ドライブ交換が可能な長寿命設計

ドライブを自分で手軽に交換可能

ドライブを自分で手軽に交換可能

DVDドライブが寿命になったら、ドライブのみを交換しましょう。
PP-100IIを継続して利用することができます。
予備のドライブを用意しておくことで、万が一のトラブルも安心。
ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

(注)ドライブは2台同時に交換が必要です。ただし、Mac OS版EPSON Total Disc Makerは動作しません。

■ドライブ交換について

(注)本サービスはYouTube™のサービスを使って提供いたします。

Blu-ray Disc™ドライブへのアップグレードが可能

Blu-ray Disc?ドライブへのアップグレードが可能

DVDドライブをBlu-ray Disc™ドライブに交換することで、Blu-ray Disc™への書き込みが可能になります。

(注)ドライブは2台同時に交換が必要です。ただし、Mac OS版EPSON Total Disc Makerは動作しません。

製品寿命15万枚(注1)

大量に印刷するビジネスにうれしい長寿命設計です。
各パーツの耐久性向上とメンテナンスボックスの採用で、耐用年数を大きく延ばしています。
定期的な部品交換で、15万枚(注1)まで印刷できます。

メンテナンスボックスの交換は自分で簡単に行うことができるため、サービスマン対応の必要がなく、ダウンタイムを最小限にすることができます。

製品寿命15万枚(注1)

(注1)オートローダーユニットの交換が必要です。ドライブは製品寿命に含みません。耐久性の数値は参考値です。印刷モード、ディスク種類、電源の頻繁な入切などにより、作成可能枚数は異なります。なお、本製品は24時間連続稼働を前提とした設計にはなっておりません。24時間連続稼働の条件下で使用した場合、保証期間内の故障であってもその対象にはなりませんのでご注意ください。別途定期交換部品の交換が必要となります。

■メンテナンスボックス交換について

(注)本サービスはYouTube™のサービスを使って提供いたします。

従来品PP-100とPP-100Ⅱの寿命と投資金額の比較(注1)

ディスクを15万枚作成する場合、投資金額が約3分の1で済みます。

従来品PP-100とPP-100Ⅱの寿命と投資金額の比較(注1)

(注1)本体価格、オプション価格をエプソンダイレクトショップの価格(2014年11月26日現在)で比較した場合。

ディスクのデータを一括で読み込んでPCに保存

EPSON Total Disc Makerの読み込み機能を活用することで、最大50枚までディスクデータを自動で読み込み、まとめてPCに保存することが可能です。
ディスクデータをPCで1枚ずつ取り込む手間から解放されます。

ディスクのデータを一括で読み込んでPCに保存

(注)保存形式は2種類(ファイルコピー、ディスクイメージ作成)

長期保存用のBlu-ray Disc™を作成可能(注1)

オプションのBlu-ray Disc™ドライブ(BDRPR1EPA)とエプソン取扱いアーカイブグレードBlu-ray Disc™は、JIIMA(公益社団法人日本文書情報マネジメント協会 http://www.jiima.or.jp )のアーカイブ用光ディスク製品認証製品です。

(注1)オプションのBlu-ray Disc™ドライブ(BDRPR1EPA)装着の上、アーカイブグレードBlu-ray Disc™を規定の4倍速で利用時。

長期保存用のブルーレイディスクを作成可能(注1)