選び方を変えるチャンスです!

その1 圧倒的な低印刷コスト

エコタンク搭載モデル(EW-M670FT/FTW)で、印刷コスト 約90%(注3)カット

その2 トータルコストも圧倒的にお得!!

5年間の使用で約12万円(注4)もお得!!今お使いのレーザープリンター(注)をエコタンク搭載モデルのEW-M670FT/FTWに買い替えれば、全てカラープリントで印刷しても、トータルコストを大幅に軽減できます!! (注)当社ページプリンター LP-M620F

そこに気づけば、インクジェット。
大容量インクモデルのおすすめ機種はこちら!

とにかく低印刷コストにこだわりたい方/高い生産性と全色顔料インクの高画質にこだわりたい方
性能を
チェック
エコタンク搭載モデル
ビジネスインクジェットプリンター
ビジネスインクジェットLモデル
A4カラー複合機 EW-M670FT/FTW A4カラー複合機 PX-M884F A4カラー複合機 PX-M886FL
高画質
「くっきりブラック」
顔料インクで文字がキレイ
全色顔料インク 鮮明なビジネス文書印刷を実現
低印刷
コスト
1枚あたりの印刷コスト(注2)
A4モノクロ文書
A4カラー文書
0.4円(税別)
0.9円(税別)
1枚あたりの印刷コスト(注2)
A4モノクロ文書
A4カラー文書
1.8円(税別)
6.1円(税別)
1枚あたりの印刷コスト(注2)
A4モノクロ文書
A4カラー文書
0.8円(税別)
2.0円(税別)
生産性
印刷スピード(注5)
モノクロ
カラー
15ipm
8ipm
耐久枚数
(注6)
5万ページ
印刷スピード(注5)
モノクロ
カラー
24ipm
24ipm
耐久枚数
(注6)
15万ページ
手間軽減
一回のインク交換で
印刷できる枚数
(A4カラー文書)
計4本
各色ボトル1本ずつ
ブラックインク
7,500ページ
プリント可能
カラーインク
6,000ページ
プリント可能
一回のインク交換で印刷できる枚数
(A4カラー文書)
計4本
各色ボトル1本ずつ
ブラックインク
10,000ページ プリント可能
カラーインク
5,000ページ プリント可能
低環境負荷
消費電力量(TEC値)(注7) 0.2kwh
さらに!!本体同梱インクを使い終わってもお得!!
  • (注1) 従来品。(2011年10月発売)
  • (注2) LP-M620Fの印刷コストは、消耗品の印刷可能ページ数から算出。LP-M620Fの消耗品価格については標準価格(税別)をもとに算出。
    EW-M670FT/FTWの算出条件および算出方法についてはこちら、PX-M884F、PX-M886FLの算出条件および算出方法についてはico_popこちらをご覧ください。消耗品価格については、エプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)をもとに算出。(2018年8月30日現在)
  • (注3) 「EW-M670FT/FTW」のA4文書のコストを、「LP-M620F」と比較した場合。
  • (注4) 当社EW-M670FT/FTWの本体価格と印刷枚数に係るインクコストの合計値をトータルコストの推移として算出。
    当社LP-M620F(注1)は印刷枚数に係る消耗品コストを推移として算出、その差額を示したものです。
    EW-M670FT/FTWの1枚当たりの印刷コストの測定データおよび測定条件、消耗品価格についてはこちら
    EW-M670FT/FTWの本体価格についてはエプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)をもとに算出。(2018年8月30日現在)
    エプソンダイレクトショップの販売価格はコスト算出のための参考価格として引用したものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。
    LP-M620Fの消耗品価格については標準価格(税別)をもとに算出。LP-M620F(注1)は印刷比率:カラー20%にて算出。
  • (注5) EW-M670FT/FTWの算出条件および算出方法についてはこちらをご覧ください。
    PX-M884F、PX-M886FLの算出条件および算出方法についてはico_popこちらをご覧ください。
  • (注6) 耐久枚数に記載したページ数もしくは5年のいずれか早く達した場合に寿命になります。
  • (注7) 国際エネルギースタープログラム測定方法のTEC基準に基づき、エプソン独自で算出。

製品ラインアップから探す

A3ノビカラーモデル

A4カラーモデル

A4モノクロモデル

Pick Up おすすめ情報