PrecisionCore TFP プリントヘッドが、高画質×生産性を実現

高画質・高生産性を高いレベルで両立

高密度ヘッド「PrecisionCore TFP プリントヘッド」採用による印刷速度そのものを高速化。
「PrecisionCore TFP プリントヘッド」の真円のノズル、高密度ノズル、正確なドットにより、生産効率よく高画質プリントを実現します。

■PrecisionCoreとは

PrecisionCore テクノロジーは、オフィス分野から大容量・高速印刷が必要とされる商業・産業分野まで、さまざまな用途において、より高速で、より高画質な印刷を実現します。

詳しくはこちら

PrecisionCore

2つのヘッドで、高い生産性を

PrecisionCore TFP プリントヘッド2基をスタッガー配置。高画質でありながら、ワイドバンドによる高速印刷を可能にしています。

(注1) GS6000(2010年)との比較

2つのヘッドで、高い生産性を

連続印刷のタイムラグを軽減。

UltraChrome GS3 インクは、高い乾燥性を実現。巻取りまでの乾燥を早め、高速印刷を実現することでビジネスの効率を大幅に高めます。

自動メディア調整機能搭載で、メディア登録の時間と手間を改善

新規にメディアをプリンターに登録する際、簡単なパネル操作で「紙送り調整」「Bi-D(双方向)調整」「ヘッド間調整」をすべて自動で行い、メディア登録の手間を省きます。

(注) キャンバス、ファブリック、黒い色のメディア、透明メディアは非対応となります。

用紙ジャッキアップレバー

用紙ジャッキアップレバー
用紙ジャッキアップレバーを持ち上げることで
用紙の取付けが容易に

重量物である用紙交換の負荷軽減のため、ジャッキアップ方式によるメディア交換を実現。同時に段取り工程の短時間化によるトータルな生産性改善に寄与します。

業務効率を上げるフロントオペレーション

日常的に行う操作を本体前面右側に集約したフロントオペレーションを実現。また、コントロールパネルにはカラーLCDを採用しインク残量が一目で分かるなど、業務効率アップに貢献します。

業務効率を上げるフロントオペレーション

大容量インクカートリッジで連続稼働

大容量インクカートリッジで連続稼働

大容量700mlインクカートリッジを採用。連続稼働に配慮しました。大量印刷や長尺印刷、夜間運転などでもダウンタイムを最小限にします。