特色・高色域が求められるプルーフ業務に高度な色再現力で応える。

UltraChrome HDXインクテクノロジー搭載

SC-P9050V色再現領域(プロフェショナルフォトペーパー厚手光沢)網掛け部分:従来機PX-H10000からの色再現拡張領域

コーポレートカラーやパッケージデザイン等、色再現に拘る高画質ポスターや多色/特色を必要とするプルーフ用途には、オレンジ、グリーンインクを搭載した10色機のご利用をお勧めします。明るく鮮やかなグリーンからイエローの色域と、イエローからレッドの色域の拡大を実現。さらにバイオレットを搭載したモデル「SC-P9050V」をラインアップ。バイオレットモデルは、従来機に比べ青、紫方向の色域が劇的に拡大しています。

SC-P9050Vインクセット

SC-P9050Vインクセット

SC-P9050Gインクセット

SC-P9050Gインクセット

UltraChrome HDXインクテクノロジーについて詳しくはこちら

SC-P9050V/SC-P9050G インクセットパターン

写真に最適なフォトブラックと、マット系用紙に最適なマットブラックを同時搭載しています。

SC-P9050V

切換インク 固定インク
マットブラック フォトブラック グレー バイオレット シアン ライトシアン ビビッドマゼンタ ビビッドライトマゼンタ イエロー オレンジ グリーン

SC-P9050G

切換インク 固定インク
マットブラック フォトブラック グレー ライトグレー シアン ライトシアン ビビッドマゼンタ ビビッドライトマゼンタ イエロー オレンジ グリーン

新ブラックインクによる諧調性や黒濃度の向上

新ブラックインクは顔料粒子の色材配合が従来機種比約1.5倍(注1)。従来のPX-K3インクに比べ用紙の表面付近に定着しやすく(注2)、ダイナミックレンジも拡大。さらに重厚感のある「黒」の表現が可能になりました。エプソン純正用紙はもちろん、幅広いメディアに対応し表現の自由度が広がります。

新フォトブラックインクによる諧調性や黒濃度の向上

(注1) フォトブラック
(注2) マットブラック

広色域に求められるプルーフに対応

紙器パッケージ

特色が求められるパッケージプルーフに

PANTONE® カラー99%カバー

PANTONE® ロゴ

SC-P9050Vは国際的な標準指定色であるPANTONE®カラーチャートにおいては、99%のカバー率を達成。高い再現率の検証結果から、米国パントン社(Pantone LLC)より、その色再現性はPANTONE®カラー準拠であるとの認証が与えられています。

(注) PANTONE FORMULA GUIDE Solid coatedに対する、エプソンプリンタードライバー使用 エプソンプルーフィングペーパーホワイトセミマット(2880×1440dpi、色補正なし)での出力時の包含率。また、使用される3rd Party RIPなどによっては実際の結果と異なる場合がございます。
(注) SC-P9050Gは98%のカバー率を達成し認証を得ています。

特色対応、擬似網点対応

特色対応、擬似網点対応

多品種小ロット化が進む紙器パッケージの制作において、印刷本機または平台校正機で行われていた紙器パッケージの色校正(プルーフ)作業を大判インクジェットプリンターでデジタル化することで、大幅なコストダウンと短納期化を実現します。
市販のRIPシステムとの組み合わせで、疑似網点の再現にも対応。色校正だけでなく版の色ズレ(トラッピング)確認などの検版用途にもご利用いただけます。

商業印刷プルーフ

オフセット4色印刷プルーフはもちろん広色域プルーフにも対応

濃淡ムラ・面内色差の改善による色安定性

紙送り機構の改良により、高速モードでのプリント品質が向上。インク着弾精度、紙送り精度向上等により、印刷市場で主流の印刷本紙ベースのインクジェットプルーフ紙に対しても高品質なプリント出力を提供します。

濃淡ムラ・面内色差の改善による色安定性

(注) イメージ図です。

10色インクに最適化された新LCCS技術

10色インクに最適化された新LCCS技術

インクの色が増えると、一つの色をプリントするための組み合わせは、膨大な数になります。その中から、最適なインクの配分を選ぶために、新開発のLCCS(Logical Color Conversion System:論理的色変換システム)による新たなLUTを生成しました。新LCCS技術により、より細やかな階調表現、光源依存性(カラーインコンスタンシー)、粒状性の低減、色再現性に優れ、正確なカラーバランスを維持します。

(注) LUTとはLook Up Tableの略で、RGBデータを表現する時、どの色のインクをどれだけの量で表現するかを決めるテーブルです。

光源依存性(カラーインコンスタンシー)の低減

光源依存性(カラーインコンスタンシー)の低減

光源依存性(カラーインコンスタンシー)を低減し、異なった環境下(注1)でも安定した色を保ち、常に高品位な出力を可能にします。

(注1)D50光源に対するA光源/F11光源での測定結果となります。