会計ソフト「財務 R4シリーズ」の電子帳簿保存法の改正への対応について

エプソン
「R4シリーズ」の
電子帳簿保存法と
インボイス制度への
対応について

財務顧問・財務応援

エプソン「R4シリーズ」では電子帳簿保存法と
インボイス制度への対応はもちろん、
業務効率化を実現するさまざまな機能で
みなさまの業務をサポートいたします。

「電子帳簿保存法改正のポイント」については
こちらをご確認ください。

電子帳簿保存法、
インボイス制度導入の時期

電子帳簿保存法、インボイス制度導入の時期

「財務 R4シリーズ」の
電子帳簿保存法対応について

「財務 R4シリーズ」は公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)による電子帳簿ソフト法的要件認証を受けており、国税関係の帳簿書類(仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿や決算書関係書類)の電子帳簿保存に対応しています。また、スキャナ保存及び電子取引データ保存要件を満たす証憑のクラウド保管(注1)で改正後の電子帳簿保存法に対応します。

電帳法の区分 保存要件への対応 対応概要
電子取引に係る
データ保存
(区分3)


(注1)


「証憑クラウド保管」機能により、クラウド上での証憑の訂正又は削除履歴の確認、および、検索等の要件へ対応します。
「証憑クラウド保管」では、タイムスタンプの付与に代わる方法として、NTP(Network Time Protocol)サーバーと時刻同期して証憑を保管します。

(注1)「証憑クラウド保管」へ登録する前の証憑の訂正・削除については、改ざん防止のための事務処理規程 新規ウィンドウが開きますの備付けと、その規程に沿った運用が必要です。
スキャナ保存
(区分2)


「財務 R4シリーズ」での電子データ(電子取引データ、スキャナ保存したデータ)の証憑と仕訳の紐付け操作

財務 R4の入力画面で電子データとリンクする「証憑」ボタンを押し、電子データのファイルを指定して仕訳や伝票に紐付けます。
電子データはクラウドに保管するため、データ共有しているデータでは、会計事務所と双方で証憑を確認できます。

「Weplat データ共有サービス」の詳細はこちら
  • (注)取引先名で検索できるようにするために、取引先名を補助科目として登録・入力すること、または摘要に入力することが必要です。
  • (注)クラウドへの証憑保管には「データ共有」または「クラウド保管」を利用している必要があります。
  • (注)クラウド証憑保管機能は、Ver.22.2では先行試行版としてご利用いただけます。2023年以降機能を拡張し、有償化を予定しております。

「財務 R4シリーズ」での電子データ(電子取引データ、スキャナ保存したデータ)の証憑と仕訳の紐付け操作

電子データの訂正・削除履歴もクラウド上で管理します。
また、検索した仕訳の「証」ボタンから、電子データの変更履歴の確認と、原本のダウンロードができます。

電子データの訂正・削除履歴もクラウド上で管理できるようになります。また、検索した仕訳の「証憑」ボタンから、電子データの変更履歴の確認と、原本のダウンロードができるようになります。

仕訳検索画面、または伝票検索画面からクラウドの証憑検索画面が表示できます。
仕訳・伝票の取引日付、取引先情報(主科目名または補助科目名または摘要)、取引金額、伝票No、ファイル名、変更者情報、変更日で検索できます。

仕訳・伝票の取引日付、取引先情報(主科目名または補助科目名または摘要)、取引金額、伝票No、ファイル名、変更者情報、変更日で検索できます。

クラウドを介して会計事務所と証憑を共有できます。
仕訳と請求書データとの突合せができるので、インボイス制度が開始されると適格請求書のチェックも容易にできます。

クラウドを介して会計事務所と証憑を共有できます。

エプソンのインボイス制度対応(予定)について

1.申請について

適格請求書発行事業者の申請
(申請・届出書 R4/電子申告 R4)

「申請・届出書 R4」で「適格請求書発行事業者の登録申請書」が作成可能。複数の顧問先の「適格請求書発行事業者の登録申請書(国内事業者用)」をまとめて作成できる一括機能を追加予定です(2022年9月予定)。
「電子申告 R4」と連携すれば、電子で申請できます。

