メンテナンスに時間をかけず、手間なくプリント

メンテナンスの手間を軽減するプリンター機構

自動メンテナンス機能搭載

自動メンテナンス機能搭載により、終業後の手動のメンテナンスを不要にしました。

自動メンテナンス機能搭載

ホワイトインクの画質を保つインク循環システム

ホワイトインクの詰まりを抑制するインク循環的なインク循環システム。
定期的なインク循環時間が短くなるとともに、インクの流路内に大容量インクフィルターを配置。析出したインクを取り除き、ヘッドへの流入を抑制しノズル詰まりを予防。クリーニングの頻度を減らし、プリントコストの低減に貢献します。

自動ホワイトインク循環システム

ノズル詰まりを低減するゴミ毛羽キャッチャー

Tシャツの毛羽や糸くずがプリントヘッドの表面に付着することを予防。バンディングやインクのボタ落ちによる印刷ミスを低減します。

(注)布ワイパーにより、定期的にゴミ毛羽キャッチャーは清掃され、常に綺麗な状態が保たれます。

ノズル詰まりを低減する「ゴミ・毛羽キャッチャー」

自動ヘッドクリーニングシステム

ヘッド表面を布ワイパーで自動的に清掃。ヘッド表面に付着したインク滴をふき取ることで、インク滴のガーメントへの付着を軽減します。

(注) 布ワイパーは消耗品となります。

ミスト回収機構

インクミストフィルター

内蔵ファンにより、プリンター機内のインクミストを排出。機内の汚れを低減し、ガーメントへの汚れうつりによるプリントミスを軽減します。

メンテナンス時の操作マニュアルを動画で公開

本体に添付されたQRコードにより、メンテナンス方法をYouTube™の動画で確認できます。

ノズル詰まりを低減する「ゴミ・毛羽キャッチャー」

■動画の内容
<メンテナンス>
・キャリッジスケールの清掃方法
・ヘッドキャップの清掃方法
・ヘッド周辺の清掃方法
・ヘッドクリーニングキットの交換方法
<初回設置時>
・インク充填方法
・プラテン布シートの取り付け方
・Tシャツのセット方法(布シート有無の2パターン)

万が一のエラー時もブザー音でお知らせ

複数工程を同時に平行して進めるTシャツプリント作業では、知らない間にプリンターにエラーが発生しても気づかないことがあります。
SC-F2150では、エラー発生時にブザー音を鳴らし、すぐにプリント作業を復旧できるようにしました。

スケジュール管理をラクにする、メンテナンスタイマー機能

プリント品質を維持するために自動的に入る定期クリーニング。開始までの残り時間を本体パネルで確認できます。クリーニング実施中も残り時間が表示されるので、平行して他の作業に取り掛かれて、作業効率をアップします。また、定期クリーニング時間に忙しくなりそうな時は予め手動で開始できるので、スケジュールの管理ができます。