生産性の高さで、ビジネスをサポート

普通紙出力で総印刷枚数約15万ページの耐久性を実現

高頻度の稼働を要求されるビジネスの現場。だからこそ、耐久性にこだわりました。普通紙総印刷枚数約15万ページの耐久性で、業務プリントをしっかり支えます。

普通紙出力で総印刷枚数約15万ページの耐久性を実現

(注)耐久性の数値は参考値。印刷可能ページ数は、印刷環境や印刷の仕方(用紙サイズ、電源の頻繁な入切など)によって変動し、この数値より少なくなることがあります。

ビジネスでも安心の堅牢性

排紙トレイ、用紙カセットなど操作回数の多い箇所も壊れにくい設計になっているため、多くの人が使うオフィスでの、プリント環境をしっかりとサポートできます。

ビジネスでも安心の堅牢性 ビジネスでも安心の堅牢性

大容量用紙カセット搭載

用紙を250枚セットできるフロントカセットを装備し、背面の手差しトレイと合わせて2WAY給紙を実現。また、用紙カセットにはA3ノビもセットでき、用紙補給の手間を軽減。ビジネスのスピードを緩めません。

大容量用紙カセット搭載

大容量ブラックインク採用でモノクロ大量印刷を実現

大容量ブラックインク採用でモノクロ大量印刷を実現

大容量のブラックインクを採用し、大量のモノクロ印刷でも高生産性を発揮します。

カラー、モノクロともにスピーディーに印刷

カラー、モノクロともにスピーディーに印刷

PrecisionCoreプリントヘッドを搭載。ノズルの高密度化とヘッドの進化により、カラー約10ipm、モノクロ約18ipmの高速印刷を実現します。

(注) ipm(image per minute)は、1分当たりに印刷可能な面の数。PPM最速値はカラー約20枚/分、モノクロ約32枚/分。
(注) 測定データおよび測定条件

ファーストプリントも高速

ファーストプリントも高速。

ウォーミングアップタイムが短いから、最初の1枚からカラー約10.5秒、モノクロ約7.0秒の高速印刷。ビジネスシーンで多い一度の印刷枚数が少量の印刷時に活躍します。

1枚目の印刷時間算出条件(レディー時からのFPOT算出条件)
●測定基準:ISO/IEC17629●印刷用紙:A4普通紙●印刷品質:標準●ISO/IEC 24734"Office Category Test"の Microsoft® Word、Microsoft® Excel®、PDFファイル(各4ページ)の第1ページを指定して片面印刷したときの、印刷開始ボタンを押してから用紙排出までの時間を算出、各ファイルの印刷時間を平均換算した値。

(注) お客様がお使いのパソコン/アプリケーション/印刷データなどによって印刷スピードが変わることがあります。

ビジネスに求められる低プリントコストを実現

プリントコスト(A4カラー文書)注1 約7.6円(税別) プリントコスト(A4モノクロ文書)注1 約2.5円(税別)

A4カラー文書が1枚当たり約7.6円(税別)、A4モノクロ文書が1枚当たり約2.5円(税別)という低コストを実現。

また、当社カラーページ複合機LP-M5300(注5)と比較して、プリントコストは約1/2(注3)。ビジネスの現場で求められるコスト削減に役立ちます。

当社カラーページ複合機 LP-M5300(注5)の場合 A4カラー1枚当たり 約15.5円(注2)(税別)/PX-M5080F A4カラー1枚当たり 約7.6円(注1)(税別)→ページプリンターの約1/2(注3)

1年間のランニングコストを比較すると、年間約19万円(注4)もお得です。

PX-M5080F 年間約19万円/当社カラーページ複合機 LP-M5300(注5)の場合 年間約38万円→年間約19万円お得!!(注4)

さらに、用途によって選べる2種類のインクカートリッジ。大量に印刷されるお客様には大容量インク、必要なときだけ印刷されるお客様には標準インク2種類のインクカートリッジをご用意。出力枚数によって、インクカートリッジのサイズを選べます。

消耗品 消耗品


  • エプソンのスマートチャージ対応モデル
  • A3複合機
  • A4複合機
  • A3プリンター
  • A4プリンター
  • モバイルプリンター