導入事例 株式会社コースト様

ビジネスインクジェットプリンター 導入事例 株式会社コースト様 導入製品:PX-1200 一般文書用途に強いビジネスインクジェット 店内の掲示メニューやPOP製作にもおすすめ

導入事例TOPへ

導入製品

PX-1200

(注)販売終了製品

多様な用途に対応する
A3ノビ対応ビジネスインクジェット

PX-1200

(注)販売終了製品

導入会社様のご紹介

株式会社コースト様
居酒屋や焼肉店を3店舗経営する飲食店オーナー様

image

『毎日、笑顔と元気があふれる“幸せの共有”企業』がキャッチの株式会社コースト様。最高のサービスと商品を提供し、お客様のみならず、御取引先様、従業員を含めた全員が幸せを共有できることを目指しています。フランチャイズ業態の居酒屋や焼肉店を県内で計3店舗経営されておりますが、看板元が指定するグランドメニュー以外にも、地物の魚、野菜、お酒などを各種仕入れるなどし、地元ならではのオリジナルメニューも各種取り揃えていらっしゃいます。

このページの先頭へ

導入の経緯・理由

POPの肝となる「赤」の好発色とコスト削減を満たすプリンターを切望

株式会社コースト様では、店舗で使用するおすすめメニューやPOP、掲示物は、本部事務所にて一括出力して各店舗に配布する運用を取っていらっしゃいます。これまでも、他社製のA3カラーインクジェットプリンターを使用して運用してきましたが、POPの肝となる赤の発色に今一つシマリがない点がずっと気になっていました。また、POPの作成には厚手の専用紙を使用しており、用紙代を含めると結構コストがかかり、消耗品のランニングコストを抑えることも課題でした。そんな折、目にとまったのが、エプソンのA3インクジェットプリンター「PX-1200」。ネットワークインターフェイスを標準装備し、フロントカセットも2段搭載していることから、会計系の文書出力用途としても兼用できるのでは?という思いが働きました。

このページの先頭へ

導入後の状況・ご感想

POPの「赤」のシマリを実感 一般文書用途としても兼用

株式会社麻生 飯塚病院 看護部 内科外来師長 阿部 弘子氏

株式会社コースト
代表取締役
高麗 浩義氏

印刷してみて、まず最初に確認できたのが、『赤』の好発色ですね。従来のインクジェットプリンターに比べると格段に『赤』の発色がよくなりました。飲食業に限らず、POPや掲示メニューのお客様のアイキャッチは極めて重要ですからね。なので、私は特に「赤」の発色にこだわりを持ってます。また、従来使用していたA3インクジェットプリンターはUSBインターフェイスしか搭載されておらず、ネットワークでプリンターを共有できていなかったのですが、「PX-1200」は有線/無線LANインターフェイスを標準装備しているので、現在は複数台のPCで共有できています。給紙もフロント2段のカセットが用意されており、A4普通紙を常時セットしておくことができるので、一般文書出力用の共有プリンターとしても重宝しています。

image

特に、毎月末締めの会計系の帳票プリントにも一役買っています。インクジェットプリンターでもここまで使えることが分かりましたので、現在導入しているA3カラーレーザー複合機をA3インクジェット複合機に置き換えてコストダウンを図ることも、今後、検討してみたいと思います。

このページの先頭へ

PX-1200のお気に入りポイント

Point1

『赤』の好発色

全色顔料インク採用で鮮やかにくっきりとした出力。特にPOPで肝となる「赤」の発色が素晴らしく、気に入っています。

Point2

ネットワーク標準対応

ネットワークインターフェイスを標準装備。複数台のPCで共有できるので、POP出力用途以外にも有効に活用できます。

Point3

多段カセット装備

フロント2段カセットを装備しているので、2種類のサイズ、あるいは2種類の用紙を常時セットできるので、用紙入れ替えの手間が軽減されます。

このページの先頭へ

会社情報:「株式会社コースト」様

image
所在地 島根県松江市上乃木9-2-8
創業 平成12年
業種 飲食業
従業員数 7人
PDFダウンロード
(PDF:438KB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-8100

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8444までおかけ直しください。