SC-T3255

  • お問い合わせ・サポート
  • お見積・ご注文

PrecisionCoreTFPヘッドで、トータルな高生産性を発揮

高画質と高生産性を両立したPrecisionCoreTFP プリントヘッド

高密度ヘッド(PrecisionCoreTFP プリントヘッド)採用による印刷速度そのものの高速化に加え、スピンドルレス型ロールペーパーアダプタによる印刷前工程の省力化、高速ロータリーカッターの搭載による印刷後工程の省力化など、トータルな生産性の改善を実現しました。
また、紙送り機構の改良より、高速モードでの更なる画質向上を実現しました。

■PrecisionCoreとは

PrecisionCore テクノロジーは、オフィス分野から大容量・高速印刷が必要とされる商業・産業分野まで、さまざまな用途において、より高速で、より高画質な印刷を実現します。

詳しくはこちらをご覧ください。

PrecisionCore

トータルなスループット改善で高速印刷

作業工程のパフォーマンスが向上

「高速プリンティング編」

(注) 本サービスはYouTube?のサービスを使って提供しています。

A1をクラス最高レベル約28秒(注1)で高速印刷

速度比較図

従来比1.3倍(注2)の速度でのキャリッジ駆動を実現。高密度(360dpi)ノズルを採用したPrecisionCoreTFPヘッドの搭載により、「高速印刷」と「高画質&高精度印刷」を同時に実現しています。

(注1) 同サイズの当社機における比較
対象機種の発売年:PX-7550S(2007年)、PX-F8000(2009年)
(注2) PX-F8000(2009年秋発売モデル)との比較
(注3) PX-7550Sは720dpi×360dpi
(注) 出力スピードの測定環境についてはこちらをご覧ください。

あらゆるメディアに対応する高速ロータリーカッター

あらゆるメディアに対応する高速ロータリーカッター

新開発のロータリーカッターを採用。カット構造の高精度化により、カット精度向上と高速化A1:約2秒を実現した他、あらゆるメディアに対応。素早い用紙カットにより、印刷後工程の生産性も向上します。

出力順に順序よく積載、印刷物を探す手間を軽減

出力順に順序よく積載、印刷物を探す手間を軽減

(注)積載イメージ

設計図面など定型用紙が出力された場合、出力順序に用紙が積載されるので、印刷物を探す手間が軽減されます。

(注) 普通紙A1/A0(線画モード)の場合は約20枚連続積載可能
(注) SC-T3255の場合:A1縦長

PCレスで簡単再印刷

大容量320GBのHDD搭載

HDDに保存されたジョブをプリンターから直接再印刷可能です。PCを立ち上げ、再度アプリケーションから再印刷をかける手間も不要で、急な図面の再印刷にもスピーディーに対応可能です。

(注) SC-T3255は、オプションで対応可能です。
SC-T3255Hは標準添付。
SC-T3255PSは同様の機能が使用可能です。

HDD設定

フォトブラックとマットブラックを自動切り替え

フォトブラックとマットブラックを同時に搭載し、用紙の種類に合わせて自動切り替えとなります。

バーコード印刷機能を搭載

バーコード印刷機能を搭載

ロール紙メディア残量など、用紙残量情報がわかるので、ミスプリントも防止できます。

購入をご検討の方

水性顔料インク

050-3155-8100
(042-585-8444)
月曜日~金曜日(祝日、弊社指定休日を除く)

(注)050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。

保守サービス

●エプソンサービスパックサービス詳細はこちら料金表へ
●エプソン引取保守パックサービス詳細はこちら料金表へ