>ホームプリンター

>写真高画質プリンター

>ホームオフィスプリンター

>ビジネスプリンター

こんな人にぴったり!エコタンク方式のおすすめポイント

タイプ別にくわしく こんな人にぴったり!!エコタンク方式のおすすめポイントタイプ別にくわしく こんな人にぴったり!!エコタンク方式のおすすめポイント

あなたはどんな人?

タイプごとにわかりやすく
エコタンク方式のおすすめポイントをご紹介します!

インクのコストをもっと安くしたい人インクのコストをもっと安くしたい人インクのコストをもっと安くしたい人

CASE.1

30代 会社員の方の場合

最近は会社にて働き方改革が推進されており、ワークライフバランスの一環として自宅で仕事をする機会が増えました。
企画書等の資料確認は、画面で見るより印刷したほうが正確で早く確認できるのですが、ついついインク代が気になって印刷を控えてしまいます。

CASE.1CASE.1

CASE.2

40代 自営業の方の場合

主な印刷物は店頭装飾用のPOPと商品メニュー、お客様に配布するチラシです。
お客様の目に触れる印刷物なので、デザインや色合いを見ながら試行錯誤しています。
本当は毎日変えたいのですが、コストがかかるので、1週間に1回の変更としています。

CASE.2CASE.2

解決!

エコタンク方式なら低印刷コストで家計や経費も安心!

当社カートリッジ方式の
インクジェットプリンターと比べて、
印刷コストを90(注1)もカット!
家計や経費をケタ違いに
抑えることができます。

(注1)EW-M630TB/TWのA4カラー文書のコストをPX-M650Fと比較。

印刷コスト90%CUT(注1)印刷コスト90%CUT(注1)

たとえば!1か月で150枚印刷している場合、5年間の使用で
当社カートリッジ方式のインクジェットプリンターと比べて

138,560円47,580
と約9万円もお得に!

EW-M630TB/TWとPX-M650FとのA4カラー文書のコストと本体価格を比較。印刷コストはA4カラー文書にて算出。

(注)各価格については、エプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)掲載価格(税別)(2019年3月29日現在)をもとに算出。

インクの交換・購入回数を少なくしたい人インクの交換・購入回数を少なくしたい人インクの交換・購入回数を少なくしたい人

CASE.1

40代 主婦の方の場合

PTA活動の資料や、子どもの勉強用のドリルを印刷しています。
その他にも子どもと撮った写真を印刷したり、DVDのレーベルに印刷したりと、よく使っているのでインクが切れることが多いです。
インクを買いに行く時間がなかなかとれず、印刷したいものが印刷できなかったりします。

CASE.1CASE.1

CASE.2

50代 料理教室講師の方の場合

生徒の皆様に配る料理のレシピや実際に作った料理を撮影・印刷してアルバムにまとめ、プレゼントしたりしています。
一度の印刷枚数が多く、印刷中にインク交換の合図が出て印刷が止まってしまう事がよくあります。
そのたびにインク交換を行わなくてはならず、プリンターから目を離すことができません。

CASE.2CASE.2

解決!

エコタンク方式なら大容量インクだから交換の手間軽減

エコタンク方式なら1回のインク交換でA4カラー文書が約6,000ページ
印刷できます(注2)。エコタンク方式ではインク切れによるプリントの中断時間が少なくなるので、インクを買いに行く手間やストレスを解消します。

(注2)EW-M630TWにおいて

A4カラー文書6,000ページ印刷時に
必要なインク数量

大容量インクだから交換の手間軽減大容量インクだから交換の手間軽減

たとえば!A4カラー文書を6,000ページ印刷した場合、
当社カートリッジ方式のインクジェットプリンターと比べて

インク交換回数を22回1
と大幅に減らすことができます。(注3)

(注3)EW-M630TB/TWとPX-M650Fとの比較