資料も提案書も、高画質でプリント

OA用途に適した画質を実現するAAM(Advanced Amplitude Modulation)スクリーン

入力画像を規則的なセルで分割し、セル内の階調重心位置に網点を生成するエプソン独自のハードウェア技術「AAM(Advanced Amplitude Modulation)スクリーン」を採用。文字・グラフィック両方に適したスクリーン処理により、画像の階調や線画の表現に加え、カラーデータを印刷した時の色文字の再現も向上しました。

従来スクリーンに比べ、文字の再現性がアップ

従来スクリーンに比べ、ナイフのエッジを滑らかに再現

文字や曲線をくっきりなめらかに再現する「RIT」(注1)

「RIT」OFF時 → 「RIT」ON時

エプソン独自の"RIT(Resolution Improvement Technology)"により、走査線方向・紙送り方向の解像度を高精度でコントロール。高精細印刷を実現しました。つぶれがちな小さな文字や、ギザギザが出やすい拡大文字、CAD図面・地図などの細かい曲線も、ディテールまでも鮮明に表現します。

(注1)RIT=Resolution Improvement Technology

プリンタードライバーに「バーコードモード」を搭載

プリンタードライバーに、高品質なバーコード出力を実現する「バーコードモード」を搭載。GS1-128標準料金代理収納ガイドラインの出力に対応しています。さらに、バーコードの印字品質を変更できるよう2つの設定モードを搭載しました。用紙やアプリなどの印刷環境によって、バーコードの印刷品質が変わってしまう場合でも、細かなモード切替での印刷が可能です。

(注) トナーの濃度や紙質、お使いのアプリケーションソフトによっては、印刷されたバーコードが読み取り機で読み取れないことがあります。お使いの読み取り機で認識テストをしてからご利用いただくことをおすすめします。
(注) Windows® ドライバーのみ対応。[モード1][モード2]から選択。[モード2]選択時は、より精細に印刷するため、印刷速度が低下します。

プリンタードライバーに「バーコードモード」を搭載

カラーデータをモノクロでも見やすく処理して出力

カラーデータをモノクロで印刷すると、文字やグラフが見にくくなってしまうことがありますが、「モノクロ視認性向上機能」を使えば、モノクロ印刷の視認性を高めることができます。例えば、黄色などモノクロで出力すると薄く見にくくなってしまう色文字もくっきりと印刷。また、色分けされた棒グラフなどもそれぞれのカラーをパターンに変換することで、はっきりとわかりやすく印刷できます。

対象OS
Windows® のみ。Mac OSは非対応。
対象アプリ
Microsoft® Word、Excel®、PowerPoint®

色文字の文章

色文字の文章:モノクロ印刷時、「モノクロ視認性向上機能」使用時、「モノクロ視認性向上機能」使用時(強調)の例

色分けされたグラフ

色分けされたグラフ:モノクロ印刷時、「モノクロ視認性向上機能」使用時、「モノクロ視認性向上機能」使用時(強調)の例

1,200dpiの高解像度出力を実現

1,200dpiの高精細出力により、小さな文字や細い図面、バーコードなどを鮮明かつシャープに印刷できます。さらにエプソン独自の解像度補正機能を搭載。紙送り方向の解像度を上げるRIT、階調表現力を高めるPIGにより、600dpi時でも、2,400dpi相当の精緻な出力が可能です。プレゼンテーション資料などの説得力がさらに向上します。


  • エプソンのスマートチャージ対応モデル
  • A3複合機
  • A4複合機
  • A3プリンター
  • A4プリンター
  • モバイルプリンター