サポート&ダウンロード

型番検索

  • 製品情報をみる
  • 認証印刷オプション Epson Print Admin / サーバーレス認証印刷オプション Epson Print Admin Serverless
  • サーバーレス認証印刷オプション

    Epson Print Admin Serverless

    認証印刷オプション

    Epson Print Admin

アップデート版ダウンロード

本ページでは、ソフトウェアに関する各種ダウンロードサービスを提供しています。

サーバーレス認証印刷オプション Epson Print Admin Serverless(LXシリーズ対応)については こちら をご覧ください。

【ご注意】
ダウンロードは、認証印刷オプション Eposn Print Admin ご契約者様専用サービスとなります。

印刷管理/セキュリティソフト

対象:認証印刷オプション Eposn Print Admin をご契約、ご利用中のお客様

「Epson Print Admin」

Epson Print Adminの最新版です。

※:ダウンロード認証あり。

※対象機種、動作環境はこちらをご覧ください。

更新情報

Epson Print Admin更新情報

バージョン 公開日 備考
3.0.0 2018年03月29日
  1. 仕様改善
    • 1)スキャン結果を、自分(認証したユーザー)のフォルダーに保存できる機能を追加しました
    • 2)グループごとのコスト単価を設定できるように対応しました
  2. 課題対応
    • 1)ドライバーのお気に入り設定が保存されない課題を修正しました
    • 2)Windows OSで、HTTPプロトコルに対するアプリケーション関連付けが設定されていないPCで、Notifierの「User Web Page」のURLリンククリックのとき、Notifierが強制終了される課題を修正しました
2.2.0 2018年1月22日
  1. クライアントOS対応
    クライアントOSをEpson Print Adminのインストール対象にしました。
    <対象OS>
    Windows® 10 Pro / Enterprise / Education
    Windows® 7 Service Pack 1 or later Professional / Enterprise / Ultimate
  2. 海外向け用紙サイズ対応(国内は非サポート)
    • Mexico-Oficio (8.5 x 13.4 in)
    • Oficio 9 (8.46 x 12.4 in)
2.1.1 2017年7月12日
  1. 認証時に時間がかかる場合がある課題を修正しました。
  2. 認証時にカードの読み取りに失敗し、ログインできない場合がある課題を修正しました。
  3. 認証時にデータベース更新に失敗し、ログインできない場合がある課題を修正しました。
  4. 認証後、メニュー画面を表示せず待ち受け画面に戻る場合がある課題を修正しました。
  5. プリンタードライバーの排紙設定が非表示でも、MS Officeでステープル(ホチキス)の設定が表示される課題を修正しました。
  6. ジョブ名の長いジョブがLX-10000F、LX-7000Fで印刷できない場合がある課題を修正しました。
  7. インストール先フォルダにデフォルト以外を指定してインストールした場合、バージョンアップに失敗する課題を修正しました。
  8. インストール先フォルダにデフォルト以外を指定してインストールした場合、アンインストールしてもログファイルが残る課題を修正しました。
2.1.0 2017年6月15日
  1. サポートプリンターを追加しました。
    LX-10000F/LX-7000F
  2. LDAP設定機能を改善しました。
    LDAPの検索条件設定を、テキスト入力からGUIのツリービューに変更しました。
  3. 認証カードIDの読み取り設定の改善
    テスト読み込み機能を追加し、設定が正しいかすぐに確認できるように変更しました。
    [管理者ページ] - [システム設定] - [基本設定] - [カード認証] - (確認画面を表示する)
  4. Webページの言語切り替えに対応しました。
