Adobe® PostScript® 3™ 対応モデル/PS互換言語対応モデル

PostScript®とは

PostScript®は、主に印刷業界で使用されているページ記述言語で、パソコンで作成したデータをより忠実にプリンターで出力するための技術として活用されています。

PSプリンターが必要な代表的なお客様の例

Illustrator®やInDesign®をご使用のお客様

PSプリンターを使用しないとレイアウトずれ、一部データの抜け、印刷ができないなどの不具合が発生する可能性があるので、PSプリンターを使用したほうが好ましいとされています。

UNIX®をご使用のお客様

標準のプリンターでも細かい設定をすればUNIX®でも出力可能な場合が多いですが、UNIX®には通常PSプリンターのドライバーが標準で搭載されているため、PSプリンターの方が導入が簡単です。

製品ラインアップ

Adobe® PostScript® 3™ 対応モデル

  • カラー A3複合機

    LP-M8170PS 標準価格(税別) 779,980円
  • カラー A3プリンター

    LP-S9070PS 標準価格(税別) 299,980円
  • カラー A3プリンター

    LP-S8160PS オープンプライス エプソンダイレクトショップ販売価格(税別) 149,980円
  • カラー A4プリンター

    LP-S950 オープンプライス エプソンダイレクトショップ販売価格(税別) 99,980円 
  • モノクロ A3プリンター

    LP-S4250PS オープンプライス エプソンダイレクトショップ販売価格(税別) 259,980円
  • モノクロ A3プリンター

    LP-S3550PS オープンプライス エプソンダイレクトショップ販売価格(税別) 189,980円
  • モノクロ A3プリンター

    LP-S3250PS オープンプライス エプソンダイレクトショップ販売価格(税別) 149,980円

PS互換言語対応対応モデル

ビジネスインクジェットの印刷スピード算出方法はこちら
ビジネスインクジェットのランニングコスト算出方法はこちら
ページプリンターの消耗品/速度表示[枚(ページ)/分]/ランニングコストの表記についてはこちら
(注1) 機器本体を購入することなく、月々定額費用のみで規定枚数までプリントできるプランです。インク、メンテナンスボックスの消耗品や保守サービスも含まれています。エプソンのスマートチャージのサービスプラン詳細についてはこちら。
(注2) 契約年数3年、契約年数4年のプランもございます。LX-10010MFシリーズの契約年数5年以外のプランについては当社営業にご相談ください。
(注3) 中途解約の場合は解約金が発生します。
(注4) ファクス無プランの金額です。ファクス有無/オプション構成によって月額料金が変わります。基本印刷枚数を超過した場合、超過従量料金が発生いたします。
(注5) 高温環境下でご使用ならびに両面印刷時および両面複写時、画質維持のため印刷速度が一時的に低下する場合があります。詳細は当社担当営業までお問い合わせください。
(注6) 基本モデル スタンダードの場合。
(注) エプソンのスマートチャージ対応モデルは、取扱販売店についてはエプソンスマートチャージセンター(050-3155-8655)へお問い合わせください。
(注) エプソンのスマートチャージ対応モデルは、契約に事前審査が必要です。
(注) エプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)の販売価格(税別)は2019年4月18日現在のものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。