CW-C6520シリーズ/CW-C6020シリーズ

  • お見積・ご注文
ワークフローに合わせて選べる8ラインアップ

選べるラインアップ

オートカッターモデル 用紙幅8インチ マットインク CW-C6520AM フォトインク CW-C6520AG ピーラーモデル マットインク CW-C6520PM フォトインク CW-C6520PG オートカッターモデル 用紙幅4インチ マットインク CW-C6020AM フォトインク CW-C6020AG ピーラーモデル マットインク CW-C6020PM フォトインク CW-C6020PG

ピーラーで自動化のお手伝い

CW-C6520・C6020シリーズは、カラーインクジェットラベルプリンターとして世界初のピーラー機能を搭載。
(注)2019年10月24日時点エプソン調べ

印刷されたラベルが台紙から剥がれた状態で排出される、ピーラー搭載モデルをご用意。
ラベルを台紙からはがす手間を省けます。また、複数デザインのラベルを貼る順番で発行できるので、
ラベル貼付作業のワークフローを改善します。

  1. 1

    ラベルを印刷し、一時停止します。

  2. 2

    ラベルを取り外します。

  3. 3 ラベル剥離センサー

    ラベルの取り外しを検出します。

  4. 4

    次のラベルを印刷して一時停止します。

外部インターフェイス(D-Sub25pin)

印刷開始/入力/一時停止/再印刷/印刷終了など、プリンターを制御する信号をやりとりするD-sub25ピンの外部インターフェイスを搭載。PLCなど外部の制御装置からでもプリンターを管理でき、製造現場の自動化ラインなどにも組み込んでご使用いただけます。

D-sub25ピン 外部装置 USB

ピーラー活用例

■自動化ラインへの組み込み

ラベルのピーラー機構と外部インターフェイスの活用で、工程のインラインでのラベル自動貼りに活用できます。
工程内でワークを確認→オンデマンドでラベル発行・ロボットによるラベルの自動貼り付けなど、システムの自動化ソリューションの構築や、業務のワークフロー改善に活用いただけます。

6軸ロボット 貼り付け CW-C6520P

■手貼り工程への組み込み

中小ジョブや、ロボットでの自動貼りが難しい形状など、手貼り工程で活用するシーンにおいても、ラベルの貼り付け作業の即時性を向上させます。ラベルを台紙から剥がす手間がなくなるので、オペレーター業務の軽減します。また、1枚ずつラベルが順番に発行されるので、貼り間違いなどのミス軽減もサポートします。

オートカッター機能

オートカッターモデル

サーキュラーカット方式。最大8インチ幅の全面ラベルまたはダイカットラベルのギャップをカットできます。

オートカッター(サーキュラーカット方式)

ビッグサイズラベルが印刷できる用紙幅8インチ

商品ラベルから、工業用ラベルまで柔軟に対応

CW-C6520AM/AGは最大215mm幅(A4短辺と同等)の、全面ラベル紙に対応。カッティングプロッター等と組み合わせることで、自由な形に切り抜けるので、デザイン性の高いボトル用ラベルや、商品に合わせたカスタムラベルを1枚から作成できます。また、ドラム缶や一斗缶など大きな容器に貼るビッグサイズのラベル印刷にも対応します。

ラベル用紙の選び方はこちら

紙質に応じて選べるインク

初回同梱インクをフォト顔料、マット顔料2種からお選びいただけます

用途別に最適なインクタイプをお選びいただけます。
マット顔料インク:普通紙・和紙・マット紙・合成紙との相性が良く、コスト重視の情報ラベル、和紙を使った商品ラベルにも十分な黒濃度・高画質なカラーで印刷いただけます。
フォト顔料インク:速乾性に優れ、光沢紙・高光沢紙との相性が良く、高級感のある商品ラベルを高画質で印刷いただけます。

