ディスク発行業務の効率化をサポートする各種ソフトウェア

様々なシーンでディスク制作業務を支える各種ソフトウェアをご用意

Windows® Mac
ソフトウェア
インストール
EPSON Total Disc Setup EPSON Total Disc Utility
PC接続セットアップ
ディスク作成 EPSON Total Disc Maker EPSON Total Disc Maker
モニタリング EPSON Total Disc Monitor EPSON Total Disc Utility
業務システム連携 EPSON TD Bridge

EPSON Total Disc Maker(Windows®

「EPSON Total Disc Maker」は、書き込みデータの定義、レーベル面のデザイン、ディスク発行まで行える統合型ソフトウェアです。Windows®版では、約100種類のテンプレート画像をご用意。読み込み機能を使えば最大50枚までのディスクを自動で読み込み、まとめてPCに保存できます。

(注)Windows®版とMac版の比較はこちら

【同時インストールソフトウェア】

  • ・EPSON Total Disc Setup(環境設定ツール)
  • ・EPSON Total Disc Maker(ディスク編集・レーベル編集・ディスク発行)
  • ・EPSON Total Disc Monitor(状態監視)
■EPSON Total Disc Makerの操作概要について

(注)本サービスはYouTube™のサービスを使って提供いたします。

簡単操作

簡単操作

便利機能

■差し込み機能:印刷、データが違うディスクを一括作成
EPSON Total Disc Makerは、差し込み情報を記述したCSVファイルを作成し、ディスクビューでファイルを指定することで、個別データの書き込みと個別のレーベル印刷を行ったディスクの一括作成が可能です。

たとえばクラスの卒業写真ディスクを作成する際に、生徒全員同じ内容のディスクではなく、それぞれのディスクに生徒個人の写真データを差し込み、さらに一人ひとりの出席番号や氏名をレーベル面印刷することができます。簡単作業で時間も短縮できます。
差し込み機能
■3ステップの簡単操作
差し込み文字や書き込みデータ元をCSVに記述。
レーベル面の差し込み文字の位置を決めたら、CSVを指定して一括作成することができ、作業時間を短縮します。
3ステップの簡単操作

(注)CSVファイルからの取り込み可能行数はヘッダー行を含めて101行です。
(注)テキストとバーコードを差し込み印刷することができます。画像は差し込み印刷できません。
(注)差し込みデータとして登録できるフォルダーは1フォルダーのみです。
(注)差し込み印刷/差し込みデータ機能とEPSON TD Bridgeの違いはこちら

■読み込み機能:最大50枚のディスクのデータを一括で読み込んでPCに保存
EPSON Total Disc Makerの読み込み機能を活用することで、最大50枚までディスクデータを自動で読み込み、まとめてPCに保存することが可能です。
ディスクデータをPCで1枚ずつ取り込む手間が省けます。

(注)保存形式は2種類。(ファイルコピー、ディスクイメージ作成)

読み込み機能
読み込み機能

(注1)表中で○となってるディスクの種類でも作成環境等により読み込めない場合もあります。
(注2)CSS、CPRM、ACCS等のコピープロテクトがかかったディスクは、読み込めません。
(注3)読み込みエラーが発生した場合、または、読み込みできない場合はディスクがスタッカー3に入ります。

開発者向けシステム連携ソフト BrTD idge

業務システム連携ソフト「EPSON TD Bridge」

業務システムと連携して一括読み込み機能をご利用になりたい方は、業務システム連携ソフト「EPSON TD Bridge」の機能をご利用いただくことで実現できます。

■便利なデザインツール
便利なデザインツール
■使い慣れたアプリケーションからも印刷可能
EPSON Total Disc Makerを使わずに、Adobe® Illustrator®などのデザイン専用アプリケーションからも直接印刷が可能です。
デザイン性の高いレーベル印刷を実現します。
使い慣れたアプリケーションからも印刷可能

EPSON Total Disc Monitor(Windows®

業務を止めないための状態監視ツール「EPSON Total Disc Monitor」は「EPSON Total Disc Maker(Windows®)」と同時インストール。大量のディスク作成時も安心。PP-100Ⅲの稼働状況をわかりやすく表示します。

業務を止めないための状態監視機能

EPSON Total Disc Maker(Mac)(注1)

標準添付ソフトウェア「EPSON Total Disc Maker」で、データの定義付け・書き込み、レーベル面のデザイン・印刷までをひとつのソフトウェアで完結します。プリンタードライバーを利用したレーベル印刷も可能です。

【同時インストールソフトウェア】

・EPSON Total Disc Utility(環境提携ツール・状態監視)

(注)Windows®版とMac版の比較はこちら

デザイン専用アプリケーションで作成したレーベルデザインは、EPSON Total Disc Makerに取り込むことができます。
Adobe® Illustrator®で作成したAiファイルや、その他のアプリケーションで作成したPDFファイルを読み込んで背景として読み込めば、プロフェッショナルなデザインのディスクを作成できます。

EPSON Total Disc Maker(Mac OS)(注1)

(注1)Blu-ray Disc™は非対応となります。
(注2)PDF形式と互換がないなど、Finderからプレビューが認識しないフォーマットを使用している場合は取り込むことができません。
(注3)パスワード保護や暗号化など、Finderからプレビューが認識しないフォーマットを使用している場合は取り込むことができません。

EPSON Total Disc Utility(Mac)

業務を止めないための状態監視ツール「EPSON Total Disc Utility」は「EPSON Total Disc Maker(Mac)」と同時にインストールされ、発行モードを使用するスタッカーやドライブなどディスクを発行するための基本的な設定を行うほか、PP-100Ⅲの現在の状態、インク残量、JOB情報などを表示するソフトウェアです。

EPSON Total Disc Utility

EPSON TD Bridge(Windows®

業務システム連携ソフト「EPSON TD Bridge」は、お客様にEPSON TD Bridgeを制御する「連携アプリケーション」を開発していただくことで、お客様のシステムからCD/DVD/Blu-ray Disc™️を発行することを可能にします。

■EPSON Total Disc Makerとの連携
あらかじめEPSON Total Disc Makerでレーベルの印刷内容やレイアウトを決めておくことで、自動日付印刷や文字変形といった多彩な編集機能を利用することができます。
■連携アプリケーションに組み込む機能

【JDFファイルの作成】

JDFファイルとは、ディスクを作成(ディスク書き込み/レーベル印刷)するための指示書ファイルです。お客様の連携アプリケーションで作成していただきます。JDFファイルを監視フォルダーにコピーまたは移動すると処理が開始されます。

【STFファイルの監視】

STFファイルとは、PP-100シリーズのステータスを連携アプリケーションに伝えるためのファイルです。STFファイルにはジョブID、ディスク発行済み枚数、ジョブステータス、エラーコード、スタッカーのディスク残量、インク残量などが記載されています。

【JCFファイルの作成】

JCFファイルとは、動作中/一時停止中のジョブをキャンセルさせるための指示書ファイルで、お客様の連携アプリケーションで作成します。キャンセルしたいジョブIDを指定し、EPSON TD Bridgeの監視フォルダーに移動すると、ジョブがキャンセルされます。

EPSON TD Bridge

■差し込み印刷
ジョブ毎に更新される個人名などのさまざまな情報を差し込み印刷することが可能です。

EPSON TD Bridgeページへ



購入をご検討の方

050-3155-8099
042-585-8584
月曜日~金曜日(祝日、弊社指定休日を除く)

*050で始まる電話番号はKDDI株式会社の電話サービス「KDDI光ダイレクト」を利用しております。上記050で始まる番号をご利用いただけない場合は、( )内の番号までおかけ直しください。