会計ソフト導入事例 西村麗王税理士事務所様

西村麗王税理士事務所様

経営支援を提案ツールで活用し収益アップ!!
事務所の収益構造を変える秘訣を大公開

導入製品

  • Weplat 経営支援サービス
  • Weplat 自動仕訳サービス
  • 財務顧問 R4 Professional
導入事例 西村麗王税理士事務所様

「迅速丁寧な対応」「専門家責任の貫徹」「低価格の実現」「組織の成長と防衛」といった経営理念のもと、身近な職業専門家として顧問先のあらゆるサポートに取り組んでいる。

導入事例のご紹介

顧問先の経営支援に取り組む理由

税理士 西村 麗王 氏

税理士
西村 麗王 氏

税理士には、「正しい税法の適用者タイプ」と「中小企業のコンサルタントタイプ」がいると思いますが、私は完全に後者だと思います。
中小企業の経営者は様々な困りごとを抱えてますが、その困りごと毎に相談する先が別々だと手間ですよね。このような課題を顧問税理士がワンストップで受けとめられれば喜んで頂けると思います。
税理士は顧問先の数字分析ができ、分析すれば見えてくるものがあるので、そこからいろいろ展開できると思います。たとえば、保険が必要であったり、金利の見直しが必要であったり、ヒトの採用をしたいので資金調達が必要だったり、、、そういった課題を業務提携している士業や金融機関、保険代理店とともに解決することで事務所の収益にも繋げております。
ですから、経営支援は事務所収益に繋がる切り口とも考えており、今回「Weplat 経営支援サービス」を様々なシーンで利用しております。

ワンタッチ・ワンペーパーで経営状況を俯瞰する

まず、「Weplat 経営支援サービス」で出力できる「定型レポート」は、毎月の試算表+αの付加価値資料として利用しています。
この「定型レポート」は「業界比較」ができるので顧問先社長の受けが本当に良いです。同業の社長同士、仲が良かったりするのですが、実際の数字までは会話しないようなので喜ばれますね。
他にも、いくつか客観的な分析ができる経営指標で重要なものが出力されますが、私は「労働分配率」や「限界利益率」「流動比率」などに絞って顧問先に伝えています。
変動損益計算書の構成図(ストラック図)は視覚的に使いやすい印象です。また「定型レポート」を出力する操作面では、ワンタッチでExcel® で出るのが良いですね。
Excel®なので感覚で使えますし、職員に頼めばすぐ出てきます。AIによるコメント自動生成機能もあるので使えるコメントは利用しています。さらに、成果物 として、A3ワンペーパーで経営状況を表せられるので、社長にも俯瞰して把握いただけます。

将来リスクの見える化で保険提案し、更なる信頼と収益を獲得!

事務所風景

つぎに、「Weplat 経営支援サービス」で簡単に作成できる「計画策定レポート」では、主に保険のご提案時に利用しています。
この「計画策定レポート」は、売上XX%アップあるいはダウンと入力すると、簡単に将来の利益や資金繰りがシミュレーションできます。
たとえば顧問先の社長に対して「社長が1ヶ月あるいは3か月、、、と入院した場合、売上がXX%減りますよね?そうすると利益やキャッシュがXX円マイナスになり必要になりますよ」ということを「計画策定レポート」でお伝えできるようになります。
そのうえで「会社を継続するためにはこれだけ資金が必要」ということを認識していただき、万が一に備えた保険のご提案に繋げております。
一般的に計画策定といえば、前向きな計画を立てて「これから頑張っていきましょう」となりますが、私はあえてマイナスのイメージを持ってもらい、リスクヘッジをしていくことで安心した経営をしていただきたい と考えております。
目に見える形でこのようなリスクヘッジの提案をすることで、顧問先との関係性がさらに強化されますし、結果として、代理店報酬も頂けるので事務所の収益増加にもつながります。
今の時代、十分な顧問報酬を頂きづらい時代ですので、確かな事務所収益 の一つとなっております。
「計画策定レポート」は他にも、融資獲得のための資金繰り資料や認定支援機関における早期経営改善計画、医療法人等の場合に必要になる予算書の作成など、活用できる範囲は多岐にわたりますが、財務R4から簡単に作れることがとても便利に感じています。

  • (注)Excel は、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本及びその他の国における登録商標または商標です。

経営支援に取り組むための時間をフィンテックで創出!更なる効果も実現!

