音声MCU

エプソンが目指すのは、簡単、便利な音声ガイドソリューション。スタジオ録音不要で、高音質かつ高圧縮なアルゴリズムを搭載した音声ICにより、暮らしの安心・安全・快適を演出します。

音声再生用ハードウェア搭載 Arm® Cortex®-M0+MCUにより省スペース化が実現可能になります。

お問い合わせ・ご購入

特長

1. エプソンの音声ガイドソリューションは簡単に自然な声音の作成が可能

音声作成PCツールにより、いつでも簡単に音声データの作成や変更が可能なため、時間や費用の掛かるスタジオ録音が不要

■高級感を演出する2chミキシング機能

  • バックグラウンドミュージックを流しながら、音声再生可能

■聞き取りやすい速度に変更できる話速変換機能

  • 声は変わらず話速変換可能(Fast. Normal, Slow)

■12言語に対応

アジア 日本語、中国語、韓国語
アメリカ アメリカ英語、アメリカン・スパニッシュ、カナディアン・フレンチ
ヨーロッパ イギリス英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語

2chミキシング再生

2. 多様な再生手段で省スペース・低コスト

多様な再生手段で省スペース・低コスト

従来のスピーカ再生に加え、ブザーによる再生も可能

3. ワンチップで音声再生機能とシステム制御が可能

音声再生用ハードウェアを搭載しているので、音声制御中でも、CPU(Arm Cortex® M0+)はフルオペレーションが可能

ワンチップで音声再生機能とシステム制御が可能

アプリケーション例

給湯器 ガスコンロ ヘルスケア機器 家電類 警報機等

製品ラインナップ

  S1C31D50 S1C31D51
Flash

192KB(プログラム、音声共用)

RAM

8KB
(HW Processor非使用時+14KB)

10KB
(HW Processor非使用時+12KB)

HW Processor

2chミキシング再生
話速変換
メモリ自己診断機能(内蔵RAM,内蔵Flash, 外付けSPI-Flash)

Sound DAC

サンプリング周波数: 15.625kHz

Serial Interface

SPI(3ch), UART(3ch), I2C(3ch), QSPI(1ch)

Sound Play Method

AMP + Speaker

AMP + Speaker
Simple circuit + Speaker
Simple circuit + Buzzer

ADC

12bit(max 8 port)

SVD

VDD: 28値(1.8~5.0 V) / 外部電圧: 32値(1.2~5.0 V)

DMA

4ch (Memory ⇔ Memory, Memory ⇔ Peripheral)

RFC

抵抗型センサA/D変換、CR発振24ビットカウンタ

Timers

16bit Timer(8ch), 16bit PWM(2ch), WDT, RTC

Power Supply

1.8V~5.5V VDD
3.3v SPI-Flashインターフェース専用電源

Flash Programming

2.7 ~ 5.5 V

Clock Frequency

max 16MHz   (internal power:1.8v)
max  1.8MHz (internal power:1.2v)

Power Consumption

Standard Mode      RUN:250uA/MHz (internal:1.8v)
Low Power Mode   RUN:150uA/MHz (internal:1.2v)  max 1.8MHz
SLEEP:0.4uA, RTC mode:0.9uA

Package

P-TQFP048-0707-0.50, P-LQFP064-1010-0.50
P-TQFP080-1212-0.50, P-LQFP100-1414-0.50

IEC-60730

Supported by sample software

お客様の声

音声MCU:S1C31D50/51


資料ダウンロード 各種リンク

S1C31D50/51 データシート

S1C31D50/51 テクニカルマニュアル