(注)マット紙、合成紙はフォト顔料インクモデルでも十分な画質でお使いいただけます。

(注)1つの筐体の中で異なるインクの混在、継ぎ足しをすることはできません。

ラベル用紙の選び方はこちら

現場オペレーションのために考えられた設計

4方向からロール紙セット

4方向から簡単ロール紙セット

ロールカバーが前後に開くような構造を採用。ロール紙を交換する際プリンターの前後左右の全方位から交換できます。設置場所の制限を受けにくいので、その分ラベル貼り付け業務に必要なワークスペースを確保できます。

  • カバー前開き

    簡単かつ正確にロール紙を
    セットできるスピンドル方式

  • カバー後開き

    スピンドル方式のロール紙セットに加え、
    ファンフォールド用紙も
    セットしやすい。

レイアウトの自由度が高く、用紙の設置が簡単です。

インク交換フロントオペレーション

簡単な消耗品交換

消耗品はワンタッチで交換できます。4色独立インクだから使いきった色のカートリッジだけを交換でき、インクを無駄なく使用できます。
また、メンテナンスボックスも自分で交換できるのでサービスマンを待つ必要がなく、ダウンタイムを少なくできます。

  • インクカートリッジ 正面からアクセス レバーを押してアンロック
  • メンテナンスボックス 上からアクセス
ColorWorksシリーズは簡単な消耗品交換で業務のダウンタイムの軽減に貢献します。
現場トラブル時にも配慮

用紙詰まり時も簡単に対応できる

簡単な紙詰まり除去

前カバー、レリーズレバー、用紙ガイドが可動し、通紙経路にアクセスできる構造を採用。
用紙詰まりや、ラベルプリンター特有の本体内部でのラベル剥がれが起きてしまった場合でも、カバー・ガイドを開口することで簡単に用紙を取り除けます。

自動ヘッドメンテナンス

ドット抜けを自動で検出

自動的にドット抜けを検出し、ノズルの詰まりをチェック&クリーニングする自己診断システム(注1)を搭載。
ドット抜けが解消できない場合は画質調整(注2)を実施します。ドット抜けによるラベル用紙や時間の無駄を防ぎ、
安定した品質で印刷を続行できます。

  • (注1)本機能は100%ドット抜け防止を保証するものではありません。
  • (注2)本機能は「印字品位」や「バーコード品質」などを完全に補完するものではありません。

2.7型 カラーLCD搭載

本体に2.7型カラーLCDモニターを搭載。各色インクカートリッジの容量やメンテナンスボックスの使用量、ロール紙の残量など、プリンターに装着されている消耗品の状態を本体で確認できます。また、ラベル検知の方法(ギャップ・ブラックマーク)やIPアドレスなどのプリンター設定もパネル操作で実施できます。ラベル用紙の種類や検知方法が一目でわかるので、設定間違いを防ぎ、用紙や時間のロスを低減します。

  1. 1
    メッセージ
    プリンターの状態を確認レディ、エラー、インクエンドなど
  2. 2
    インフォメーション
    必要な情報を表示メディアも種類、検出、インク残量、用紙残量など
  3. 3
    ファンクション
    設定とヘルプへのエントランス
  4. 4
    エラー表示
    エラーの対処方法も画像で表示されます

(注)LCDはタッチパネルではありません。

ヘッド/インク/用紙対応 三位一体で高品質を実現

PrecisionCoreテクノロジー

PrecisionCore TFP プリントヘッド

ノズルの高密度化とインク着弾精度の向上を果たしたPrecisionCoreプリントヘッドにより、小さな文字や細い線のクリアな再現、
シャープで階調性に優れた表現を可能にしています。また、最大約150万枚(ヘッド寿命は200km)(注1)という
高い耐久性でハードワークに応えます。

(注1) 幅4インチ×長さ4インチのダイカットラベルを印刷した場合。

PRECISIONCORE PRINTHEAD

高解像度・高彩度

最大1200x1200dpiの高解像度と彩度の高い色設計で、高光沢かつ高品質な画像出力を実現しました。
バーコードやQRコードなどの細かな印刷にも対応し、商品ラベルではクオリティの高い、美しいラベル印刷が可能です。

  • 高解像度
    高解像度プリントなのでバーコードやQRコード
    の読み取りが安心です。
  • 高彩度
    写真も鮮やかにくっきりプリント。
    商品を引き立てるラベル作成が可能です。