当事務所では、お蔭様で顧問先が増えておりますが、一方で、顧問先の増加に伴い従来の記帳作業や確認作業の手間も増え、時間もパンパンな状態になります。ですが、「Weplat 自動仕訳サービス」の「金融連携機能」を活用することでこういった作業負担や時間の問題を解消できています。
さらに記帳作業が早くなるため、試算表を締めるのが早くなり、顧問先の経営状況も把握しやすくなるので、事務所のメリットは大きいです。顧問先の社長には「通帳コピーを取る手間が省ける」「入出金の状況がすぐわかる」というメリットをお伝えしたうえで「金融連携」の話をすると、ほとんどが「いいですね」という反応でご協力いただけます。
また、金融連携をするということは、顧問先の資金調達先である取引銀行と当事務所の基幹システムを繋ぐため「最後まで面倒見てくださいね」という信頼関係の強化にも繋がります。もともと顧客満足を最も重要視して事務所経営してきていましたので、グリップ力に関してはそこまで意識していませんでしたが、実はそんな効果もあるようです。

今後の事務所の取り組みとIT活用について

今後は、拠点を増やして拡大し、更に顧客満足になるようなサービスを提供していきたいです。また、事務所の働き方改革にも積極的に取り組んでいきたいです。
今取り組んでいるのは、VPN回線を使い、インターネット環境があればいつでもどこでも仕事ができる環境を整備したり、所内ではフリーアドレスにしたりと、働きやすいように工夫しています。資料の持ち出し規定等を整備し、会計担当者などは出勤回数が少ない職員もいます。こういった取り組みを実現するためには、ITの更なる活用が必要になってきますが、エプソンさんが提供されている「ウェプラット・クラウドサービス」の各種サービスは、費用的にも一番良いと思っているので、積極的に活用しています。活用をすることで事務所としては、色々なサービスを色々な働き方で実現ができる懐の深い組織ができると考えています。

今後の事務所の取り組みとIT活用について 今後の事務所の取り組みとIT活用について
定型レポート
  • グラフ・表・コメント候補を財務データから自動生成。
  • コメント欄には、グラフ・表に対する候補から必要なものを選択するだけで完成。
  • Excel®の形式のレポートは、独自の帳票が簡単作成。
  • 業界比較では、日本政策金融公庫総合研究所「小企業の経営指標調査」との比較も可能です。
自由レポート
  • データの絞り込み・深堀りが可能な様式のExcel®のファイルを財務データから自動生成します。
  • Excel®の形式のため操作が容易でデータの任意加工も可能です。
定型レポート
  • 経営者が重視したいパラメータを反映した12ヶ月~36ヶ月の利益計画と資金計画を立てることができるExcel®のファイルを財務データから自動生成します。
  • レポートはExcel®の形式のため、操作が容易です。
  • 実績反映も簡単にでき、計画の定期的な検証を行えます。

導入会社様のご紹介

導入会社様のご紹介

会社プロフィール
「迅速丁寧な対応」「専門家責任の貫徹」「低価格の実現」「組織の成長と防衛」といった経営理念のもと、身近な職業専門家として顧問先のあらゆるサポートに取り組んでいる。

  • 設立:2011年2月24日
  • 代表者:西村 麗王
  • 従業員数:8名
  • 事務所:京都府京都市下京区住吉町50 井筒左女牛ビル1F
  • URL:http://tax-co.jp

導入事例PDFダウンロード

導入事例は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード

(約1.62MB)
2019年2月7日現在

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただく為には、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックして、ダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合わせ・資料請求

会計ソフトインフォメーションセンター

050-3155-8170

<受付>月~金曜日(祝日・弊社指定休日を除く)

  • *上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
  • *上記電話番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本・西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-511-0855までおかけ直しください。