ファクス機能対応一覧(A4複合機)

■基本性能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/
PX-M780F/
PX-M680F
PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
対応回線 回線タイプ選択(PSTN/PBX) 一般加入電話回線(PSTN)、構内交換機(PBX)を使用した環境で利用できます。 PSTN/PBX PSTN/PBX PSTN/PBX PSTN/PBX PSTN/PBX PSTN/PBX PSTN/PBX
画質調整 原稿種類 送信原稿を「文字」、「文字・写真」、「写真」から選択することができます。これにより選択した原稿種類に適した画質で原稿の読み取りを行うことができます。 ×
(PX-M781Fのみ)
× × ×
濃度 送信する文書の濃度を設定します。-(マイナス)で薄く、+(プラス)で濃くなります。
背景除去 背景の明るさを選択します。+(プラス)にすると背景が明るくなり、-(プラス)にすると暗くなります。[自動]にすると、原稿の紙の色(背景色)を検知して背景を除去または薄くします。 × ×
シャープネス 読み易い原稿に調整します。ぼやけた文字や画像の輪郭をくっきりさせたい場合は+(プラス)に、写真や下地のある原稿などをきれいにしたい場合は-(マイナス)に調整します。 ×
(PX-M781Fのみ)
× ×
画像メモリー 蓄積枚数 A4標準チャートを標準画質で蓄積可能な枚数(11KB/枚にて算出) 550枚 550枚 550枚 180枚 100枚 100枚 180枚
メモリーバックアップ 送受信データを不揮発性メモリーに記憶して、停電等で電源が切れた場合でもデータを保持します。

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■ダイヤル機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
アドレス帳 アドレス帳に登録して使うと、宛先入力が簡単にできるようになります。
(グループと
合計で
2,000件)

(グループと
合計で
200件)

(グループと
合計で
200件)

(グループと
合計で
100件)

(グループと
合計で
60件)

(グループと
合計で
100件)

(グループと
合計で
100件)
ワンタッチダイヤル 頻繁に使用する宛先は、アドレス帳の1~10に登録すればワンタッチボタンから呼び出せます。 ×
(5×2番号)
× × × × ×
クイックダイヤル アドレス帳の登録番号で宛先を選択できます。 × × × × ×
常用登録 頻繁に使用する宛先は、常用登録するとファクス画面トップの「常用タブ」に表示できます。 ×
(PX-M781Fのみ)
× × ×
グループ登録 宛先をグループ登録すると、複数の宛先に同時にファクス送信ができます。
(**件)は、1つのグループにで登録できる宛先数です。

(200件)

(199件)

(199件)

(99件)

(30件)

(99件)

(99件)
自動
リダイヤル
ファクスの送信時に、相手先が話し中などでつながらないときは自動でリダイヤルします。リダイヤル回数、リダイヤル間隔は変更できます。
(リダイヤル回数、リダイヤル間隔固定)

(リダイヤル回数、リダイヤル間隔固定)

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■送信機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
見てから
ファクス送信

ファクス送信前にプレビュー画面で送信内容を確認できます。

(注) モノクロ送信のみ対応

送信予約 電話回線が使用中(通話やファクスの動作中)でも、次の送信データを事前に読み取り、宛先を入力しておくことができます。 × × × ×
時刻指定送信 指定した時刻にモノクロ文書を送信します。指定時刻にプリンターの電源が入っていないときは、電源を入れた時点で送信が開始されます。
手動送信 ファクスを送信する前に通話したいときや、相手先が自動でファクスに切り換わらないときに外付け電話機を使って送信します。
ポーリング送信 ポーリング送信用にファクス文書を蓄積して、ポーリング機能のある他のファクス機の操作で蓄積ファクスを送信できます。蓄積文書は1ファイル100ページまでのモノクロのみ可能です。 × × × ×
バッチ送信 同じ宛先に送信する複数の予約文書を、最大5文書、100ページまで自動で1通信にまとめて送信できます。通信回数を減らせるため通信費が削減できます。 × × × ×
回転送信 A4縦置き原稿を回転させてA4文書として送信します。相手先でA3用紙にA4サイズで印刷されたり、A4用紙にA5サイズで印刷されるなどのトラブルを防ぎます。(ADFに原稿をセットしたときのみ有効) × × × × × × ×
ダイレクト送信 大量ページのモノクロ原稿を送信できます。モノクロ原稿は通常メモリーに一度保存してから送信するため、大量のページをファクスするときにプリンターのメモリーが不足して送信できないことがあります。ダイレクト送信にすると回避できる場合があります。
クイックメモリー送信 ファクス送信の際に、1ページ目の原稿のスキャンが完了した時点でファクスの送信を開始します。全ページの蓄積を待たずに送信開始するので送信時間の短縮につながります。 × × × × × ×
優先送信 送信待ち原稿があるときでも、急ぎの原稿を優先して送信することができます。ただし、ダイレクト送信や手動送信、カラーファクス送信、PCファクス送信より優先することはできません。 × × × ×
順時同報送信 1回の操作で同じ原稿を複数の宛先へファクス送信することができます。
(200件)

