すぐに始められる!在宅勤務(テレワーク)のご提案|製品情報|エプソン

会計ソフト

すぐに始められる!在宅勤務(テレワーク)のご提案

  • マイページログイン
  • お見積・ご注文

まずは在宅勤務(テレワーク)に必要な環境の確認・準備をしましょう!

まずは在宅勤務(テレワーク)に必要な環境の確認・準備をしましょう!

新型コロナウイルス感染症の拡大によるリスク軽減と、
従業員ならびに
関係者の皆様の安全確保の為、
在宅勤務(テレワーク)の導入を検討している
会計事務所・企業の皆さまへ
在宅勤務に必要な製品・サービスをご案内します。

在宅勤務(テレワーク)を実現する
エプソン製品のご紹介!

エプソンの「ウェプラット・クラウドサービス」や
「R4シリーズ」などを活用することで、
安心・安全に自宅でいつもの業務を実現します。
また、在宅(テレワーク)を導入する企業を支援する
補助金・助成金を利用することで
導入コストを抑えることができます。

1

在宅でも、クラウドサーバーへ接続し、いつもと同じ業務ができる

エプソンのおすすめサービスはこちら!
Weplat クラウドサーバー

Weplat クラウドサーバー

  • クラウド上にサーバーがあるので、在宅はもちろん、インターネット環境さえあればどこからでも接続可能です。
  • 「R4 シリーズ」を安心安全なクラウド環境でご利用いただけるサービスです。
クラウド上にサーバーがあるので、在宅はもちろん、インターネット環境さえあればどこからでも接続可能です
2

在宅でも、対面することなく
クラウドでデータ共有ができる

エプソンのおすすめサービスはこちら!
Weplat データ共有サービス

Weplat
データ共有サービス

  • 「Weplat データ共有サービス」ならクラウドでデータ共有を行うので、在宅でも常に最新の財務データ・給与データを共有・確認できます。
  • セキュリティー対策も万全なデータセンターでの共有により、送受信の効率化だけでなく、情報漏えいの不安も解消されます。
クラウドでデータ共有を行うので、在宅でも常に最新の財務データ・給与データを共有・確認できます
3

在宅でも領収書・請求書などの
証憑イメージを見ながら
仕訳入力ができる

エプソンのおすすめサービスはこちら!
Weplat スキャンサービス

Weplat スキャンサービス

  • 会社や事務所に届いた請求書や領収書などをスキャンしてクラウドで送信すれば、在宅でも証憑イメージを見ながら仕訳入力ができます。
  • 証憑の原本やコピーを持ち帰る必要がありません。
会社や事務所に届いた請求書や領収書などをスキャンしてクラウドで送信すれば、在宅でも証憑イメージを見ながら仕訳入力ができます
4

在宅でも、会社/事務所の
サーバー・PCへリモート接続で
いつもと同じ業務ができる

エプソンのおすすめサービスはこちら!
Weplat VPNモバイルサービス

Weplat
VPNモバイルサービス

  • 持ち出すパソコンの中に大事なデータを保存する必要はありません。インターネット経由でオフィス内の端末に安全にアクセスできるので、情報漏えいの不安を解消します。
  • オフィス内の特別な機器や工事が不要なので、IT管理者がいなくても、インターネット環境さえあれば、簡単にご利用いただけます。
インターネット経由でオフィス内の端末に安全にアクセスできるので、情報漏えいの不安を解消します
5

在宅でも少しのスペースで
プリントやスキャンが可能

エプソンのおすすめ製品はこちら!

Endeavor NA520E(モバイルノートPC)

PX-S06B(A4モバイルプリンター)

ES-60W(モバイルスキャナー)

  • 「NA520E」はカメラとスピーカーが内蔵されているので、これ一台でオンラインでの打ち合わせが可能です。
  • 「PX-S06B」や「ES-60W」はコンパクトで軽量なので、少しのスペースで利用することができます。

(注)情報セキュリティーが確保された状態でご利用ください。

ES-60W,PX-S06B,NA520E
6

在宅でも万全のセキュリティで安心して業務ができる

エプソンのおすすめ他社製品はこちら!

