フォトスキャナー「FF-680W」写真家 清水哲朗氏&ママ達のスペシャルインタビュー

My memory Scan 美しく残したい思い出がある

写真家 清水 哲朗氏 & ママ達のスペシャルインタビュー FF-680Wで「私の美しく残したい思い出」

案内人:写真家 清水 哲朗氏

写真家 清水 哲朗氏

1975年横浜市生まれ。日本写真芸術学校卒業後、写真家・竹内敏信の助手を務め、23歳でフリーランスとして独立。1997年よりライフワークとしているモンゴルでは独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。個展開催多数。
写真集に『CHANGE』『New Type』、写真絵本に偕成社世界のともだちシリーズ『モンゴル』、フォトエッセーに『うまたび-モンゴルを20年間取材した写真家の記録-』『モンゴリアンチョップ』がある。
主な受賞暦は第1回名取洋之助写真賞、2014日本写真協会賞新人賞、2016さがみはら写真新人奨励賞など。
TBS番組「クレイジージャーニー」でも過酷なモンゴル取材の様子が取り上げられた。
公益社団法人日本写真家協会会員

お相手ママの紹介

お相手 ママ達

(左)保手濱歌織さん (中央)佐藤友美さん (右)望月麻子さん
お子様
男の子:9歳、2歳
女の子:4歳
お子様
男の子:7歳、3歳
お子様
女の子:7歳、5歳

父親目線で見たFF-680W。子供達のために「残したい」

父親でもある清水さんが、同じ世代の子供を持つママ達にFF-680Wをレクチャー。
いろんな意見が飛び出します!清水さんも大いに共感しました。

Episode 1

「凄い!凄い!」

Episode 1の動画へ

Episode 2

「なんでもスキャン!」

2019.08.30公開

Episode 3

「家族みんなで使いたい!」

2019.09.30公開

ママ達の「残したい思い出」は!?

初体験のママ達。高速連続スキャナーにびっくり。
残したいものは「写真」だけじゃなく、幼稚園や保育園で描いてくる「お絵かき」やお子さんがくれる「お手紙」。
「毎日持って帰ってくるから増えてく一方」「捨てられなーい」と。
ではスキャンしましょう。

詳しくは、8月30日公開「Episode 2」ムービーにて

お絵描きのスキャンイメージ

子供達のためにも「残したい」

ママ達が残したいものは、成長の証でもある子供達の「作品」や「写真」。
「データ化して子供たちが大きくなったら見せられるようにしたい」。
と佐藤さん。

「家族みんなでスキャンするのも楽しめますよね」の一言にみなさんも納得の様子。
「データ化して、一冊の本にまとめたりしたい」と具体的な意見も飛び出します。

詳しくは、9月30日公開「Episode 3」ムービーにて

写真家目線で見たFF-680W。新しい写真の世界が広がった

23歳からフリーランスとして活躍する写真家 清水 哲朗さんがフォトスキャナーFF-680Wで見た新たな写真の世界を紹介。

Episode 4

「これ、面白いな!」

Episode 4の動画へ

Episode 5

「捨てられないんですよね!」

2019.08.30公開

Episode 6

「思いついちゃったんです!」

2019.09.30公開

フラットベッドとの使い分けで作業効率がUP!

フラットベッドスキャナーをお持ちの清水さん。
「フラットベッドスキャナーはちょっとした儀式。スキャンがなかなか大変」FF-680Wを使った感想は、とにかく早くて便利!さらにコンパクト!
特に驚いた機能は、両面同時スキャンと退色復元機能。「自動的にやってくれるので、作業の手間が省けて便利」と。
フラットベッドスキャナーにはない機能に「これ、面白いな」と清水さん。

> 詳しくは、「Episode 4」ムービーにて

退色復元機能の説明

清水 哲朗氏の「残したい思い出」。昔の作品が蘇る

清水さんが「残したい思い出」は、昔の作品。
「面白いことを思いついちゃったんです」と語る清水さんが見せてくれたのが、低解像度のコンパクトカメラで撮影した写真。
「発表するにはデータサイズが小さすぎて使えなかった写真」がプリントとスキャンで、サイズが大きな作品へ。さらに一工夫で昔撮ったとは思えない作品へと蘇らせる。
「FF-680Wでスキャンする楽しみが増えるんじゃないですか?」

詳しくは、9月30日公開「Episode 6」ムービーにて

製品紹介

A4 フォトスキャナー(シートフィード)
FF-680W
連続で高速スキャンできるシートフィードタイプの良さと、エプソンの画像処理技術を兼ね備えた、新しいタイプのフォトスキャナー
FF-680W

商標について

(注): 本媒体上の他者商標の帰属先は、 商標について をご確認ください。