(200件)

(200件)

(100件)

(30件)

(100件)

(100件)
ADFからの
原稿サイズ混載送信
ADFから異なるサイズの原稿を一つの文書として送信することができます。(同系サイズ送信のみ A3/A4R, B4/B5R, A4/A5R) × × × × × × ×
PCファクス送信 PCに「FAX Utility」をインストールすると、PCファクスドライバーを使ってPCからファクス送信できます。「PCファクスドライバー」はアプリケーションソフトで作成した文書などのデータをPCからそのままファクス送信するソフトウェアです。
待機文書蓄積 宛先を指定しないで送信文書を蓄積できます。定型文などの同じ文書を繰り返し送信したいときに、送信文書を蓄積しておくと便利です。蓄積文書は1ファイル100ページまでのモノクロのみ可能です。
(10件)

(1件)

(10件)
× × × ×
送信失敗文書保存 送信できなかった文書を本体のメモリーに保存し、後で再送信することができます。 × × × ×
他動作中の
ファクス送信
コピー、スキャナー等、他の機能の動作中にもファクスが送信できます。 × × × ×
AirPrint送信機能 AirPrint経由でファクス送信ができます。
AirPrint1.8

AirPrint1.4

AirPrint1.6
×
AirPrint1.4

AirPrint1.7

AirPrint1.7
バックアップ送信設定 ファクス送信をしたときに、自動的に送信画像をメモリー宛先/フォルダー宛先に転送できます。ファクス送信した画像を保存しておきたい場合に使用します。 × × × × ×

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■受信機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
ファクス/電話自動切替受信(ファクス優先の自動切替) 着信時にファクス受信または音声通話なのかをプリンターで自動で判断します。相手がファクスの場合は自動で受信を開始し、音声通話の場合は外付け電話機を鳴らします。1つの電話回線しかないが、ファクスも電話も使用したい方で、ファクス受信が多い方に便利です。
設定方法:受信モード=ファクス/電話自動切替、呼び出し回数=0回、電話呼び出し回数=8回
ファクス/電話自動切替受信(電話優先の自動切替) 着信時には電話機が鳴ります。電話に出て相手が音声通話だと、そのまま通話します。相手がファクスだと、暫く待つとファクス受信が始まりますので受話器を戻します。電話に出ないと、ファクスが自動応答して、相手がファクスだとファクス受信します。1つの電話回線しかないが、ファクスも電話も使いたい方で、電話が多い方に便利です。
設定方法:受信モード=自動、呼び出し回数=8回、電話呼び出し回数=(無効)
自動受信 プリンターだけで受信します。自動受信はファクス専用でご使用になる方にお勧めです。設定した回数着信音が鳴り終わると、自動的にファクス受信を開始します。
設定方法:受信モード=自動、呼び出し回数=1回、電話呼び出し回数=(無効)
手動受信 外付け電話機で受けてから受信します。ファクス利用が少ない方や一度電話に出てから受信したい方にお勧めです。外付け電話機で電話を受けてからプリンター操作で受信を開始します。
設定方法:受信モード=手動、呼び出し回数=(無効)、電話呼び出し回数=(無効)
留守番電話機接続対応 電話着信した時、外付け電話で留守番電話を設定していた場合留守番電話が応答します。
設定方法:受信モード=自動、呼び出し回数=8回、電話呼び出し回数=(無効)
見てからファクス印刷(受信ボックス) 受信したファクスを印刷しなくてもプリンターの画面で内容が確認できます。画面で確認時に印刷や削除ができます。
ナンバーディスプレイ対応 NTTのナンバーディスプレイサービスに対応の発信者番号を表示することができます。
(注)別途、ナンバーディスプレイ回線の契約が必要になります。
受信履歴表示 ナンバーディスプレイで取得した電話番号の履歴を表示することができます。
(注)別途、ナンバーディスプレイ回線の契約が必要になります。
ポーリング受信 相手先のファクス機にダイヤルして、蓄積されたポーリング用文書を受信します。ファクス情報サービスなどから情報を受け取る時に便利です。
リモート受信 リモート受信を設定しておくと、装置のパネル操作をすることなく、外付電話機の操作だけでファクス受信できます。
PCファクス受信(PCに保存) 受信文書をPCに保存することができます。
(注)予め「FAX Utility」で設定が必要になります。
(注)PCに保存された受信文書はプリンターから削除されます。
自動縮小印刷 受信文書のサイズが用紙サイズより大きい時に、縮小印刷することができます。
(注)データによっては縮小できないことがあります。
自動回転印刷 給紙装置設定が[A3]と[A4]、[B4]と[B5]、[A4]と[A5]に設定されているときに、A5またはB5/A4(対象機種のみ)の文書を受信すると、自動で回転させて最適なサイズの用紙に印刷します。
(注)初期値は「オン」です。

