導入事例 株式会社ハイコム 様

株式会社ハイコム 様

屋外掲示物の内製作業効率化と
活用頻度の拡大

株式会社ハイコム 様(注)掲載画像は2021年11月時点のものになります。

導入製品:
耐水合成紙ロール EPTG42・EPTG36

株式会社ハイコム 様(注)掲載画像は2021年11月時点のものになります。

ハイコム様では、グループの通信事業として、熊本・大分・佐賀の県内で、ソフトバンクショップやauショップの運営を行っている。ショップ店内の広告やポスター、看板やイベントボードなどはこれまで、店内のA3複合機で出力したものにラミネートをかけてテープで貼り合わせて製作していたが、今回、エプソンの耐水合成紙とB0サイズ大判プリンターの組み合わせで対応することにより、ラミネート加工と貼り合わせ作業の手間と時間を削減。
見栄えの悪さの改善や耐久性の向上と共に、店内業務の効率化を実現した。

導入製品

EPTG42・EPTG36

ラミネートレスにより後加工なしで屋外掲示が可能

耐水合成紙ロール EPTG42・EPTG36



EPTG42 標準価格:25,700円(税別)

EPTG36 標準価格:22,000円(税別)

導入背景

A3複合機の出力をラミネート加工して貼り合わせて製作
加工にかかる手間や時間と見栄えの悪さが課題だった

A3複合機の出力をラミネート加工して貼り合わせて製作

「以前は、店内の広告やポスター、看板やイベントボードなどは、店舗にあるA3複合機で普通紙に印刷出力したものを、店内でラミネート加工し、それをテープでいくつも貼り合わせて製作しており、加工にかかる手間や時間と見栄えの悪さが大きな課題となっていました。
店舗には、バックヤードスペースが少なく、本来お客様と商談を行うスペースで作業を行っていたので、作業中のシーンをお客様に見られてしまったり、お客様が来られる度に中断して片付ける必要があり、作業もスムーズには進みませんでした。内製時にスペースが必要なため、お客様がいない閉店後に作業が発生する場合もありました。1枚の掲示を作成するのに工程ごとに作業要員4人は必要で、その人員確保も負担でした。また、ラミネート加工だと紙面が反射したり、テープで貼ったところがズレて見せたい情報が見づらかったり、耐久性が悪く、1週間でダメになって、作り直さなければならないこともありました。そこで、エプソンさんと相談して、エプソンの耐水合成紙とB0サイズ大判プリンターの組み合わせで対応し、製作作業の見直しによる作業改善を図りました。」

導入前の作業フロー・導入後の作業フロー

エプソンの耐水合成紙と大判プリンターを導入した理由

耐候性が高く、ラミネート加工なしでも屋外掲出が可能
高画質で発色が良く、ブランドカラーなどの再現性も良好

「エプソンの耐水合成紙で出力した印刷物は、擦過性や耐候性が高く、ラミネート加工なしでもそのまま屋内や屋外に掲出ができます。
画質についても、他の用紙と同様に高画質で発色が良く、携帯会社の企業ロゴやブランドカラーなどの再現性も良好です。
携帯ショップは外観での訴求に力を入れていますので、導入でカラーが鮮やかになり、外観で伝えられる情報量も増え、集客につながっています。また、当社の屋外ポスターの入り替えサイクルは約1か月間ですが、ラミネートだと耐久性が悪く、1週間でダメになって、作り直さなければならないこともありました。しかし、耐水合成紙を導入して、その心配もなくなりました。天候に関わらず、掲示期間は問題なく対応することができています。掲出した際も、貼り合わせの時に比べて見栄えが良くなり、大きな紙面で訴求力が向上しています。使用後の廃棄についても、スペース取らない状態にまとめられるのでとても楽になりました。導入後の店舗からの反響も非常に大きくうれしく思っています。」

使用状況の詳細とご感想

ラミネート加工や貼り合わせの手間や時間がなくなり、働き方改革に貢献。接客に集中できるようになり、POP類の掲載頻度も上がった

「導入後は全体の作業フローを見直し、本社に大判プリンターを設置。
店舗からのPowerPoint®やPDF、JPEGデータなどの出力オーダーをGoogle Formsで受付け、本部でサイズや色を微調整しながら印刷出力し、宅配便で店舗へ送付。店舗では、開梱後すぐに掲出作業に入ることができます。
店舗ではラミネート加工や貼り合わせの手間や時間がなくなり、現場の業務負担やストレスがなくなりました。その分接客に集中でき、手軽に作成できるようになったことから、POP類の掲出頻度も上がりました。
現在は、店舗からの依頼も多くなり、短納期のオーダーも増えてきたので、今後は、本部内に印刷専門部署を設けたり、大判プリンターを店舗に移したりして、さらに業務改善していきたいと考えています。」

店舗の窓に貼られた大判広告1カ月以上掲出する屋外ポール看板にも使用できる

店舗の窓に貼られた大判広告1カ月以上掲出する屋外ポール看板にも使用できる

イベント開催の屋外広告POPなどにも気兼ねなく使用できる

イベント開催の屋外広告POPなどにも気兼ねなく使用できる

貼り合わせがなく、細かい文字の視認性が良い広告

貼り合わせがなく、細かい文字の視認性が良い広告

(注)掲載画像は2022年4月時点のものになります。

1枚がB0サイズを基本に、最大4m×2mで印刷出力できるので、大きな広告でも貼り合わせの少ない見栄えの良い掲出が可能

1枚がB0サイズを基本に、最大4m×2mで印刷出力できるので、大きな広告でも貼り合わせの少ない見栄えの良い掲出が可能

お客様の評価ポイント

  • 屋外掲出でも、ラミネート加工の手間が不要
  • 大判印刷で、継ぎ目が少なくでき見栄えがきれい
  • 耐久性が高く頻繁な貼り替えが不要

営業推進部営業管理課 課長 森 大輔 氏  営業推進部人材育成課 係長 中村 文香 氏

(左)
営業推進部営業管理課 課長
森 大輔 氏

(右)
営業推進部人材育成課 係長
中村 文香 氏

会社概要

株式会社ハイコム 様

営業推進部営業管理課 課長 森 大輔 氏  営業推進部人材育成課 係長 中村 文香 氏

(左)
営業推進部営業管理課 課長 森 大輔 氏
(右)
営業推進部人材育成課 係長 中村 文香 氏

1990年に熊本市で不動産会社として創業。1996年の携帯ショップ業参入以降、事業分野を拡大し、現在、グループ会社7社と共に、通信事業、宅配水事業、不動産事業、ソリューション事業、ポスティング事業、コールセンター事業、高齢者福祉事業、マーケティング事業及び広告宣伝業などで商品・サービスを提供中。「顧客第一の社風を創造し、チャレンジします。」を経営理念に、チャレンジを続けながら、新たなビジネスを開拓し、社会への貢献を目指して活動を行っている。

  • 出力用途 : 携帯ショップの広告・ポスター、看板、イベントボード、社内コーポレートサインの印刷など
  • 利用ソフト : Excel®、Adobe® Illustrator®など

導入事例PDFダウンロード

導入事例は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード

(約6.49MB)

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただく為には、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックして、ダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Inc.の登録商標または商標です。

製品に関するお問い合わせ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

050-3155-8066

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日、弊社指定休日を除く)

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、
042-585-8444までおかけ直しください。

商標について

本媒体上の他者商標の帰属先は、 商標についてをご確認ください。