

【逆光補正】

逆光で撮影されたフィルムや紙焼き写真を、明度や彩度、カラーバランスまで考慮して自然な色調に。自動露出モジュールの改良でより効率的な補正が可能になりました。

【逆光補正】

【退色復元】

色褪せしてしまったフィルムや紙焼き写真を、鮮やかな色彩に自動補正します。モノクロネガフィルムやモノクロ写真の退色も補正できます。

【退色復元】

【粒状低減】

高感度フィルムを高解像度でフィルムスキャンしたときに目立つ粒状を低減処理し、なめらかで自然な画像に補正します。

【粒状低減】

【ホコリ除去】

独自アルゴリズムを採用し、フィルムに付着したホコリをスキャン時に高精度に検知・解析し、ディテールを損なうことなく除去します。また、反射原稿にも対応しています。 (注)「ホコリ除去」機能は「DIGITAL ICE」との併用は不可。取り込む原稿の種類やサイズによっては適切な補正効果が得られない場合があります。

【ホコリ除去】
前のページへ戻る

忠実な色再現をサポート ICCプロファイル

JPEG/TIFFファイルの作成時にターゲットとなるカラー領域のICCプロファイルを埋め込むことが可能。プリント時の色再現をいち早くイメージできます。

前のページへ戻る

フィルムのゴミやキズを修正 DIGITAL ICE

高精細のスキャニングになるほど気になるフィルムに付着した細かなゴミやキズなどを自動検出。スキャンする際に自動的に補完・修正します。さらに、紙焼き写真のキズや折れ目、裂け目も修復します。紙焼き写真の場合は、強度設定(強/標準)が可能です。 (注)GT-X830はmacOSでEpson Scan 2をインストールした場合は、使用不可となります。 (注)「DIGITAL ICE」は「ホコリ除去」機能との併用は不可。取り込む原稿の種類やサイズによっては適切な補正効果が得られない場合があります。

DIGITAL ICE
前のページへ戻る

PDF書類をさらに活用しやすく

電子文書を長期間保存可能 PDF/A

PDF/A-1bフォーマットをサポートしています。PDF/A-1bは、ISO規格(ISO19005-1)に基づく長期保存に適した電子文書フォーマットで、公文書の電子保存にも使用されています。

前のページへ戻る

ディスク容量を気にせず保存 高圧縮PDF

文字領域、画像領域を別々に処理し、圧縮率を高めた高圧縮PDFが作成可能です。(カラー/グレースキャン時のみ)

前のページへ戻る

用途に合わせてページを分割 PDFページ分割保存

複数ページの一括PDFファイルの作成の他に、指定したページ数ごとに分割してPDFファイルを作成することも可能です。

前のページへ戻る

書類のセキュリティーも確保 暗号化PDF

パスワード設定、編集/印刷の権限設定の登録が可能です。 (注)パスワードの変更および解除をする場合はAdobe社製Acrobat®5.0以降が必要です。

前のページへ戻る

PDF書類の全文検索が可能 検索可能PDF

全文検索可能な透明テキスト付きPDFを作成できます。

前のページへ戻る

商標について

(注) 本媒体上の他者商標の帰属先は、 商標について をご確認ください。

購入をご検討の方

FF/GTからはじまる製品

050-3155-8033042-589-5252 月曜日~土曜日(弊社指定休日を除く)

DS/ESからはじまる製品

050-3155-8100042-585-8444 月曜日~金曜日(祝日・弊社指定休日を除く)

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。