適格請求書発行事業者の申請

2.登録

適格請求書発行事業者番号の設定 2023年夏対応予定
(財務R4シリーズ)

「財務 R4シリーズ」の仕訳入力・伝票入力等の入力に関して、簡単なキー操作で適格請求書発行事業者適否を設定できるようにする予定です。
また期中に免税業者から適格請求書発行事業者へ変更するケースにも対応します。
非適格請求書発行事業者の経過措置は、伝票日付によって仕入税額控除率を自動判定もできるようにする予定です。

3.発行

適格請求書発行や関連申告書対応 2023年夏対応予定
(事務所管理R4/財務R4シリーズ/消費税顧問R4)

「事務所管理R4(報酬請求)」ではインボイス制度に対応した請求書発行が可能になります。(士業向け)
「財務 R4シリーズ」では、法的要件に即し、帳簿類等について適格請求書か否かがわかる記載を追加します。
また消費税申告書の新様式・新税額計算に対応(注)します。

  • (注)消費税申告書出力対象商品…インターKX財務R4、財務顧問R4 Professional、財務顧問R4 Basic、財務応援R4 Premium、財務応援R4 Lite+、消費税顧問R4

4.入力効率化

デジタル化による負荷軽減 2023年夏対応予定
(Weplat スキャンサービス/Weplat 自動仕訳サービス)

「Weplatスキャンサービス」では、スキャンした証憑画像の取引先から適格請求書発行事業者の自動判定を行った上で仕訳を自動作成します。
また、「Weplat自動仕訳サービス(CSV取込)」では取込時の学習機能により、同一キーワードによる自動判定が可能となり、インボイス対応における業務負荷を軽減します。

5.業務効率化

残高・仕訳チェックを自動化する
(Weplat 監査支援サービス)

「Weplat 監査支援サービス」は、「財務 R4シリーズ(注)」で動作する残高・仕訳チェックプログラムです。
設定されたチェックルールにより異常な個所を自動でチェックできるため、ミスを防ぎ、チェック・修正時間を短縮できます。
インボイス制度が始まると、適格請求書発行事業者か否かのチェックもできる予定です。このほか、軽減税率のチェック、固定費の入力漏れチェック、重複チェックなどにも活用できます。

  • (注)対象製品 財務顧問 R4 Professional、インターKX財務会計 R4
「Weplat 監査支援サービス」の詳細はこちら

残高・仕訳チェックを自動化する(Weplat 監査支援サービス)

面倒な毎月の請求書業務から解放 財務 R4連携
(請求管理ロボ ROBOT PAYMENT社製)

毎月の面倒な請求書発行・送付・入金消込・催促から解放します。顧問料(継続)や年末調整、確定申告等も合わせて自動請求。銀行振込や口座振替、クレジットカード決済による債権回収までも自動化を実現する請求管理システムです。

「請求管理ロボ」の詳細はこちら

面倒な毎月の請求書業務から解放 財務 R4連携(請求管理ロボ ROBOT PAYMENT社製)

掲載されている内容は2022年8月時点の内容です。今後予告なく変更する場合がございます。

会計ソフト インフォメーション

050-3155-8170

受付時間9:30~12:00/13:00~17:00 月~金曜日(祝日、当社指定休日を除く)
音声ガイダンスに従ってガイダンス番号を入力してください。

ガイダンス番号

【1番】ご購入に関するご相談、個別デモ、セミナーに関するお問い合わせ

【2番】ご利用中のソフトウェアの操作に関するお問い合わせ(注1)

【3番】ユーザー登録、ソフトウェア年間保守サービス契約のお申し込み

【4番】体験版ソフトウェアの操作に関するお問い合わせ

(注):上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。

(注):上記電話番号をご利用いただけない場合は、TEL:042-511-0855をご利用ください。

(注):「IP電話についての注意事項」についてはこちらをご確認ください。

(注1):無償初期サポート期間中、および保守サービス契約にご加入のお客様のみご利用いただけます。
サポート特約店で保守サービス契約にご加入のお客様はご利用できません。サポート特約店窓口へご連絡ください。

会計ソフト サイトマップ