未来のエンジニアを応援!
「ロボット設計者による出前授業」

  • 共創
未来のエンジニアを応援!「ロボット設計者による出前授業」
プログラミング授業で利用しているエプソンの6軸ロボットと力覚センサー
(注)ロボットは電源オフの状態で撮影

国立沖縄工業高等専門学校では、プログラミングの授業でエプソンの6軸ロボット「C4」と力覚センサーを使用し、習字、ドミノ倒し、けん玉など、さまざまな形に応用することでロボットの可能性を学んでいます。

今回エプソンは、社会と連動した課題解決型学習活動の場の提供を目的に、沖縄工業高等専門学校の機械システム工学科3・4年生に向けて、2023年6月に産業用ロボット業界研究授業として出前授業を実施しました。

企画設計や販売視点での「仕事内容」や「やりがい」を

出前授業の第1部では、セイコーエプソンの企画設計担当者から、「産業用ロボットを作る仕事(製品企画から発売まで)」と題し、製品開発者たちの組織を横断した取り組みなどについて解説。最新の産業用ロボット活用事例として「惣菜盛り付け工程の自動化」、「PCR検査の自動化」など、動画を交えてわかりやすく紹介することで、ロボットがどのように役立つかを伝えました。

第2部では、入社2年目のエプソン販売の技術担当者がお客様により近い立場での「販売の業務内容(生産工程のお困りごとを解決!)」について説明。実際の仕事内容ややりがいをお伝えし、働くことを具体的にイメージしていただきました。

4年生対面授業風景
4年生対面授業風景
3年生オンライン授業風景
3年生オンライン授業風景

進路や今後の活躍の場の参考に

参加した学生の皆さまに真剣に耳を傾けていただき、授業後の質疑応答やアンケートでは「企業内でのさまざまな職種を知ることができた」、「今の学びが将来にどう生かせるのか具体的にイメージができた」といった感想を多くいただきました。また、先生からは「現場で働くエンジニアの方から直接お話を聞く機会はあまりないので、貴重な経験となりました。」とコメントをいただきました。

コロナの影響もあり、将来の展望が描けない学生も出てきている中、具体的なイメージを持つことにより、未来に希望を持っていただけました。

課題解決型学習活動の場から、次世代技術者の育成を

今回、産業用ロボットの開発・製造・販売について学んだ学生の皆さまには、2023年11月29日(水)~12月2日(土)に東京ビッグサイトで開催される「2023年国際ロボット展」で、社会体験の場として、展示場でのアテンド体験や、授業に取り組む様子を発表していただきます。実際のお客様との対話の場も創出することで、"課題解決型の一連の学習活動"の場を提供し、次世代技術者の育成を支援します。

エプソンでは社会貢献活動の一環として、今後も未来のエンジニアを育てる活動を展開していきます。また、エプソンロボットに関する活用事例や展示会に関するメールマガジンを定期的に配信していますので、ぜひご登録ください。エプソンロボット メルマガ会員登録 (epson.jp)新規ウィンドウが開きます