スキャンして、自分に添付メール送信。

スキャンデータを認証ユーザー自身に送信

複合機で認証したユーザー自身のメールアドレスにスキャンデータを送信します。複合機でのスキャン設定が簡単になるだけでなく、他人への誤送信を防止するので、情報漏えいを抑制します。

スキャンデータを認証ユーザー自身に送信

定型スキャン

認証したユーザーや所属部門別に、定型的に使うスキャン設定をあらかじめ設定し、登録できます。
「手続き上必要なエビデンスをスキャンする」など、各部門で定型的にスキャニング業務がある時に、面倒な設定なしに、効率的にスキャナー活用ができます。