インク満タン1年分。ランニングコストを気にせずプリント

大容量インクタンク「エコタンク」を搭載。
本体購入時に同梱されているインクだけで、約11,000ページ(注2)のプリントが可能。インク交換の手間に煩わされることなく、大量に印刷でき、オフィスの経費を大幅に削減できます。

インク満タン1年分(注1)。約11,000ページ印刷可能。

(注1) A4モノクロ文書をひと月あたり300ページ(1日15ページ×20日)プリントした場合を想定して算出。
(注2) ランニングコスト算出条件。
(注) 最適な印刷結果を得るために、少なくとも1年に1度はインクタンクの上限線までインクを補充してください。
MyEPSON エコタンク搭載モデルをご購入の上、「MyEPSON」へユーザー登録を行うと・・・

(1)無償保証期間(持ち込み修理)を通常の1年から2年間に延長。(2)無償保証期間中の引取修理サービス(ドアtoドアサービス)を無償で受付。

「MyEPSON」ユーザー登録はこちら

(注) 「MyEPSON」へユーザー情報と購入製品情報を登録の上、「ご登録製品のサポート」ページより修理を依頼された方が対象となります。

同梱インクを使い終わった後も低価格で、圧倒的な低印刷コスト

インクボトル1本でモノクロ約6,000ページの大量プリントが可能で、一枚当たりの印刷コストは0.3円(注1)。低コストで大量印刷が可能です。ページプリンター(当社モノクロページプリンターLP-S100(従来品))と比べても1ページあたりのランニングコストが断然お得。大幅コストダウンが見込めます。

充填用インクボトルも低価格で、圧倒的な低印刷コスト

(注1) ランニングコスト算出条件。
(注2) 印刷可能ページ数はJIS X6931(ISO/IEC19752)に基づき、感光体およびA4普通紙に片面連続印刷した場合のトナーカートリッジの印刷可能ページ数から算出。
消耗品はLPA4ETC7を用いて算出。消耗品価格は標準価格(税別)をもとに算出。

プリントするほど実感の低トータルコスト

いまお使いのページプリンターと比べても、本体価格とインク代などのランニングコストを含めたトータルコストがとってもお得。
たくさんプリントするほどお得を実感できます。

プリントするほど実感の低トータルコスト

(注) 5年間の前提条件 300ページ(1日15ページ×20日)、5年間(60ヵ月)使用
(注) ランニングコスト算出条件。
LP-S100は印刷可能ページ数はJIS X6932(ISO/IEC19798)に基づき、感光体およびA4普通紙に片面連続印刷した場合のトナーカートリッジの印刷可能ページ数から算出。
消耗品はLPA4ETC7を用いて算出。消耗品価格は標準価格(税別)をもとに算出。
(注) PX-S160Tの本体価格は2017年2月9日現在、LP-S100は2015年12月時点のエプソンダイレクトショップ掲載価格をもとに算出。
(注) エプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)の販売価格(税別)はコスト算出のための参考価格として引用したものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。
(注) 上記のコストシミュレーションはお客様の印刷イメージ、印刷原稿、印刷間隔、印刷環境によって変動します。