PX-M7080FX

エプソンのスマートチャージ



認証印刷オプション

認証印刷オプション

非接触ICカード(注1)を使ったユーザー認証による印刷を可能にする認証印刷。目前印刷でムダ印刷を削減し、情報漏えいも防止。ディレクトリサービスとのLDAP連携で、シングルサインオンも実現可能です。導入目的、ご予算に応じて選択できる認証印刷オプションをご用意しました。

(注1) 対応ICカード:FeliCa、MIFARE®。FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。

<各認証オプションの機能比較>

Epson Print Admin
認証方式 本体認証、LDAPサーバー認証
認証手段 ICカード、ID/パスワード入力
管理サーバー 必須
サーバー1台あたりの
プリンター台数
最大100台
LDAP/AD連携
ログ集計
レポート出力ファイル形式 CSV、 HTML
どこでも印刷
個人別、グループ別機能制限
個人別、グループ別印刷枚数制限

レポート機能

印刷管理ソフトウェア「Epson Device Admin」と連携して指定した時間ごとに個人または部門単位の利用履歴を集計し自動で利用レポートを作成。管理者は利用実態の把握、部門ごとの費用配賦、消耗品管理などに活用することができます。(CSV、PDF、HTML形式)

印刷管理ソフトウェア「Epson Device Admin」

ネットワーク環境にある機器情報を収集・蓄積。効率的な印刷管理でプリンティングコスト削減の手助けをします。また、Epson Print Adminのログ情報からユーザー別、部門別の印刷枚数レポートを出力することが可能です。

印刷管理ソフトウェア 「Epson Device Admin」

「Epson Device Admin」は「MyEPSON」にてダウンロード提供しております。ご利用いただくには、「MyEPSON」新規会員登録、およびログインが必要となります。

Epson Device Adminの詳細

サーバー集約型「Epson Print Admin」

サーバー集中管理により、空いている複合機での印刷を可能にする「どこでも印刷」、ユーザー・グループごとの利用機能制限が可能です。また、ユーザーごとに印刷枚数上限値の設定や各種印刷ログレポート出力機能など、全社レベルでのオフィスユースから、大学でのご利用など幅広いニーズに応えます。

Epson Print Adminの詳細

(注) 価格につきましては、各サービスプランにてご確認ください。

どこでも印刷

別のユーザーが使用中のコピー機やメンテナンス中の複合機を避けて、空いている複合機から印刷が可能です。空いている複合機の有効活用により、印刷までの待機時間を短縮できます。

どこでも印刷

認証したユーザーごとに、印刷制限・利用可能機能制限

部門単位・ユーザー単位での印刷枚数や利用機能を制限することができます。また、アプリケーションごとで印刷制限をすることもできます。

認証したユーザーごとに、印刷制限・利用可能機能制限

スキャンして、自分に添付メール送信

複合機で認証したユーザー自身のメールアドレスにスキャンデータを送信します。複合機でのスキャン設定が簡単になるだけでなく、他人への誤送信を防止するので、情報漏えいを抑制します。また、認証したユーザーや所属部門別に、定型的に使うスキャン設定をあらかじめ設定し、登録できます。

スキャンして、自分に添付メール送信

利用履歴を定期的にレポート

利用履歴を利用して、セキュアで効率的なプリント環境を実現できます。利用ログの管理として印刷ジョブ単位で利用履歴を記録します。記録した利用履歴を集計して利用レポートとし、定期的に配信することもできます。

利用履歴を定期的にレポート




購入をご検討の方

スマートチャージセンター 050-3155-8655

受付:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日、弊社指定休日を除く)