X-CPシリーズ(UTMセキュリティー)

F-Secure(セキュリティーソフト)

  • 「X-CPシリーズ」なら会社/事務所のサーバーへの外部からの悪質なアクセスをブロックします。
  • 在宅で使う個人のパソコンに「F-Secure」インストールすれば、悪質なウィルスから大切な会社のデータを守ります。
会社/事務所のサーバーへの外部からの悪質なアクセスをブロックします

これらの製品・サービスの
導入を支援する
補助金・助成金をご紹介!

働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)新型コロナの特例

働き方改革推進支援助成金 新型コロナの特例
(テレワークコース)

〈募集期間〉交付申請 2020/5/29 支給申請 2020/7/15

新型コロナウイルス感染症対策を目的とした
取組を行う事業主を支援する特例コース。

主な対象経費
  • テレワーク用通信機器の導入・運用費用
  • 就業規則・労使協定等の作成・変更費用
助成額
最大100万円
(助成率1/2)
機関
厚生労働省

はじめてテレワーク
(テレワーク導入促進整備補助金)

〈募集期間〉 随時

コンサルを受けた後で、テレワーク環境の構築や
テレワーク制度に関する就業規則の整備を行う。

主な対象経費
  • ノートパソコン、タブレット等のモバイル端末
  • 勤怠管理ソフト

(注)指定のパッケージを購入する必要あり。

助成額
最大110万円
(補助率100%)
機関
東京都

テレワーク活用・働く女性応援助成金
(テレワーク活用推進コース)

〈募集期間〉 随時

テレワーク機器の導入や
サテライトオフィスの利用を行う。

主な対象経費
  • システム構築費用
  • 専門業者への一括委託費用
  • 民間サテライトオフィス利用料
助成額
最大250万円
(助成率1/2)
機関
東京都

事業継続緊急対策(テレワーク)助成金

〈募集期間〉 2020/3/6∼2020/5/12

感染症の拡大防止対策として
テレワーク導入を行う。

主な対象経費
  • ノートパソコン、タブレット等のモバイル端末
助成額
最大250万円
(助成率100%)
機関
東京都

IT導入補助金 2020年度(臨時対応)

〈募集期間〉 随時

テレワークに必要なコミュニケーションツールの
導入が加点要素となる。

主な対象経費
  • 指定のパッケージとして登録された
    テレワークツール
助成額
最大150万円
(助成率1/2)
機関
中小
企業庁

税制面での支援
(少額減価償却資産の特例)

中小企業が感染症の拡大防止対策のために
テレワークを導入した場合、
テレワーク導入にかかった全額を
損金算入することが可能。

主な対象経費
  • 取得価額30万円未満の設備
助成額
機関
中小
企業庁
在宅勤務(テレワーク)のご相談は
下記、
会計ソフトインフォメーションまで。
消費税増税によりサポートの電話がつながりにくくなっております。
よくある質問のページに解決方法が記載している場合がございます。
お問合せ前によくある質問のページをご確認いただくことをお勧めいたします。

会計ソフト インフォメーション

050-3155-8170

受付時間9:30~12:00/13:00~17:00 月~金曜日(祝日、当社指定休日を除く)
音声ガイダンスに従ってガイダンス番号を入力してください。

ガイダンス番号

【1番】ご購入に関するご相談、個別デモ、セミナーに関するお問い合わせ

【2番】ご利用中のソフトウェアの操作に関するお問い合わせ(注1)

【3番】ユーザー登録、ソフトウェア年間保守サービス契約のお申し込み

【4番】体験版ソフトウェアの操作に関するお問い合わせ

(注):上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。

(注):上記電話番号をご利用いただけない場合は、TEL:042-511-0855をご利用ください。

(注):「IP電話についての注意事項」についてはこちらをご確認ください。

(注1):無償初期サポート期間中、および保守サービス契約にご加入のお客様のみご利用いただけます。
サポート特約店で保守サービス契約にご加入のお客様はご利用できません。サポート特約店窓口へご連絡ください。