SL-D1050

軽量・コンパクトで高生産性を実現

ハイスピード

L判480枚/時のハイスピード

主力プリンターとして充分なプリントスピードを実現。旧機種に比べ約5%のスピードアップ(注1)によりL判480枚/時の高速出力で、幅広い用途に対応します。

解像度 枚数
720dpi×720dpi(標準) 480枚/時
1440dpi×720dpi(高画質) 250枚/時

(注1)SL-D850との比較。(L判サイズの時間当たりの印刷枚数)
(注2)印刷速度測定環境についてはこちらをご確認ください。

大量プリント

大容量インク、ロール紙、カット紙のカセット給紙対応で大量プリントを実現

250mlの大容量インクと65mロール紙、両面カット紙100枚(注1)のカセット給紙に対応。さらに、購入後5年または40万枚(注2)の高耐久性で、大量のフォトプリントもスムーズにこなせます。

250ml大容量インク

100枚A4両面カット紙(純正品) 65mロール用紙

購入後5年または40万枚 寿命目安(注2)

(注1)エプソン純正のA4両面カット紙の場合。
(注2)耐久性の数値は参考値。使用環境(電源の頻繁な入切、クリーニング回数、通電時間・日数、印字モード、用紙種類等)によりこの数値は半分以下になることがあります。

両面カット紙対応

自動両面プリント可能なカット紙で様々な商材のプリントをサポート

新たに両面ユニットを追加。
これまでのロール紙プリントに加え、両面カット紙のプリントが可能になりました。
 
両面ユニット内の給紙ローラーキットはお客様自身で交換でき、ダウンタイムの削減につながります。

省スペース・軽量

置き場所を選ばず、本体の移動も簡単

両面ユニット付で幅460mm、奥行438mm、高さ424mmのコンパクトボディ。旧機種同等の床面積0.2m²(注1)があれば、設置が可能。置き場所を選ばず、サブ機としての運用にも適しています。また本体重量は約23.1kgと軽量。これまでオプションだった排紙トレイを内蔵。機器の移動も簡単にできます。

本体重量約23.1kg 本体設置面積約0.2㎡
424mm×460mm×438mm
(注1) SL-D850との比較。SL-D1050(460mm×438mm)、SL-D850(460mm×430mm)
(注) 使用にあたっては本体正面309mm、側面・背面30mmのスペースが必要となります。

イージーオペレーション

起動・終了が短時間で、運用も簡単

始業時に色調整作業が必要なく、銀塩のような終業時の面倒な薬液交換や洗浄の作業が要りません。
スイッチオンですぐに業務を始めることができ、作業終了も手間要らず。
また、特別なスキルや専門的な知識がなくてもオペレーションできるので、スムーズに業務が進められます。
 
また、より快適に、安心してご利用いただくために、各種保守サービス(注1)をご用意しました。

(注1) 保守サービスについてはこちらをご覧ください。
電源ONで、すぐにプリント

インクパック採用

インクパック採用により、内容量を25%増量。使用済みインクの保管スペースを約55%削減。(注1)
 
UltraChrome D6r-Sインクにより優れた色再現力を実現。
基本4色にライトシアン、ライトマゼンタを加えた6色染料インクとマルチ・サイズ・ドット・テクノロジーにより、多段階の階調表現を
可能にし、人肌や暗部を自然に再現。広い色再現領域と表現力で、黒のしまった美しい画像を実現します。

(注1)SL-D850のインクカートリッジ(SLIC3**(200ml))と比較。

操作性向上

液晶画面と操作パネルを装備。プリンターの状態確認や設定が直接確認・操作できるようになりました。

ネットワーク、無線LANに対応

これまでのUSB接続に加え、LAN、Wi-Fiでの接続に対応しました。

メンテナンス

自動ノズルチェックで、事前にノズル抜けを防止

電源投入時、または定期的に自動ノズルチェックを実施。必要に応じてヘッドをクリーニングし、ノズル抜けを防止。信頼性の高いプリント環境を提供します。
また、新たに追加された「高品質」チェック機能は、ロール紙にノズルチェックシートを印刷し読み取ることで、実際にノズル抜けの発生の有無を自動判別します。

(注)ノズル抜けを100%検知できるものではありません。

Epson Cloud Solution PORTの利用で、稼働状況やエラーの状態等をタイムリーに把握し、ダウンタイムを削減

Epson Cloud Solution PORTを利用することで、PCやモバイル端末でプリンターの稼働状況を可視化でき、生産性の最大化を支援します。
また、お客様のプリンターの状態をエプソン側でも確認できるようになります。
プリンターの状態が正確にわかることで故障診断に掛かる時間を短縮し、復旧までのダウンタイム削減に貢献します。

(注)お客様ご自身で、お手持ちのプリンターを登録する必要があります。詳細はこちらをご確認ください。

購入をご検討の方

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。