その他サンプル紹介はこちら

UltraChrome DL INK(耐候性 顔料インク)

4色独立インク採用

耐水性、耐アルコール性、色の安定性に優れた顔料インクを使用。水や薬品を扱う業務、長期保管する業務で安心です。

耐水性・耐薬品性に優れたにじみにくい顔料インク

食品ラベル印刷時の安全性を保証

世界標準レベルの欧州食品接触材規則「Food Contact Material regulation(EC No.1935/2004)」(通称:欧州FCM)に適合(注1)しています。

(注1):食材非接触面に印刷した場合のみ

■対象のインクは、「欧州FCM」の以下3つの適合必須要件を満たしています。

(1)インク構成物質の非毒安全性

対象インクは、スイス条令「Swiss Ordinance(RS 817.023.21 Annex10)」等の安全物質リストに記載されている物質を使用しています。

(2)インク製造工程の衛生安全性

インク製造全工程では、食品衛生法による食品レベルの細菌検査規格(一般細菌生菌数100個/g以下)を適用した衛生的な製造工程で生産しています。そのために適正な手順としてGMP「Good Manufacturing Practice(2023/2006/EC)」(注2)衛生管理体系を実現しました。

(注2):化学的物理的異物混入防止と、細菌類等の衛生管理を徹底した適正製造規範。

(3)非移行試験証明

対象インクが、PIM規制「Plastic Implementation Measure(EU No.10/2011)」(注3)に基づき、基材経由で食品側に移行しないことを評価(注4)しています。

(注3):食材毎の溶液・温度・保存期間の条件下で、包装フィルム基材から移行する物質重量パーセントの限界値を規定する規制。

(注4):当社条件下による(PIM規制で定義された試験条件のうち代表的なもの)

(注) :「ColorWorksシリーズ」のインクは直接食品に触れる用途を想定していません。完成品についての安全適合性判断は、お客様の梱包形態に基づいているため、最終製造者の責任となります。

メディア対応力

高光沢用紙に対応(フォト顔料インク)

従来機種で対応していた光沢用紙よりも、さらに白色度が高く光沢感が増した「高光沢紙ラベル」に対応。
より意匠性が高く鮮やかなラベル出力が可能になりました。

低コスト普通紙や和紙にもくっきり印刷(マット顔料インク)

コスト重視の普通紙を使った情報ラベル、和紙を使った商品ラベルにも十分な黒濃度・高画質なカラーで印刷いただけます。

正確なカラーコントロールを支援

スポットカラーマッチング機能

プリンター内で特定の色を指定の色に変換するスポットカラーマッチング機能を搭載。
変換テーブルを準備・登録することで、現在使用している元データを変更することなく運用できます。
企業ロゴカラーの再現や他プリンタ―からのリプレイス・共存使用時の色合わせが可能です。

変換テーブル テーブルごとに最大32スポットカラーリストを設定できます。 元データを変えることなく企業ロゴカラーの再現や他プリンターからのリプレイス時の色合わせが可能です。

ICC プロファイル

ICCプロファイルを適用することができ、デバイスとメディア間のカラーマネジメントを可能にします。

システム導入

システム導入に助かるツール・ユーティリティーを準備

複数のプリンターへインストールする際に便利な「Epson Deployment Tool」、ネットワークに接続されている
プリンターの状態を確認できる「Epson Monitoring Tool」など、プリンターの運用管理、業務連携に必要なソフトウェアを各種ご用意しています。
(注):各種ツール・ユーティリティーは、各商品発売後に「ドライバー・ソフトウェアダウンロードページ」にて公開いたします。

豊富なミドルウェア

主要ミドルウェアのネイティブドライバー

主要なミドルウェア用のネイティブドライバーに対応しています。ネイティブドライバーによって基幹システムとの親和性を高め、ミドルウェアの機能、ネットワークの機能を十分に活用したシステム連携を可能としています。

ミドルウェアの動作イメージ(基幹システム連携) 基幹システム→ミドルウェア←ネイティブドライバー→プリンター機種不問

購入をご検討の方

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。