導入事例
大手広告関連企業様

大手広告関連企業様
業種:その他
導入プラン:エプソンのスマートチャージ対応
高速ラインインクジェット複合機/
プリンター LX-10000×19台 他

インクジェットの概念を変えるスピードに驚き
大量印刷でもコストを下げることができました。

導入事例TOPへ

導入プラン

エプソンのスマートチャージ

別次元の生産性を高画質、低コスト、高い環境性能で実現します

エプソンのスマートチャージ対応
高速ラインインクジェット複合機/
プリンター LX-10000×19台 他

■設置場所:各事業部署内

お客様のご紹介

大手広告関連企業様

国内の大手広告関連企業。広告関連の様々な領域で、クライアントの課題解決のためのソリューションをワンストップで提供することに努めている。

導入ご担当者に聞きました

インクジェットの概念を変えるスピードに驚き
大量印刷でもコストを下げることができました。

無駄なカラー印刷をなくしてコストを削減するために低コストで印刷できるプリンターを探していました

当社は事業部ごとに、主に顧客に向けた企画書やプレゼン用資料などをエプソンのスマートチャージ対応モデルで印刷しています。以前のページプリンターはスピードが遅く、部署別予算でなかったことで部員のコスト意識も低く、無駄なカラー印刷が大量に発生していました。一例を挙げると、印刷を終えないうちに新たな用事が入ると、次々と印刷するため、本体トレイから自分の印刷物を探すのが面倒になって再度印刷し直す……といったことが頻繁に起きていたのです。
ただ、当部署では月平均30,000~35,000枚は印刷しており、大量のカラー印刷が避けられない業態であるのも事実です。印刷枚数自体を大きく減らせないジレンマを抱えながらも、印刷コストの削減を模索していました。

カラー印刷のコストを格段に削減「すぐ必要」なときの高速印刷が助かっています

そんなときエプソンのスマートチャージ対応モデルの提案を受け、まずカラー印刷が1枚3円という低コストに惹かれました。実際に、以前のページプリンターと比べてコストが減ってとても助かっています。また、各部署からは「とにかく速い」という声がたくさん届いています。企画書などは平均しても、1回の印刷で約50枚×20部は印刷します。すると、単純計算で1,000枚印刷するのに10分。でも、以前の機器は30枚/分だったため33分もかかりました。そこで、プリンターを使う時間をチームごとに紙に書いて管理することもありましたが、いまは「すぐ必要」というタイミングで印刷できるようになりました。ただ、スピードが速くなったことで、企画書を修正して気兼ねなく印刷できるようになったので、逆に印刷枚数は増えているかもしれません(笑)。

50ページの企画書を20セット出力した場合 そのスピードは別次元。100枚/分*1の高生産性

*1 A4横片面。 ●測定基準:ISO/IEC24734 ●測定データおよび測定条件につきましては、こちらをご確認ください。
特定環境下でご使用時ならびに両面印刷時および両面複写時、画質維持のため印刷速度が一時的に低下する場合があります。

ご利用者の感想を聞いてみました

消耗品交換と機器保守の手間がなくなり満足
高速印刷で残業も減り生産性が上がりました

印刷が速いため直前まで資料の修正が可能
残業も減って自由な時間も増えました

はじめてエプソンのスマートチャージ対応モデルに触れたときは、やはり「スピードが速い」という印象を持ちました。
たとえば、先輩に印刷を頼まれたときでも、スピーディーに印刷して手渡せるので助かっています。また、企画書などは平均で5、6回修正しますが、その都度カラー印刷でプリントします。プロジェクターを使う場合でも、映像が見づらいときは、印刷スピードが速いので打ち合わせ中でもすぐ印刷しに戻りますね。さらに、プレゼンの直前まで修正を重ねることがよくありますが、50ページの企画書で4箇所の修正があれば、4枚だけを差し替えるよりも、すべて出し直したほうが速いと判断して印刷することもあります。このように、プレゼン当日にすぐ印刷できる安心感ができたので、前日は早く帰れるようになり、自由な時間が増えました。

消耗品交換や紙詰まりが少なくいつでもプリンターが使える
美しいカラー印刷でプレゼンにも問題なく対応しています

現場では、なによりもプリンターが「止まらないこと」が大切です。当部署は1回あたりの印刷枚数が多く、以前のページプリンターでは消耗品切れや紙詰まりで、印刷の途中で頻繁に止まっていました。トラブルのたびに機器を復旧させるのが面倒で、高熱で危ないことも気になっていました。でも、エプソンのスマートチャージ対応モデルは機構がシンプルなのでほぼ紙詰まりがなく、トラブルは激減しています。インクも以前はストック場所からトナーを運んで交換していましたが、いまは自動発注で負担がなくなりました。さらに、企画書では商品の色味など気を使う部分も多いのですが、印刷品質にも問題はなく満足しています。

まとめ

ご導入ポイント
  • 100枚/分*1の高速スピード印刷で、
    仕事の生産性を向上できる
  • 低コストで気兼ねなくカラー印刷ができる
ご利用メリット
  • 印刷スピードがとにかく速く、カラー印刷の品質も問題なし
  • 紙詰まりのトラブルが激減。消耗品管理の手間もなくなった

*1 A4横片面。 ●測定基準:ISO/IEC24734 ●測定データおよび測定条件につきましては、こちらをご確認ください。
特定環境下でご使用時ならびに両面印刷時および両面複写時、画質維持のため印刷速度が一時的に低下する場合があります。

導入事例PDFダウンロード

PDFダウンロード
(PDF:469KB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。