(A5対応)

(A5対応)

(A5対応)

(A5対応)

(A5対応)

(A5対応)

(A5対応)
両面印刷 受信したファクスを両面に印刷することができます。 × ×
代行印刷 受信文書を受信サイズより小さいサイズの用紙に印刷させたいときに使用します。
例1:A4用紙しかセットしていないが、A3/B4受信文書を縮小せずに分割印刷したい場合(A3機のみ)。
例2:A4用紙が無くなったときに、受信文書をA5/B5に分割/縮小印刷したい場合。
× × × × ×
正順出力 複数ページの受信文書を正順で出力できます。
(注)メモリーの空き容量が少ないときは正順出力されないことがあります。
(注)初期値は「オン」です。
夜間印刷停止 騒音防止のため、受信文書の印刷禁止期間(開始時刻、終了時刻)を設定することができます。
(注)初期値は「オフ」です。
迷惑ファクス防止 交換機から送られてくる発信元番号通知情報ナンバーディスプレイにて発信元を特定し、着信を拒否することができます(発信側は話し中になる)。発信側ファクスから送られてくる発信元番号の情報にて発信元を特定し、受信を拒否することができます(発信側は通信エラーになる)。 × ×

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■転送・保存機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
ファクスtoファクス機能 受信文書を他のファクスへ転送することができます。
(注)転送した受信文書は、プリンターから削除されます。
(注)カラー文書は転送できません。
× × × ×
ファクスtoメール機能 受信文書をPDFに変換してからEメールアドレスへ転送することができます。
(注)転送した受信文書は、プリンターから削除されます。
× × × ×
ファクスtoフォルダー機能 受信文書をPDFに変換してからサーバー上のフォルダーへ転送することができます。
(注)転送した受信文書は、プリンターから削除されます。
× × × ×
ファクスto外部メモリー 受信文書をPDFに変換してから外部メモリーに保存することができます。
(注)保存した受信文書は、プリンターから削除されます。
× × ×
条件付き転送・保存機能
(受信文書の振り分け機能)
受信文書を相手電話番号/ファクスID/Fコードで条件付けして、ファクスtoファクス/メール/フォルダー転送・外部メモリー保存することができます。
(注)転送・保存した受信文書は、プリンターから削除されます。
× × × × ×

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■表示機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
ジョブ確認 待機中のジョブの宛先情報、ページ数などをリスト表示できます。指定してキャンセル、削除、再送信することができます。 × × × ×
通信待機キャンセルジョブ 通信待機ジョブ表示をしたうえで、待機中のジョブをキャンセルできます。 × × × ×

