dreamio style 
プロジェクターでおうちの時間が大充実

  • ご購入はこちら
  • 仕事も趣味も

    仕事も趣味も

  • リモート会議も快適

    リモート会議も快適

  • 天井投写で寝室で大画面で楽しむ

    天井投写で寝室で大画面で楽しむ

  • 仕事も趣味も
  • リモート会議も快適
  • 天井投写で寝室で大画面で楽しむ

プロジェクターのある生活

もともと私は、テレビは持っていなかったので映像をタブレットやPCで見ていた。就職して3年、テレワークが増えてきたこともあり、サブモニターとして小型のプロジェクターを購入。これが大正解でした。画面が大きくフルHDだから、細かい文字も見やすくリモート会議も快適です。高音質スピーカー付きのモデルは大好きな映画やライブ映像も思う存分楽しめる。そうそう、上向きに置けるので、ベッドサイドに運んで映画を天井に投写、というのが最近のお気に入り。Bluetooth®ヘッドホンで深夜でも気がねなく楽しんでいます。

(注)EF-12を最初に使用するときにはWi-Fi®環境でAndroid TVの初期設定が必要です。

(注)全てのAndroid TV用のアプリが使用できるわけではありません。

(注)NetflixをEF-12で視聴する場合、別途再生機器が必要です。

この部屋のプロジェクター

EF-11

製品ページへ

EF-12

製品ページへ

小型で持ち運びも便利
小型で場所を取らないし持ち運びも便利、レザーのような質感でシンプルなデザイン
こだわりのFullHD高画質
1,000lmの明るさ3LCD方式を採用。レーザー光源だから点灯が早くすぐ使えてくっきり鮮やかな高画質映像が楽しめます。

プロジェクター配置・接続のワンポイント

設置・接続例(EF-11/EF-12)

接続例

接続図

接続図

広さ・部屋
・EF-11
約10畳/リビング
・EF-12(天井投写)
約7畳/寝室
・EF-12(正面投写)
約7畳/寝室
画面サイズ
・EF-11
60インチ
・EF-12(天井投写)
100インチ
・EF-12(正面投写)
100インチ
サウンド
内蔵スピーカー

使用機器

  • プロジェクター
設置のワンポイント
  1. プロジェクターは水平で安定した場所に置いて投写します。
  2. 投写面に対してプロジェクターを平行に設置します。
  3. 投写面に対して平行に設置できないときは台形補正機能を使って補正します。
  4. EF-12は自動設置調整機能がついているのでリモコンのボタンを押すだけでピントのずれと映像の歪みが自動的に補正されます。
  5. オプションのマウントプレート(型番:ELPMB65)を使って三脚やVESA規格対応の金具に取り付けることができます。
接続のワンポイント
  1. EF-12は最初に使うときにWi-Fi環境でAndroid TV™の初期設定が必要です。
  2. EF-12はAndroid TV™機能とヤマハ製の高音質スピーカーが内蔵されているので、これ一台で家じゅうどこでも簡単にホームシアターを実現できます。
  3. HDMIケーブルでスマホ、タブレット、PC、レコーダーなど様々な機器と接続が可能です。iOS機器を有線接続する場合、AVアダプタが必要です。