仕訳データや申告書作成で決算業務も効率化

仕訳データ作成・申告書作成

決算業務を効率化する仕訳データ作成・データ連携機能

部門・勘定・資産ごとに減価償却費の仕訳資料を作成。月次決算に欠かせない月次償却費の計算も可能です。さらに、「財務会計 R4シリーズ」をはじめ、現在お使いの他社会計システムや勘定科目体系を合わせれば、ファイル出力により、柔軟な会計データ連携が可能になります。

決算業務を効率化する仕訳データ作成・データ連携機能

法人税申告書の自動作成

法人税申告書は、別表十六(一)(二)(四)だけでなく、別表十六(七)の「少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例に関する明細書」や別表十六(八)の「一括償却資産の損金算入に関する明細書」の出力が可能です。別表四に転記する内容も一覧で確認できます。「法人税顧問 R4」へのデータ連動も可能です。

法人税申告書の自動作成

青色申告決算書(減価償却費計算書)の自動作成

個人の青色申告決算書・収支内訳書の減価償却費計算書は、資産登録時に選択した決算書種別ごとに、一般用・不動産所得用・農業所得用に分けて出力することができます。「所得税顧問 R4」「所得税顧問」へのデータ連携も可能です。

青色申告決算書(減価償却費計算書)の自動作成

固定資産税(償却資産申告書・種類別明細書)の電子申告

固定資産税(償却資産申告書・種類明細書)は、「電子申告 R4」に連動することで、ポータルセンターを経由して各地方公共団体に申告することができます。

固定資産税(償却資産申告書・種類別明細書)の電子申告

資産ラベルシール印刷対応

資産管理用に、資産コードや資産名、設置場所などの資産管理シールが手間なく、効率よく出力できる上、ラベルシールに比べて耐久性・視認性が格段にアップし、確実な現品管理が行えるようになります。

テプラ(注1)印刷

USB接続可能なテプラ(注1)で印刷が可能です。テープ幅は、用途や出力したい項目に合わせて、12mm・18mm・24mmの3種類から選べます。資産一覧・登録画面から、印刷したい資産を自由にピックアップし、出力する名称を変更することもできます。

テプララベルシール(12mm)

テプララベルシール(12mm)

テプララベルシール(24mm)

テプララベルシール(24mm)

テプラ印刷指定画面

テプラ印刷指定画面

(注1)
「テプラ」は株式会社キングジムの製品です。

テプラ対象機種

パソコンと接続して、資産ラベルシールを出力できるラベルプリンター。
資産ラベルシール以外にも、パソコンに内蔵された書体や編集機能で、よりオリジナル性の高いラベルを作ることも可能です。

【テプラ対象機種】

SPC10、またはSPC9(ver.3.61以上)が使用可能となる次の機種が対象となります。
SR970 / SR950 / SR930 / SR920 / SR750 / SR720 / SR550 / SR530 / SR520 / SR520X / SR5500P / SR5900P / SR3900P / SR3700P / SR3500P
(注)SPC10、またはSPC9(ver.3.61以上)が使用可能な機種の最新情報は、キングジム社のホームページ をご確認ください。

【テプラに関するお問い合わせ】

株式会社キングジム お客様相談室
[フリーダイヤル] 0120-79-8107
[受付時間] 9:00~17:30(土日祝日を除く)
URL:http://www.kingjim.co.jp/products/tepra/

業務に必要な最新情報を常に把握できるポータルメニュー「Eiボード」

業務に必要な情報を集約し、常に最新情報を提供する標準添付ソフト「Eiボード」

システム連動

ポータルメニュー「Eiボード」で、最新の税制改訂情報などの会計業務に必要な内容を、業務開始前にチェックすることができます。

業務メニュー