TRUME

L Collection-Break Line- SWING GENERATOR

止まらない好奇心のために。L Collection -Break Line- SWING GENERATOR

TR-ME2001

光の届かない深い森や洞窟、
ジャケットで腕が覆われていても、
あなたが活動している限り、時計が自ら発電し、
駆動する「SWING GENERATOR」を搭載。
未知の世界への挑戦者をサポートする、
機能美と耐久性を兼ね備えた頼れるバディとなる。

LINE UP

あらゆる場所へ、もっとアクティブに
正確な時間表示は、
あなたの動きが動力源になる

  • あなたの動力で、発電する時計
  • SWING GENERATOR
    腕の動きを動力に変えるスイングジェネレータ

    あなたの動力で、発電する時計

    腕の動きで自ら発電し蓄電することができる画期的ムーブメント。たとえ暗闇でも動いていれば充電するため、光が届かない深い森や、洞窟であっても、身につけている事で動き続ける。回転錘の振れを利用して発電し、蓄電されたエネルギーでクオーツ回路とモーターを制御。また、半年間使用しない場合、針の動きを一時的に止め、エネルギーを温存する機能も搭載。

時計のこれからを体現する機構

腕に着けていれば、あなたの動きで自ら発電し、時間を刻み続ける「SWING GENERATOR」。
革新的な機能を持ちながら、時計としての美しい姿を保ち、尽きることのない冒険心の相棒となる。
時代にあったエシカルな機構は、時計のこれからを体現している。

未開の地でも動きを動力に変え、時を刻み続ける

昼夜問わず腕の動きだけで発電する「SWING GENERATOR」は、キャンプやスポーツなど、アウトドアシーンで真価を発揮。
夜や光の届きにくい環境でも、時間を刻み続ける。
スポーツ時にも邪魔にならないコンパクトな最新ボディには、「省・小・精」をかかげるエプソンの技術が結集している。

  • アウトドアシーン

    (注)写真提供:小笠原村

  • アウトドアシーン
  • アウトドアシーン

過酷な環境への挑戦を
支えるこだわり

  • GMT機能

    GMT機能

    2つの時間を表示する機能。24時間計の機能も有しており、洞窟などの昼夜判別が難しい状況において、有用性を発揮する。

  • セラミックベゼル

    セラミックベゼル

    昼夜が分からない状況において重要なGMTベゼルには、すれ傷に強いセラミックを採用。ベゼルの外周には、側面からの衝撃による欠けなどを防ぐ、金属リングを装備。

  • ルミナスライト

    ルミナスライト

    暗闇での視認性を確保するルミナスライト。一般的なルミより厚く塗布し、輝度を上げている。さらに、時間の把握を容易にするためベセルの6、12、18、24の4か所にも塗布。

  • カラー文字板

    カラー文字板

    過酷な環境下でも瞬時に判読できることを目指し、視認性と色の組み合わせを考慮し、採用された文字板。その美しい発色は決して機能性だけでなく、時計の美しい存在感を醸し出す。

  • プロテクトコーティングチタンケース

    プロテクトコーティングチタンケース

    軽量で錆に強く、肌に優しいチタンケースには、プロテクトコーティングを施し、耐傷性を高めている。

  • ダイヤカットインデックス

    ダイヤカットインデックス

    インデックスの側面にダイヤカット加工を施し、光のコントラストを上げて、視認性を高めている。

  • ナイロンバンド

    ナイロンバンド

    TR-ME2001とTR-ME2003には航空機用タイヤコードにも使用される、超高強ナイロン糸を使用したGAIFU®を採用。TR-ME2002にはコーデュラバリスティックナイロンを採用している。

  • 発電を見れる裏蓋

    発電を見れる裏蓋

    SWING GENERATORの特徴である回転錘の動きを見ることができるガラス窓を装備。自らの動きで発電する楽しさを実感することができる。

  • 「使い勝手」へのこだわり

    細部のこだわりの積み重ねが、使い勝手の良さを生みだす。素材やカット、各種パーツの最適な色や大きさまで、使うひとのことを徹底的に考えて設計。時計としての機能と装飾品としての美しさを兼ね備えている。

  • 「使い勝手」へのこだわり
  • 最終仕上げは、人の手で
  • 最終仕上げは、人の手で

    時計の精度を競う技能五輪国内大会で金賞、銀賞を取るほどの世界最高峰の腕を持つ技能者たちが、多数在籍するエプソン。TRUMEは、自社開発・設計のロボットの最新技術を駆使した工程と、熟練技術者たちの繊細な仕上げという体制のもと、先端技術のアナログウオッチを1つ1つ丁寧に作り上げている。

SHARE

  • Facebookでシェア
  • ツイート

商標について

(注) 本媒体上の他者商標の帰属先は、 商標について をご確認ください。

ご注意

記載の価格はメーカー希望小売価格であり、実際の価格は各販売店でご確認ください。

このページの先頭へ