高複写能力でカーボン紙や感圧紙に対応

ロール紙部分は双方向ロジカルシーキング制御により2.9行/秒の高速印字を実現。スリップ部はオリジナル+4枚の複写も可能です。

業務に合わせて柔軟な設定で対応

微小な紙送りが可能。レシート部はオートカッター採用

コマンドにより1/144インチ単位での紙送り設定が可能。またオートカッターは1点または3点切残しを選択可能です。

便利なニアエンド検出器とスリップ排出検出器搭載

レシート側とジャーナル側のロール紙供給装置にニアエンド検出器を搭載。ロール紙の巻径が小さくなった状態を検出しお知らせします。スリップ部ではスリップ排出検出器がスリップ紙が取り除かれるまでは次の動作を行わない機能を搭載しています。

受信バッファが選択可能

2Kバイトと32バイトの受信バッファが選択できます。

プリンターとPOS特有の周辺機器制御をサポートするドライバー

PCアプリケーション開発向け(Windows®

PCアプリケーション開発向け(Windows® )各種ドライバー

EPSON OPOS ADK(OLE版)

  • OCXコントロールを利用してPOS周辺機器を制御するシステムを効率よく開発することができます。OPOS技術協議会から発行された仕様を用いたドライバーです。周辺機器が変更になった場合でも、SO(Service Object)部分を変更するだけで、アプリケーション部分を大きく変更する必要がありません。プリンター、キャッシュドロアー、カスタマーディスプレイのほかにも豊富なPOS周辺機器の制御をサポートしています。
    標準でデバイスフォントを使用して印刷することができます。

  • 機器の設定 画面

    機器の設定 画面

ダウンロードはこちら

詳細はこちら

EPSON OPOS ADK for .NET(.NET版)

  • .NET Frameworkを利用してPOS周辺機器を制御します。

  • 機器の設定 画面

    機器の設定 画面

ダウンロードはこちら

詳細はこちら

WS-POS(Web Services for Point of Service)

ARTSの標準規格WS-POS1.2のサービスを使用したPOSアプリケーションを開発することができます。WS-POS1.2のサービスは、UPOSドライバー(OPOS ADK for .NET)がインストールされた環境で動作します。WS-POS1.2サービスの技術資料と参照実装コードはARTSから提供されています。

(注)弊社のサポート対象は、EPSON OPOS ADK for .NET(.NET版)で動作する周辺機器のみになりますのでご了承ください。

ダウンロードはこちら

詳細はこちら

EPSON Advanced Printer Driver

  • Windows® 用プリンタードライバーに加えPOS特有の周辺機器(キャッシュドロアー・カスタマーディスプレイ等)の制御をサポート。ハードウェアの状態を監視するステータスAPI機能(エプソン独自提供DLL)も用意しています。
    各種コマンドリファレンスの他、豊富なサンプルプログラムによりアプリケーション開発を強力にサポートします。

  • 印刷・周辺機器設定画面

    印刷・周辺機器設定画面

ダウンロードはこちら

詳細はこちら

TM-U950ページに記載の登録商標について

(注)Windowsは、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

  • インテリジェントモデル
  • モバイルモデル
  • スタンダードモデル
  • スタンダードモデル対応(複写紙対応)