    下記画面で、任意に言語が切り替えられるように変更しました。
    ・管理者ログオンページ
    ・ユーザーログオンページ
2.0.2 2017年3月1日
  1. サポートプリンターを追加しました。
    PX-M7070FX/PX-S7070X
  2. 本体パネルメニューを変更しました。
    1)ネイティブパネルと共通デザインUIに対応しました。
    2)ホーム画面からコピー等のネイティブ機能を直接呼び出せるようにしました。
    3)ホーム画面のメニューアイコンの並び順を設定できるようにしました。
  3. システム要件の対応
    1)Windows Server 2016に対応しました。
    2)Microsoft SQL Server 2016に対応しました。
    3)プリンターを事前登録できるようにしました。
    4)LDAPユーザーにおいて、カードID情報のCSV一括設定をできるようにしました。。
    5)ローカルユーザーにおいて、メールアドレスなしでもパスワードがあれば登録できるようにしました。
    6)同じメールアドレスでユーザー登録をできるようにしました。
    7)デフォルト設定を変更したプリンタードライバーの作成、配布をできるようにしました。
    8)印刷ジョブ一覧画面で全選択、全解除、一括削除をできるようにしました。
    9)ID番号の管理を管理者とユーザーに切り替えるようにしました。
    10)管理者が任意のID番号を設定できるようにした。
    11)カードIDの部分認証が指定できるようにしました。
    12)所属/ユーザーごとに、請求コードのデフォルト値を指定できるようにしました。
    13)ルール設定の動作デフォルト値を「強制変換する」に変更しました。
    14)コストやクレジットの表示桁数を指定桁切捨て表示に変更しました。
1.2.0 2016年9月5日 課題対応
  1. ドライバー(Windows版)
    • 1) ActiveDirectoryのGPOで配布すると、インストールできない課題を修正しました。
    • 2) 同一バージョンのドライバーインストーラーを実行し、追加印刷キューを作成すると、常に追加した印刷キューがデフォルトプリンターになる課題を修正しました。
    • 3) ドライバーバージョンアップ時に、共有プリンターに設定した印刷キューの共有名が文字化けする課題を修正しました。
  2. お知らせツール(Windows版)
    • 1) ルール印刷による問い合わせポップアップ時に、その後ツール画面がフリーズする課題を修正しました。
    • 2) ActiveDirectoryのGPOで配布すると、アンインストール後からの再インストールができない課題を修正しました。
1.1.0 2016年8月17日
  1. 本体機能 (機能改善)
    1-1)管理者がユーザーを選択して登録通知メールを送信できるようにしました。
    1-2)スキャン結果のファイル名にユーザーID、日付、時刻を付加できるようにしました。
    1-3)ジョブが自動削除されるまでの時間を1時間単位で指定できるようにしました。
    1-4)ID番号で認証できる機能を追加しました。
    1-5)プリンターパネルの印刷ジョブ一覧に、ジョブごとの登録日時を表示するようにしました。
    1-6)プリンターパネルの印刷ジョブ一覧のホームボタンを削除しました。
    1-7)プリンターパネルの自動ログオフ時間を10秒~240分で指定できるようにしました。
    1-8)複数ジョブの印刷で、排紙ジョブ順が変更できるようにしました。
  2. システム要件(クライアント)
    2-1)Windows Vista Service Pack 2以降に変更しました。
    2-2)MacOSX v10.8.5以降に変更しました。
  3. システム要件(ブラウザー)
    3-1) Internet Explorer9以降に変更しました。
  4. ドライバー
    4-1)印刷品質の300dpiに対応しました。
    4-2)片面・両面印刷の排紙結果の面を合わせるようにしました(フェイスアップ排紙対応)。
  5. お知らせツール
    5-1)Mac版のお知らせツールに対応しました。

