導入事例
東北エプソン株式会社様

東北エプソン株式会社様

東北エプソン株式会社様
導入プラン:エプソンのスマートチャージ対応
A3複合機×37台/A3プリンター×6台
A4複合機×14台/A4プリンター×1台

プリンターにも厳しい低発塵性が求められる、
半導体製造工場のクリーンルームに導入!

導入事例TOPへ

導入プラン

エプソンのスマートチャージ

高速、高画質、高生産性に加え、
メンテナンス性や使いやすさを徹底的に追求したプリンター

エプソンのスマートチャージ対応
A3複合機×37台/A3プリンター×6台
A4複合機×14台/A4プリンター×1台
(注)2018年5月現在のA3複合機のプランはPX-M7070FXとなります。
■設置場所:東北エプソン クリーンルーム内

お客様のご紹介

東北エプソン株式会社様

東北エプソン株式会社様

東北エプソンはセイコーエプソングループの国内最大規模の製造中核拠点です。ウオッチをルーツとする超微細、精密加工技術で、より小さく、より軽く、そしてより高性能に。そんな発想から始まった「省・小・精の技術」が息づいている東北エプソン。ここで作られたインクジェットヘッドを使用した産業用印刷装置や、最先端の半導体製品(IC)は、酒田港から世界市場へ向けて供給されています。製造技術、微細加工技術の粋を結集し、「エプソンブランド」の確立を支えているのが東北エプソンです。

■お客さまデータ

所在地: 山形県酒田市
職員数: 2,066名(2017年12月20日現在)
ホームページ: https://www.epson.jp/company/tohokuepson/

導入ご担当者に聞きました

半導体製造工場のクリーンルーム
プリンターにも厳しい低発塵性が求められます。

温湿度、塵埃が厳密に管理されたクリーンルームもちろん印刷する業務もたくさんあります

半導体やプリントヘッド製造現場の中心は、温湿度・圧力等が制御され、空気中の塵埃も厳しく管理されているクリーンルームです。東北エプソンの半導体事業では、クリーンルームで常時140人ほどが24時間365日の体制で半導体製造に取り組んでいます。作業者は定められた作業服を着用し、整髪料、消臭スプレーや化粧は禁止。そこで使われる備品も例外ではなく、入室前に徹底したアルコール拭きが義務付けられています。そんなクリーンルームでの作業にも印刷は欠かせません。指示書、記録票、点検書や、製品に貼り付けるラベル、掲示物や教育資料の印刷を常に行っています。以前はレーザープリンターも使われていましたが、クリーンルームでの印刷に適しているのがインクジェットプリンターです。東北エプソンでは2015年にクリーンルームのほとんどのプリンターをインクジェットプリンターを使ったエプソンのスマートチャージに切り替えました。

クリーンルームの基準を高いレベルでクリア!インクジェットプリンターで設置自由度がアップ!

インクジェットプリンターはインクを紙に直接吐出して印刷するシンプルな構造。そのため発塵量はレーザープリンターと比べて極めて少なく、厳しい清浄度レベルが要求されるクリーンルームでの導入に適している印刷方式と言えます。東北エプソンではクリーンルームにエプソンのスマートチャージを導入するにあたってプリンターの発塵調査を実施。エプソンのスマートチャージA3複合機(PX-M7050FX)は高いレベルでクリーンルームの国際規格(ISOクラス6)をパスしました。レーザープリンターは囲いやカバーを使わないと設置できませんでしたが、エプソンのスマートチャージはオープンに設置し、支障なく稼働しています。設置場所の制約も緩やかになることで作業効率の向上につながりました。

株式会社 東北エプソン IC製品部 IC製品グループ 課長 本間 豊 様

株式会社 東北エプソン
IC製品部 IC製品グループ
課長 本間 豊 様

IC製品部 IC製造三チーム 奥山 秀一 様

IC製品部 IC製造三チーム
奥山 秀一 様

IC製品部 IC製品グループ 鎌田 友来 様

IC製品部 IC製品グループ
鎌田 友来 様

IC製品部 IC製品グループ 千葉 征之 様

IC製品部 IC製品グループ
千葉 征之 様

利用状況
利用状況
利用状況
利用状況

ご利用者の感想を聞いてみました

掲示物

掲示物

印刷したクリーンペーパー

印刷したクリーンペーパー

クリーンルームの作業効率向上に欠かせないインクジェットプリンター

高精細で図面や写真が見やすく作業効率が向上

エプソンのスマートチャージ導入前にメインで活躍していたのはモノクロレーザープリンター。掲示物や指示書の印刷で重要ポイントにカラーでアクセントを付けられず、注意事項の周知徹底という点で課題でした。エプソンのスマートチャージの導入後は、月額料金内で一定枚数のカラー印刷が出来ることもあり、気兼ねなくカラー印刷して指示書や点検書、掲示物の視認性を向上させています。また、A3複合機は5.0インチパネルを備え、防塵手袋を付けたままの作業でもまったく操作に支障はありません。クリーンルームではクリーンペーパーを使用していますが、エプソンのスマートチャージのA3複合機で文字はもちろんのこと、装置図面、写真もきれいに印刷できます。写真や図面を多用する作業者への教育マニュアルは、鮮明に印刷されないと伝わりにくいことが課題でしたが、エプソンのスマートチャージ導入で払しょくされました。

大容量インクパックで交換の手間削減
製造ラインの省人化に貢献!

エプソンのスマートチャージは、大容量インクパック・カートリッジ搭載プリンター・複合機を使ったサービスです。インク発注はこれまで週に1回程度行っていましたが、エプソンのスマートチャージは消耗品込みのサービスなので、サービス導入後、発注作業は無くなりました。大容量インク搭載のおかげで、交換も約3か月に1回程度に減り、しかもインクの残量が無くなりかけると自動的にインクが送付されてきます(注1)。プリンターの維持管理に掛かる工数を大幅に削減することができました。東北エプソンでは、エプソン製6軸ロボットを使い、製造工程の合理化や効率化を実現していますが、エプソンのスマートチャージもまた、プリンターのメンテナンス工数を削減で、製造ラインの省人化という価値をお客様に提供し、貢献しています。
(注1)リモートサービスご利用の場合

ビジネスを停滞させない、大容量インク搭載 にじみにくい全色顔料インクだからキレイが長持ち

まとめ

ご導入ポイント
  • インクジェットプリンターは発塵量が少なくクリーンルームでの設置に適している
  • 大容量インクのおかげで、メンテナンス工数が低減し省人化に貢献
ご利用メリット
  • カラーで鮮明な印刷品質により、作業効率が上がった
  • 基本印刷枚数まで定額なので、気兼ねなくカラーで印刷ができる

導入事例PDFダウンロード

PDFダウンロード
(PDF:1.15MB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。