epSITE



I’M HERE.1986~2018 舞山秀一写真展

会期
2018年9月7日(金)~10月4日(木)10:30~18:00(最終日は14:00まで)
休館日
日曜休館(祝日は開館)9/28(金)休館

舞山秀一氏は、1986年に写真家として独立して以来、広告やファッション誌・CDジャケットなど、常にその時代の第一線で活躍を続けています。その作品の核はポートレートです。被写体の魅力を引き出し、強いメッセージを放つ作品をこれまでに数多く世に送り出してきました。
また氏は、コマーシャル写真の仕事と並行し、継続的に写真展を開催。プリントワークを大切にする写真家としても知られています。
「I’M HERE.1986~2018」と題した本展では、氏の過去から現在まで作品を包括。旅先で出会い撮りためてきた珠玉のポートレート作品を中心に、端正なプリントを展観します。

Gallery

画像をクリックすると拡大します

  • Hidekazu Maiyama

    ©Hidekazu Maiyama

  • Hidekazu Maiyama

    ©Hidekazu Maiyama

  • Hidekazu Maiyama

    ©Hidekazu Maiyama

  • Hidekazu Maiyama

    ©Hidekazu Maiyama

  • Hidekazu Maiyama

    ©Hidekazu Maiyama

  • Hidekazu Maiyama

    ©Hidekazu Maiyama

イベント開催のお知らせ:アーティストトーク 舞山秀一

開催概要

日時 2018年9月8日(土)15:00~(約1時間)
会場 エプソンイメージングギャラリー エプサイト
※入場無料 予約不要
※お席に限りがございます。予めご了承ください。

舞山氏にこれまでの写真活動の軌跡や今回の写真展のテーマ、撮影とプリント制作のノウハウやこだわりなど、幅広く語っていただくトークイベントです。
コマーシャル写真の第一線で活躍する氏ならではの、貴重なお話が伺えるこの機会に、ぜひご参加ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

舞山 秀一

【プロフィール】
舞山 秀一(まいやま ひでかず)

1962年、福岡県生まれ。九州産業大学芸術学部写真学科卒業。半沢克夫に師事。1986 年、フリーに。コマーシャル、ファッション、雑誌などで活躍。浜崎あゆみ、Hitomi、GLAY、氷川きよしなど多数のCDジャケットを手がけたほか、深田恭子、広末涼子、本仮屋ユイカなど写真集の撮影も多い。同時に作家としての活動も盛んで、作品集の出版や写真展を定期的に行っている。APA AWARD奨励賞受賞。2014 年より九州産業大学芸術学部客員教授。

■舞山秀一作品紹介:http://maiyama.net/
■Private works:http://maiyama.jp/