プリント解体新書
レタッチ&インクジェットメディアの世界

  • 会期:2019年8月30日(金)~9月24日(火)
  • 時間:10:00~18:00(最終日は14:00まで)
  • 休館:日曜日
    (注)会期中の祝日、9月16日(月)、23日(月)は開館しています。
プリント解体新書 ようこそ、大人の至高写真へ。レタッチ&インクジェットメディアの世界
前回の「プリント解体新書」展示の様子
前回の「プリント解体新書」展示の様子

あの「プリント解体新書」がかえってきた!!
2018年に新宿エプサイトで開催され、「誰も教えてくれなかったプリントのノウハウがわかる」とご好評いただいた同タイトルの企画展が丸の内で復活!

今回のテーマは、レタッチとインクジェットメディア。
プリント制作において、写真が上達する喜び、そして、こだわりが形になる瞬間のワクワク・ドキドキを感じさせてくれるこの2つの要素について、モニター画面では分かりづらいその効果を、数々の作品と実際のプリントを例にわかりやすく解説・ご紹介します。

撮るだけで終わらない写真の魅力を、ぜひご体感ください。

展示詳細

レタッチのノウハウ公開

レタッチのノウハウ公開

写真の魅力を上げるために行われるレタッチ。
オリジナル写真とレタッチ後の完成写真を比較し、パネルで解説いたします。

  • エプサイトと、プロのノウハウが詰め込まれているので、自身の写真にも実践できます。
効果的なメディアの選び方紹介

効果的なメディアの選び方紹介

写真のプロによる用紙選びのポイントをわかりやすく図解にて解説。作風にあった用紙選択方法をご提案。

  • プリント作品は用紙で大きく印象が変わります。用紙の種類は多く、その選び方に悩まれている方も多いのではないでしょうか?会場では、用紙の違いによる印象の変化をご覧いただけます。
  • 用紙選びのポイントとなる風合い、発色の違いを実際に手に取ることができるので、はっきりとその違いが分かります。
用紙とレタッチが変えるプリント作品

用紙とレタッチが変えるプリント作品

モニター画面では分かりづらい、用紙とレタッチで変わる作品を比較展示でご紹介いたします。

  • 視覚的な比較はもちろん、作例も手に取って実際の質感等まで感じて、プリントの魅力を実感いただけます。
  • (注)写真は前回の「プリント解体新書」展示の様子です。