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■レポート機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
通信管理レポート自動印刷 通信管理レポートを自動的に印刷してくれます。(30件)
(注)初期値は「オフ」です。
通信結果レポート自動印刷 通信結果レポートを出力することができます。
(注)初期値は「エラーのみ印刷」です。
転送結果レポート自動印刷 転送結果レポートを出力することができます。
(注)初期値は「エラーのみ印刷」です。
× × × ×
結果レポート内画像添付 結果レポートに、文書の画像の1ページ目を添付できます。
(注)初期値は「オフ」です。
蓄積文書リスト 蓄積文書の状態をリストで出力することができます。 × × × ×
レポート出力先設定 レポートを紙への出力だけでなく、外部メモリー保存、フォルダー/メール転送に設定できます。 × × × × ×

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■電話機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
オンフック
ダイヤル
ハンドセット/外付け電話機をオンフックしたまま、パネル操作でダイヤルできます。ダイヤル後、ハンドセット/外付け電話機をオフフックして通話したり、送信/受信が開始できます。
(PX-M781Fのみ)
× × ×

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■セキュリティー機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
直接ダイヤル制限1 誤送信防止のため、入力した電話番号が2回一致したときだけ送信できるようにします。
(注)初期値は「オフ」です。
×
直接ダイヤル制限2 誤送信防止のため、直接ダイヤルを無効にし、予め登録したアドレス帳からのみ送信できるようにします。(注)初期値は「オフ」です。 ×
宛先一覧確認 ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルを入力したら、宛先情報を表示し、送信前に宛先を確認することができます。
(注)初期値は「オフ」です。
×
ダイヤルトーン検出 誤送信防止のため、ダイヤルトーンを検出してからダイヤルを開始します。
(注)初期値は「オン」です。
メモリ受信後、操作により印刷(受信ボックス) メモリ受信した文書を自動で印刷せず受信ボックスに保存、ユーザー操作時にのみ印刷できるようにします。
(注)初期値は「オフ」です。
受信ボックスのパスワード設定 受信ボックスにパスワードを設定できます。
(注)初期値は「オフ」です。
通信結果レポート 送信結果を確認するために、通信結果レポートを印刷できます。
(注)初期値は「エラー時のみ印刷」です。

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。

■その他機能

エプソンの
スマートチャージ
ビジネスインクジェットプリンター エコタンク搭載モデル
機能名称 機能概要 PX-M880FX
(注1)
PX-M860F/
PX-M350F
PX-M886FL/
PX-M885F/PX-M884F/
PX-M381FL/
PX-M380F
PX-M781F/PX-M780F/PX-M680F PX-M650F EW-M670FT/FTW PX-M270FT
お気に入り登録 よく使う機能(時刻指定送信など)を登録しておき、簡単に呼び出せます。 × × ×
アドレス帳のよみがな検索 アドレス帳に登録したある宛先を、よみがな検索して、宛先表示に用いることができます。
名称登録(全角) アドレス帳の登録の際に全角文字で登録できます。
宛先別通信速度指定 アドレス帳に登録の宛先ごとに通信速度を指定できます。
モジュラーコード逆挿し検出 モジュラーコードの逆挿しを検出し、エラーを表示できます。
カラーファクス カラーでファクスを送受信することができます。
(PX-M350F受信はモノクロのみ)

(PX-M381FL/PX-M380F受信はモノクロのみ)
発信元記録 プリンターの発信元名、発信元番号を登録できます。
(最大21件)

(1件)

(最大21件)

(最大21件)

(1件)

(最大21件)

(最大21件)
終了通知メール機能 ファクス送信結果や受信結果(ファクス受信/印刷/外部メモリーに保存/転送完了時)をメールで通知してくれる機能です。 × × × × ×
親展通信 送信側で親展ボックス番号(Fコード)を指定してファクス送信すると、受信側では受信文書は印刷されずに親展ボックスに保存され、親展ボックスのパスワードを知っている人だけが閲覧・印刷できます。セキュリティの高いファクス通信ができます。
(10件)
×
(10件)
× × × ×
掲示板通信 送信側で予め掲示板ボックスに保存している文書を、受信側から掲示板ボックス番号(Fコード)を指定してポーリング受信で取り出せます。
(10件)
×
(10件)
× × × ×

(注1):PX-M880FXは、ファクス機能のご利用に「ファクスプラン」のご契約が必要です。詳しくはエプソンのスマートチャージのページをご確認ください。