Epson Open Platform更新情報

バージョン 公開日 備考
HE02S3 2018年03月30日
  1. 課題対応
    • 1)未ログイン状態で両面スキャンを実行すると、スキャン中のままスキャンが停止する場合がある件を修正
HG02S3 2018年03月30日
  1. 課題対応
    • 1)未ログイン状態で両面スキャンを実行すると、スキャン中のままスキャンが停止する場合がある件を修正
HE09S2
(PX-M7050FP用)
2018年02月20日
  • 省電力時の制御方法を最適化しました。
  • 電源オフシーケンスを最適化しました。
HG05S2
(PX-M7050FX用)
2018年02月09日
  • 省電力時の制御方法を最適化しました。
  • 電源オフシーケンスを最適化しました。
HG08RB
(PX-M7050FX用)
2017年12月21日
  1. 仕様変更
    Google Cloud Print:Googleサーバーとの認証用データ(トークン)を受信し格納するメモリエリアを拡張しました。
  2. 課題対応
    • 1)自動両面印刷の引き込み動作で、紙ジャムが発生したと誤検知する場合がある課題に対応しました。
    • 2) カセットへ用紙セット後1枚目、または背面トレイ用紙セット後1枚目の印刷時に、左右端がマスクされて印刷される場合がある件を修正
    • 3)Fax送信ジョブが停止し、滞留してしまう課題に対応しました。
    • 4)コピー開始直後にキャンセルをすると、プリンターがハングアップする場合がある課題を修正しました。
    • 5)スキャンtoメールでカラーデータを送信する場合に、特定の環境にて通信エラーが発生し、メールの送信に失敗する場合がある課題に対応しました。
    • 6)Scan to フォルダ(SMB)で特定の接続先へ接続時、システムエラーが発生する場合がある課題を修正しました。
    • 7)Epson Scanからのスキャン時、利用者制限機能の認証に失敗した場合、ジョブ履歴に「処理終了」と表示されていたため、「中止」と表示する様に変更しました。
HE08RB
(PX-M7050FP用)
2017年12月21日
  1. 仕様変更
    Google Cloud Print:Googleサーバーとの認証用データ(トークン)を受信し格納するメモリエリアを拡張しました。
  2. 課題対応
    • 1)自動両面印刷の引き込み動作で、紙ジャムが発生したと誤検知する場合がある課題に対応しました。
    • 2) カセットへ用紙セット後1枚目、または背面トレイ用紙セット後1枚目の印刷時に、左右端がマスクされて印刷される場合がある件を修正しました。
    • 3)Fax送信ジョブが停止し、滞留してしまう課題に対応しました。
    • 4)コピー開始直後にキャンセルをすると、プリンターがハングアップする場合がある課題を修正しました。
    • 5)スキャンtoメールでカラーデータを送信する場合に、特定の環境にて通信エラーが発生し、メールの送信に失敗する場合がある課題に対応しました。
    • 6)Scan to フォルダ(SMB)で特定の接続先へ接続時、システムエラーが発生する場合がある課題を修正しました。
    • 7)Epson Scanからのスキャン時、利用者制限機能の認証に失敗した場合、ジョブ履歴に「処理終了」と表示されていたため、「中止」と表示する様に変更しました。
HE04R7
(PX-M7050FP用)
2017年7月19日
  1. パネル上のリンクをクリックした場合に、正しく画面遷移がされない場合がある課題を修正しました。
  2. スキャン to フォルダーをSMBで使用し、DNSサーバーからアドレスを取得する際にシステムエラーが発生する場合がある課題を修正しました。
HE21R4
(PX-M7050FP用)

HG21R4
(PX-M7050FX用)

2017年6月15日
  1. 認証サーバーダウン時の緊急動作モードを追加
  2. Web Configの[ネットワーク基本]画面に表示される、[DNSホスト名の取得状態]、
    及び[DNSドメインの取得状態] の項目を非表示に変更しました。
    取得方法が[手動]に設定された場合に、[自動取得失敗]と表示していましたが、
    表示を分かりやすくするため、非表示としました。
  3. ルート証明書をVer.2.0へ更新しました。
  4. 認証情報がない印刷を許可する設定が有効の場合、エプソン製ドライバーから
    認証情報を付加しなくても印刷できるようにしました。
  5. Scan to Eメール/Scan to フォルダー使用時に、モノクロ・最大範囲・PDFで
    スキャンした場合、読取範囲が狭くなる場合を修正しました。
  6. 特定のアクセスポイントを使用時に、プリンターとの接続が切れる課題に対応しました。
    ※アクセスポイント側の課題に対応
  7. Wi-Fi Directのパスワードが一意でない(使用中に変わってしまう)場合がある課題に
    対応しました。
  8. ユーザー定義サイズで、各種封筒と同じ用紙サイズを設定し印刷すると、正しく印刷
    されない場合がある課題に対応しました。
HG01R2
(PX-M7050FX用)
2017年2月9日 プリントヘッドの信頼性向上のため、制御信号を変更しました。
HE01R2
(PX-M7050FP用)
2017年2月9日 プリントヘッドの信頼性向上のため、制御信号を変更しました。
HG16QC 2016年12月20日 課題対応
  • 1) コピー開始直後に他のジョブの印刷が終了すると、サーバーと不要な通信が発生し、サーバー、ネットワークの負荷を上昇させていた。それにより、サーバーに接続されているプリンターの反応が 遅くなる件を修正しました。
  • 2) プリンターへの認証(ログイン)するのとほぼ同時(約0.3秒間)にパネルのHomeボタンが押されると、認証処理(ログイン)は完了するが、パネルには複合機ネイティブ画面(認証ログインしていない状態のHome画面)が表示されてしまう課題に対応しました。